京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2022/01/27
本日:count up89
昨日:235
総数:206766
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
3学期が始まりました。感染症対策を引き続きしっかりと行っていきましょう。

4年 大掃除

画像1画像2
 今日は,2学期終業式でした。大掃除では,みんな一生懸命取り組んでいました。

2学期終業式

 今日で2学期が終了です。緊急事態宣言中での開始となった2学期の始業式で,「2学期は1年間で一番長い学期です。コロナ禍の中でも,できる事をしっかりやり,みんなで楽しみましょう。」という話をしましたが,どんな2学期だったでしょうか。
今日の終業式では,“今年の漢字”にちなんだ話をしました。

“今年の漢字”とは,1年間の世の中の様子を漢字一字で表すとどんな漢字がふさわしいと思うか,投票によって一番多かったものを選ぶもので,今や年末の風物詩となっていますね。
 たくさんある漢字の中で,“今年の漢字”として一番多く投票されたのは「金」でした。「金」を選んだ理由には,『オリンピックやパラリンピックで,金メダルを たくさんとった』『野球の大谷選手や,将棋の藤井聡太さんなど,金字塔をうちたてた(大活躍した)人がたくさんいた』などがあります。2番目に多かった漢字は「輪」で,その理由は,『オリンピックやパラリンピックで,世界の人たちとつながった』『家族と一緒の時間が増えて家族の温かい輪を感じた』などです。3番目は「楽」で,その理由は『コロナの中でも,楽しめることが増えてきた』『自分で楽しむことを増やしていきたい』などです。
 皆さんにとっての「金」「輪」「楽」は何だったでしょうか。誰もみな,毎日確実に成長しています。少しうまくいかなかったことがあっても,それも成長のきっかけです。輪が切れそうになっても結び直せばいいのです。自分の中に「金」「輪」「楽」は必ずあると思いますから,しっかり振り返ってみてください。その振り返りを,明日からの冬休みにも活かしましょう。
「金」…自分が輝けることをどんどんしよう
「輪」…家族や周りの人ととの繋がりを大事に,手伝いもたくさんしよう
「楽」…コロナやかぜ,ケガ,事故に気を付けて元気に楽しく過ごそう

 1月11日に元気な皆さんと会えるのを楽しみにしています。
 
 保護者・地域の方々にも多くのご協力とご支援を賜りありがとうございました。皆様も,どうぞお元気で良いお年をお迎えください。

画像1

5年 総合「私と仕事〜そして未来へ」−校正編−

画像1
 本づくり編集会議の4回目です。ゲストティーチャーとして,装丁家の矢萩多聞さんと出版社の方にお越しいただきました。今回のテーマは『校正』でした。初めに校正とは何のためにするのかやどんな人たちがするのかについてお話を聞きました。そして,実際に『美しい火』という本の校正をみんなで考えて,話し合いました。
答え合わせをしましたが,答えより良い表現が見つかり,読者によく伝わる校正を考えることができました。
 また,最後に友達同士で自分の本の原稿を交換して,校正のアドバイスをしました。今回の会議でより読書に思いが伝わる本に近づいたようです。

1年 図工科 「すきまちゃんのすきなすきま」

画像1
画像2
画像3
本日の図工科の学習では,一人ずつ自分だけの小さな「すきまちゃん」を作りました。小さく切った段ボールの両面テープでモールをはさんでつけて,それぞれの思い描く顔を書き,子ども達は愛着を持って大切そうにしていました。すきまちゃんのお気に入りのすきまを教室で探して,写真を撮ってみんなで見せ合い,楽しく活動ができました。

ひまわり学級 小中育成学級交流会

画像1画像2画像3
 今日は,小中育成学級交流会がリモートで行われました。自己紹介をしたり,「ビリーブ」の音楽に合わせて手話をしたり,「みんなの心はひとつだゲーム」をしたりと楽しい時間を過ごしました。

ひまわり学級 大根を抜きました!

画像1画像2画像3
 学級園で育てている大根を抜きました。大根が抜けたときはとても喜んでいました。土の中で元気に育っていてよかったです。

4年 書写

画像1画像2
 来年の干支は「とら」ですが,書写の時間に,「とら」という文字を漢字で書いたり,ひらがなで書いたりしました。色画用紙の台紙に貼って持ち帰る予定です。

6年 私のせいじゃない・・・本当に?

道徳科の学習では,「私のせいじゃない」という教材文を読み,いじめを断ち切る正義について考えました。このお話では,いじめを見かけた14人が,「私のせいじゃない」と言っています。お話を読んだ子どもたちは「いや,それはちょっと…。」と複雑そうな顔をしていたので,「この14人に,自分ならどんな声をかけるのか。」というテーマでグループで話し合ってみました。子どもたちからは「みんなやっていたからといって,自分もやっていいわけではないよ。少しでもダメ。」「直接止めに行くことはできなくても,こっそり先生に相談してみたらいいよ。」「『ダメだ。』と思ったなら行動するべきだよ。」といった意見が出ていました。また,「個性はいろいろあっていい。みんなと違っても,それがいじめていい理由にはならないよ。」など,これまでのなかよし集会や社会科で学習してきたことも子どもたちの中に根付いているようでした。自分なりに考えた「いじめを断ち切る正義」を忘れずにいてほしいと思います。
画像1画像2画像3

6年 人の世に熱あれ,人間に光あれ

 社会科では「世界に歩み出した日本」の学習を終えました。大正時代になり,自分たちの生活や権利を守るために,日本の各地で労働運動,農民運動,女性運動などが起こり,人々の民主主義への意識が高まってきました。
 そうした大きな時代の流れの中で,差別を受け苦しんできた人たちもまた「全国水平社」をつくり,差別をなくそうと立ち上がりました。子どもたちはこの全国水平社創立大会の宣言文を読み,差別に苦しんできた山田少年や田中松月さんの思いに迫りました。子どもたちは,この創立大会で演説する山田少年は「人間は憐れみ同情するものではなく,尊敬するものだ。」「自分たちの力で差別をなくしていこう。」「堂々と生きていけるように,みんなの幸せを作っていこう。」といった思いだったのではないかと考えていました。すべての人の平等を願って作られた水平社の精神に感銘を受けるとともに,それは今の世の中でも同じく大切なことだということに気が付いたようです。
画像1画像2

6年 みんなでミュージカル鑑賞!

16日(木)に劇団四季ファミリーミュージカル「はじまりの樹の神話〜こそあどの森の物語〜」の鑑賞をしました。今年度は劇場に行くことはかなわず,教室での動画配信という形にはなりましたが,子どもたちは食い入るようにミュージカルを見ていました。鑑賞を終えると,「あのキャラクター,おもしろいな!」「歌が上手すぎる…。」「この歌が気に入った。」など友だちと感想を伝え合っていました。
画像1
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
京都市立紫明小学校
〒603-8162
京都市北区小山東大野町55
TEL:075-451-2156
FAX:075-431-5811
E-mail: shimei-s@edu.city.kyoto.jp