京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2021/06/23
本日:count up2
昨日:98
総数:143855
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
幼稚園見学やご質問などお気軽にご相談ください。また,幼稚園紹介の動画をカテゴリ【入園案内】あるいは,リンクからどうぞご覧ください。 6月26日(土)幼稚園説明会参加希望予約受付中!                                 住所:下京区醒ケ井通松原下ル篠屋町59                  電話:075−351−0937

マスク つけてるよ  3歳児から

画像1
ゴールデンウイーク中,お家で遊んで楽しく過ごされたようですね。エールプロジェクトに一緒に取り組んでくださり,ありがとうございます。

お家の人からのメッセージ

どこか遊びに行きたくてもやってないよ、と言うと子供自らコロナだから?と聞いてくるようになりました。コロナだからと言っても子供には難しいかなと思ってあまり口にはしてませんでしたが子供なりに理解しているのかなと思いました。
手洗い・うがい・マスクが当たり前の世の中になってますが3歳の子供が嫌がらずに当たり前なようにやっているのは偉いなと思いました。


今回GWどこにも行けずステイホームの中少しでも子供と楽しいことをできたらと思いエールプロジェクトに参加させていただきました。アンパンマンが大好きな娘のためにアンパンマンたちがマスクをしてコロナをやっつけに行くという題材で家でも遊びました。色塗りや切り抜いたアンパンマンでお人形遊びをして楽しんでました。

いいね!!

じいじ,てづだいにいけなくて ごめんね  5歳児から

画像1
お祖父さまへのメッセージ,きっと届いていますよ。そして,いつか行ける日がきますように!ありがとうございます。

お家の人からのメッセージ

『田植え』
GWは前に田植え帰省するのが我が家の恒例です。
いとこの小さいチームが順番にトラクターに乗せて貰うのも毎年のお約束。
今年はじぃじ1人に任せたけれど、稲刈りまでには帰省して何かをおてつだいするぞ!と意気込んでいます。

いいね!!

びょうきを なおして くれて ありがとう  3歳児から

画像1
画像2
ご家族みんなからメッセージをいただきました。ありがとうございます。

みなさんからのメッセージです。

1枚目
 びょうきをなおしてくれてありがとう

2枚目
毎日,本当にお疲れ様です。皆様のおかげで私達は過ごせています。メッセージを送ることしかできませんが,できることを考え行動して,少しでも負担を減らせるようにします。ありがとうございます。

お医者さんへ♡毎日コロナとたたかって大変ですが,これからもがんばってください。

いつもありがとうこれからもコロナをなおすのをがんばってね。おうえんしています。

おしごとがんばってね。

いいね!!



コロナにまけるな!   3歳児から

画像1
力強いメッセ―ジをいただきました。色紙をきれいに切ってもらって,一緒に貼ってつくったのかな。お家で一緒に取り組んでいただいている姿が目に浮かぶようです。ありがとうございます。

いいね!!

ありがとう 3歳児から

画像1
素敵なメッセージをいただきました。心が温まります。絵の具のいろいろな色,これも素敵ですね。ありがとうございます。

いいね!!

エールプロジェクト,始めました!

画像1
ゴールデンウイークが明け,子どもたちは,幼稚園で遊ぶことを楽しみに,元気に登園してきました。
新型コロナウイルス感染症はまだ,収まる気配がありません。ご家庭からお家の人と一緒に取り組んだたくさんの子どもたちの作品がエールプロジェクトに寄せられました。ご披露させていただきます。

医療従事者の方々,深く感謝いたします。社会の皆様へ,幼稚園から終息するよう,エールを届けたいと思います。

『こどもの日の集い』をしました。

画像1画像2画像3
 今日は,5月5日のこどもの日に先立って,明日からの連休に入る前に,学年ごとに『こどもの日の集い』をし,五月人形や菖蒲の花を眺めたり,歌「こいのぼり」を聴いたりしました。
 また,たんぽぽ組は,大きなこいのぼりを持って遊んだり,こいのぼりや五月人形に関する大型絵本を見たりしました。
 さくら組は,紙芝居「こどものひはおおさわぎ」を見て,こいのぼりや柏餅など,こどもの日に関するものに親しみました。
 すみれ組は,紙芝居「こいのぼりさん ありがとう」を見て,こいの滝登りに関心をもち,こいのぼりの由来を知りました。
 
 学年ごとに日本古来の風習に親しみ,幼稚園でつくった風車や吹き流し,そして,こいのぼりを嬉しそうに家に持ち帰りました。

 幼稚園のみんなで,子どもたちの健やかな成長を願っています。
 連休明けの登園を楽しみに待っていますね。

File 6 そら豆やエンドウ豆の収穫から part2

画像1画像2
昨日持ち帰ったそら豆やエンドウ豆。早速「ゆでてもらった。生では食べられないからね。」「おいしかった」と感想を先生に伝える5歳児たち。保育室はなんと,園庭にあったプランターが置かれ,収穫した際に折れてしまった茎が飾られ,まさに豆のジャングルとなっていました。子どもたちはお豆屋さんをしよう!とポスターをかいたり,お金をつくったり,お店のカウンターをつくったり,…大忙しです。「いらっしゃいませ!」と威勢のいい声。遂には「ここで焼いて食べられます」とイートインコーナーもできました。
子どもたちは遊びをつくる天才です。友達のアイディアに触発され,これもできる,こんなことしようと次々遊びが生まれます。5歳児になると友達の思いや考えを活かしながら楽しみや面白さをどんどん膨らませていきます。友達と協働し,主体的に遊びをつくっていく姿に成長を感じました。

コメントはこちら↓へ

yobai-e@edu.city.kyoto.jp

誕生会

画像1
 28日に,4月生まれの誕生会をしました。3歳児の子どもたちにとっては初めて,4歳児の子どもたちにとっても,進級して初めての会でした。5歳児は4月生まれの誕生児がいませんでした。

4月生まれのお友達,お誕生日,おめでとう!!

 月に一度の誕生会では,誕生児に「おめでとう」とお祝いをしたり,先生からのお楽しみ(大型絵本やペープサートなど)を見たりなど,楽しいひと時を過ごします。誕生児には,素敵なプレゼントもありますよ。来月以降も,楽しみにしていてください。

File 5 そら豆やエンドウ豆の収穫から part1

画像1画像2
4歳児の3学期に種を蒔いて育てていたそら豆やエンドウ豆が収穫の時期を迎えました。5歳児が生い茂った茎や葉の間にエンドウ豆やそら豆を見つけて「ここにあった」「これ,でっかー」と収穫を喜びました。各自が収穫したボールの中にはエンドウ豆やそら豆が混在し,いい匂いが漂っています。たくさん採れたので,「これだけあるからみんなにあげられる」ということになりました。さっそく,Aちゃん,Bちゃんが職員室へ「たんぽぽ組(年少組)は何人?」「さくら組(年中組)は何人?」と他の学年の人数を調べに行きました。先生にそれを報告します。保育室ではボールからそら豆とエンドウ豆を分けて,2つの机に集めていました。
 AちゃんとBちゃんはたんぽぽ組の16個を,CちゃんとDちゃんはさくら組の24個を,EちゃんとFちゃんはすみれ組の17個をそら豆班とエンドウ豆班に分かれて,それぞれのボールに取り分けます。一通り取った後もまだ,まだたくさんあります。「もっとある」と2回目,そして3回目と数えて分け入れました。一人分はそら豆を2個ずつ,エンドウ豆を3個ずつになりました。それらのボールを職員室に持っていき,用務員さんに「エンドウ豆は3個,そら豆は2個」と一人分の数を伝え,袋詰めをお願いしました。
 その後,各学年のところへ行き,お土産のプレゼントを渡しました。
 豆を育てることは豆ができる楽しみがあったり,季節を感じたり,栽培する喜びを感じることに繋がります。また,収穫した豆から種類を分けたり,数を数えたり,一人当たりの数がわかったり,数量に関する感覚が育まれていきます。  
1+1=2,9÷3=3など紙面でわかっていくのでなく,他の友達にも分けてあげたい思いや必要感があり,体験の中で数の認識に繋がっていくことを大事にしています。

コメントはこちら↓へ

yobai-e@edu.city.kyoto.jp

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
京都市立楊梅幼稚園
〒600-8488
京都市下京区醒ケ井通松原下る篠屋町59
TEL:075-351-0937
FAX:075-351-0937
E-mail: yobai-e@edu.city.kyoto.jp