京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2021/07/30
本日:count up1
昨日:70
総数:450230
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標「よりよい生き方を求めて 誇りをもち 未来にはばたく 高倉の子」

教育委員会からのお知らせ

・【新型コロナ・夏のリバウンド防止徹底月間】感染防止対策の再徹底を!
現在,新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が急増し,7月28日には,京都市内での一日の新規感染者として過去最多となる132件の罹患者が発表されました。
現在,各ご家庭においても感染防止に向けて,お子様やご家族の体調管理等にお取組をいただいているところですが,引き続き,3つの密を避ける等の基本的な対策の徹底や,少しでも体調不良がある場合には部活動等への参加を含め外出を控えていただくこと,更に,不要不急の外出を控えていただくなど,感染拡大防止に向けご協力をお願いいたします。
・【若者向け啓発動画等】コロナ感染予防対策を徹底しよう!
・子どものストレスへの理解とご家庭での心のケアについて
 <子ども相談24時間ホットダイヤル #7333>

救命救急講習

画像1
画像2
画像3
 6月1日(火)の放課後,水泳学習に備え,教職員の救命救急講習を行いました。児童が水難事故にあった場合を想定して実技訓練を中心に行いました。危機管理意識を常に高くもち,安全第一で水泳学習に取り組んでいきたいと思います。

6月朝会

画像1
画像2
 6月1日(月)に6月の朝会を行いました。はじめに校長先生より次のようなお話がありました。

 5月19日に行った「1年生を迎える会」は,Zoomを使ってのリモートでの会でしたが,2年生から6年生の,1年生の入学をお祝いする温かい気持ちが画面越しにあふれていました。高倉小学校や,地域のことを1年生に「詳しく伝えたい。喜んでもらいたい。」と各学年が気持ちはもちろん,伝え方や言葉の選び方を工夫して伝えているのが印象的でした。「人に伝える」というのは,大人になっても大切なことです。学習を積み重ねてより相手に伝わる,伝えられるようになってほしいと思います。
 また,発表もそうですが,あいさつや,毎朝の玄関のそうじなども高学年の子たちが率先して取り組んでいます。その姿は素晴らしいお手本であり,低学年の子たちにも広がっています。これからも高学年の子たちはお手本として,低学年の子たちはお手本を見習ってがんばってほしいと思います。
 
 次に,田中先生より次のようなお話がありました。
 6月のめあては『人・物・時間を大切にしよう』です。高倉小学校には「人・物・時間」を大切にしている人たちがたくさんいます。例えば,6年生は,高倉帽を6年間大切にかぶっています。とても物を大切にしています。きっと入学式でお祝いとして高倉帽を贈ってくださった方々は喜ばれていると思います。つまり,高倉帽を大切にするということは,高倉帽を贈ってくださった方々を大切にしている,ということにつながります。他にも,時間をきっちり守っている人がいます。それはすなわち,相手を待たせないということであり,相手を大切にしているということになります。このように,人・物・時間はつながっています。これからも大切にしていきましょう。
 
 次に,6年生より京都御池中での生活についての発表がありました。さすがは6年生。話し方,声の大きさ,発表時の姿勢など,みなのお手本となる発表でした。普段は京都御池中学校で過ごしている6年生ですが,離れていても心はつながっているということを再認識できました。発表の掲示物は,この後,高倉小学校で掲示したいと思います。

 6月に入り,暑い日々が続いています。水分をしっかり摂り,生活習慣を整えて元気に過ごしてほしいと思います。

3年 国語科『国語辞典を使おう』

画像1
 
3年生では初めての「国語辞典」の学習をしています。
国語辞典を手にした子どもたちは,
「すごいたくさんページがある!」
「字がとても小さくて細かいな。」
と,さっそく気づいたことを口にしていました。

 国語辞典を使い始めると,さすが飲み込みの早い子どもたちです。教えるよりも,
「先生,もう探したい言葉を見つけたよ!」
「『つめ』をめくって,探せば早く見つかるんだね。」
など,国語辞典の仕組みを自分たちで見つけていました。
使えば使うほど,言葉を引くのが速くなる子どもたち。
つまずいている友達に自ら駆け寄り,引き方を教える姿もありました。
 
 これからどんどん国語辞典を使って,いろいろな言葉を調べてみてくださいね。

こじか学級 アゲハチョウになったよ

 幼虫から大切に育てていたアゲハチョウが,今日サナギからチョウになりました。
 今までモンシロチョウが2匹生まれていましたが,サナギから生まれる瞬間を見ることができていなかったので,今日はみんなでその瞬間を見たいと気にしながら過ごしていました。
 そんな中,「サナギが動いているよ!」との声。
 ちょうどサナギからチョウが生まれるところでした。
 まだ柔らかい羽を広げようと頑張っている様子。心配しながら見守りました。ゆっくりと羽を動かし,体を整え,きれいなアゲハチョウになり,空高く飛んでいきました。

画像1
画像2
画像3

今日の給食 5月31日(月)

 今日の献立は「麦ごはん・牛乳・鶏肉のあまから煮・小松菜と切干大根の煮びたし・すまし汁」でした。
 鶏肉のあまから煮は鶏肉とたまねぎをいためて,甘辛く味付けしてかたくり粉でとじています。鶏肉のうまみとたまねぎのあまみのある甘辛い味の煮汁が鶏肉やたまねぎにからんで,ごはんがすすむ献立でした。子どもたちにも,おいしい!もっと食べたい!と大人気でした。
 小松菜と切干大根の煮びたしはけずりしでとっただし汁で切干大根をゆっくり煮て,やわらかく煮含めています。やわらかくなってから,味付けしてにんじんや小松菜を入れてさらにゆっくり煮含めました。煮汁をしっかりと含んでしっとり仕上がって子どもたちも大好きな野菜のおかずです。小松菜の緑とにんじんのオレンジで見た目も鮮やかです。
 すまし汁は,けずりぶしとこぶでとっただし汁にとうふ・にんじん・わかめを入れました。わかめは春が旬の海藻です。薄味のすまし汁で磯の香りが楽しめました。
画像1
画像2

3年 初めての毛筆の書写学習

画像1画像2
 3年生は初めての毛筆の書写学習に取り組みました。
 まずは,道具一つ一つの名前や置き方,書く時の姿勢などを知りました。
「太い筆と細い筆があるよ」
「この重しみたいなのは何に使うのかな」
 子どもたちは,書道セットの中身に興味津々でした。

 初めての学習は「筆を使っていろいろな線を書いてみよう」です。書写の準備をして,さあいよいよ本番。すずりに墨汁を入れたとたん,
「うわあ〜すごい!」
「真っ黒!」
と,子どもたちは墨汁の色に大興奮でした。
 そして,太い線や細い線,ぐるぐるした線など,いろいろな線を筆を使って書いてみました。どの子も丁寧に上手に線を書くことができました。
 これから楽しんで書写学習に取り組んでいってほしいと思います。

【6年生】生徒総会に向けて話し合いました

画像1
 6年生では,6月に行われる生徒総会に向けて,各クラスで話し合いを行いました。よりよい京都御池中学校にしていくために自分たちにどのようなことができるか,そのために必要なことはどのようなことか話し合いました。「高倉校舎でも行っていたあいさつリレーを御池校舎でもやってみたい」「中学生ともっと交流をしていくために,中学生との交流体育をしたい」など,様々な意見がでてきました。
 これからも,よりよい学校にしていくために,自分たちにできることを考えていってほしいです。

2年 道徳科「なかよくしてね」

画像1画像2
 道徳科の学習で「青い目の人形」について学習をしました。1年生のときには,高倉小学校へ来てくれたメリーちゃんについて学習しました。日本と仲良くなるためにアメリカからやってきたメリーちゃんのことを,子どもたちはとてもよく覚えていました。今日は,メリーちゃんの友達のメロディちゃんについてお話ししました。最後に書いたメロディちゃんへのお手紙には,「私たちとも友達になろうね」「日本のことを大好きになってね」など,温かい言葉が書かれていました。

今日の給食 5月28日(金)

 今日の献立は「ごはん・牛乳・プリプリ中華いため・とうふと青菜のスープ」でした。
 プリプリ中華いためは子どもたちに大人気の献立です。給食カレンダーを見て何日も前から楽しみにしていた子もいました。京都市の学校給食のオリジナルの献立で,こんにゃくやしいたけのプリプリした食感といろいろな具材が楽しめます。にんにくやトウバンジャンのアクセントのきいたしっかり味がごはんによく合いました。子どもたちも大喜びで食べていました。
 とうふと青菜のスープは,チキンスープを使ったスープにとうふやにんじん,青菜としてチンゲン菜を入れました。あっさりとした具材で塩としょうゆで薄味に仕上げたス
ープはしっかり味のプリプリ中華いためとよく合いました。 
画像1
画像2

こじかばたけ

画像1画像2
 こじか畑で育てている夏野菜の看板づくりをしました。絵や文字を使って,カラフルに仕上げています。子どもたちの水やりのお陰で,どの野菜もぐんぐん生長中です。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
京都市立高倉小学校
〒604-8116
京都市中京区高倉通六角下る和久屋町343
TEL:075-211-8784
FAX:075-211-8785
E-mail: takakura-s@edu.city.kyoto.jp