京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/07/15
本日:count up96
昨日:127
総数:285800
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
7月17日(金)より集団登校を再開します。安全に登校できるように引き続き,見守りお願いします。

教育委員会からのお知らせ

・子どものストレスへの理解とご家庭での心のケアについて(←クリックでこども相談センターパトナのページへ)

学校が再開しました!

 すがすがしい初夏の季節となりました。早くも6月。
 4月・5月の休校期間を経て,子どもたちが学校にもどってきました。大変喜ばしいことです。教職員はみんな,この2か月の間,見ることのできない子どもたちの顔を思い浮かべ,聞くことのできない子どもたちの声を想像しながら,課題のプリントを作成したり,再開後の授業の準備を進めたりしてきました。そして,今日という日を迎えることができ,とてもうれしいです。保護者の皆様,休校期間中子どもたちの学習の様子を丁寧に見ていただき,本当にありがとうございます。

 子どもたちにとっても,教員にとっても,6月1日が,実際の学級開きです。分散登校の間に少しずつ体を慣らしていきながら,新しい学年の日々が充実するように努めていくつもりです。緊急事態宣言が解除されたとはいえ,まったく今までの日常にもどるわけではないと,ニュースでも何度も言われています。学校再開にあたって,学校における感染症対策について検討を重ねてきました。子どもも,保護者の皆様も安心して学校生活を送っていただけるように,考えて実践していくつもりです。

 今日は2学年ずつの時間差をつけた登校でした。それぞれの学年に合わせて,これからの学校生活を始めるにあたって,気を付けることを話しました。「手洗い」「咳エチケット」「ソーシャルディスタンス」・・・ニュースでも何回も耳にしてきている子どもたちですが,明日からは,そのことを一人一人が気を付けて実践できるように見守りたいと思っています。

 何よりも大事にしなければならないのは,子どもたちの心のケアです。休校中,子どもたちは様々な思いをもって家庭で過ごしていたと推測されます。休校措置が解かれ,学校が再開されることにより,子どもの生活環境が大きく変わるため,本人も気づかないうちにプレッシャーや精神的動揺が生じやすくなるかもしれません。そこで,過度のストレスから子どもを守るために,教職員一同,子どもの声に耳を傾けるように努力します。こんな時だからこそ,私たち大人が連携しながら,子どもたちを守っていく必要があります。お子様について心配なことや気になることがありましたら,遠慮なく学校まで相談してください。

 今回のことは,私たち大人も,だれも経験したことのない事態です。何が正しいのかを模索しながら,学校としてできることを取り組んでいくつもりです。ご理解いただき,お力添えいただけるとありがたいです。学校が再開され,子どもたちが学校に戻ってきた喜びを存分に感じて,教職員一同で子どもたちを迎え,学校生活を再開します。
画像1
画像2
画像3
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ

学校経営方針

学校だより

学校評価

配布プリント

学校いじめ防止基本方針

ほっこり(保健だより)

京都市小学校運動部活動等ガイドライン

小中一貫教育

京都市立朱雀第七小学校
〒604-8841
京都市中京区壬生東土居ノ内町20
TEL:075-311-0307
FAX:075-311-4697
E-mail: suzakudai7-s@edu.city.kyoto.jp