京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/09/20
本日:count up13
昨日:153
総数:254633
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
今年度の就学時健診は,11月25日 13:40からです。

校内授業研修会 6年 Welcome to Japan.(We Can! 2 Unit 2参照)

4年生・キラピカの時間

画像1画像2
毎日15分間の掃除,頑張っています。汗を流しながらも集中して掃除する姿が見られます。みんなのふり返りからは,「自分たちが使う場所だから自分たちできれいにしたい!」「みんなが気持ちよく靴箱を使えるようにきれいにする!」「明日は,もっと多くのゴミを集めたい!」などの感想がありました。

豊かな人間関係づくりのために

 7月朝会で「となりのたぬき」の絵本を取り上げたのは,人とのよりよい関係づくりについて,全校で考える機会をつくろうと考えたからです。決めつけや思い込みで人を判断したり,自分も相手にいやな思いをさせていないだろうか,と相手だけでなく自分の行動もふりかえることは,豊かな人間関係づくりのために大切であると考えます。
 「あなたの考えを聞かせてください」とポストを置いたところ,たくさんの子供たちが自分から進んで,考えを寄せてくれたこと,日ごろの子供たちの姿と重ねながら読むと,優しい,思いやりあふれる言葉がたくさん書かれていたことに感動しています。 
 友達とのけんかやいじわるなどのトラブルはよく起こりますが,身の回りのことを思いおこして考えることで,自分自身の生活に生かしていってほしいと願います。
画像1
画像2

3年 植物大きくなったよ!

画像1
画像2
画像3
3年生が種から育ててきたホウセンカ・オクラ・ヒマワリが,随分と大きくなってきました。
テープで長さを写し取って比較することで,
「えっ,こんなに大きくなったの!?」
と驚く様子が見られています。

第1回 朱二検定

本校独自で年2回実施している朱二検定は基礎基本の定着をねらいとしています。今年度は「学力向上のため,今,この時期に子供につけたい力は何か」について各学年の実態に合わせて検討しました。「わかるまで,できるまで,繰り返してやる」のは,時に苦しいこともあるけれど,がんばってやり遂げた時の達成感や自信を味わってほしいから,心の中で応援します。がんばれ〜!
画像1

学級討論会 「ノート?タブレット?」

画像1画像2
第2回討論会 「授業で使用するなら? ノート?タブレット?」

現代の子供たちならではの議題です。

「手書き,色つけ,自分の考えがすぐにかける,字をきれいに書けるようになる。」と主張したノートグループと,「楽しみながら,すぐに調べられる,持ち運び簡単,将来の仕事に役立つ」と主張したタブレットグループの討論会でした。

討論を聞くグループの子供たちとの質疑応答では,お互いの良さを探るための話し合いがありました。
「覚えておくべき部分に色つけをするのは,タブレットもできるのでは?」という質問に対してノートグループから,「タブレットも同じようにできますが,ペンを出して色つけをし,自分の考えを一緒に書いてまとめておくことができるので,一目で分かりやすくまとめられます。」と答えが返ってきました。
また,タブレットグループに対する「視力が低下するのでは?」との質問に対して,主張している3人が「大丈夫です。私は1日1時間半ほどタブレットを使用していますが,視力はAAです。」「私はABです。」「ぼくはAAです。」と3人が自分の現在の様子を交えて話をしました。この答えに笑いも起こり,とても楽しい討論会になりました。

まとめとして,「どちらにもメリット,デメリットがあるように思います。どちらか一方でなく,字をまとめるためや考えを書くためにはノート,その横にタブレットを置いてすぐに調べられるようになると勉強がはかどるようになると思います。」との意見が出ました。

始めは「こっちがいい!」と思っていた意見に他方の意見も加わって,さらに自分の考えが広がり深まる討論会になったと思います。

第3回学級討論会最終回 「どっちがいい? 大人?それとも子供?」です。

どんな話し合いになるのか,楽しみです!!

学級討論会 「都会?田舎?」

画像1画像2
「討論」・・・お互いの意見を出し合って,議論すること。

6年ろ組では,国語科の単元で学級討論会を行いました。全3回の実施予定で今週2回が終了しました。

第1回討論会 「住むならどっちがいい? 都会?それとも田舎?」

みなさんは,どちらに住みたいと思いますか。

司会者とタイムキーパー進行のもと,2つのグループに分かれて都会の住みやすさ,田舎の過ごしやすさを主張し合いました。事前に学習した「説得力のある話し方」を意識し,具体例を出したり写真を見せたりしながら話をしました。

次に聞いているグループとの質疑応答があり,活発な話し合いをしました。都会の良さ・田舎の良さがさらに詳しく分かり,「絶対に都会に住みたい!」と思っていた子も,「田舎もいいな〜」と思うようになってきました。

最後のまとめとして,都会の住みやすさ(交通の良さ・商業施設の多さ・観光地へのアクセス),田舎の住みやすさ(自然の多さ・1人あたりの土地の広さ・自給自足の生活)を改めて知ることのできる,素晴らしい45分になりました。考えを広げたり深めたりできる,よい時間になりました。

6年ろ組では,この討論会を終え,「お互いの良さを知ることができ,その時の年齢や気持ち,必要な物の価値で住む場所を変えてみるのもいいと思います。」と,まとまりました。

さて,どちらに住みたくなりましたか。

4日(木)4年ろ組「よくかんで食べよう」

画像1
画像2
画像3
4年ろ組がランチルームで食の学習を行いました。

児童は,よくかんで食べる理由をしっかりと考えることができていました。
食の学習後のランチルーム給食では,よくかんで味わって食べていました。

ふり返りを紹介します。
「よくかむという意識があるだけで,自分の体にとって良いことがあることが分かりました。」
「今の食事は昔と比べると柔らかいものが多いので,かたいものを良くかんで食べたいと思いました。」
「かむだけでいろいろな効果があることが分かったので,意識してかんでいきたいです。」
「かむことの語呂合わせを知って,ひみこのはがいーぜを意識しながら,今日の給食からよくかんで食べていきたいと思いました。」

4年生 Unit 3 好きな曜日を伝え合おう

4年生が I like Mondays.「好きな曜日を伝え合おう」の単元の中で,好きな曜日と理由を伝え合い,「いいこといろいろ1週間」ポスターにまとめました。「土曜日が好き」と答えた子の理由はさまざま。「サッカーの習い事があるし楽しめるし,体を動かせるからです」「月〜日ようの中でいちばんなにもないからです」「NHKでねこの番組があるから」もちろん理由を英語で伝えられるようになるのはまだ先のことですが,言葉を通して友達の知らなかった一面を知ることで,もっともっと相手と距離が縮まり,仲良くなれることでしょう。
 教職員研修でも4年生と同じ「いいこといろいろ1週間」に取り組みました。それを英語クイズにして出題すると,「あーっ,やっぱり〇〇先生や」などと,ポスターの前で答え合わせをする姿がみられました。
画像1
画像2
画像3

いつもキラピカ

今日,学校に来られたお客様が「そうじが行き届いていますね」と驚いておられました。
今日だけが特別ではなく,いつもと同じように,全校みんなでキラピカそうじをがんばっているからですね。嬉しくて,みんなに自慢したくなりました。
画像1
画像2
画像3
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

学校だより

学校評価

学校経営方針

ヨムヨムだより

研究発表会案内

いじめ防止基本方針

非常災害時の対応について

よんきゅう絆プロジェクト

本校の研究(外国語活動)

京都市立朱雀第二小学校
〒604-8491
京都市中京区西ノ京左馬寮町3-1
TEL:075-841-3202
FAX:075-841-3216
E-mail: suzakudai2-s@edu.city.kyoto.jp