京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2021/05/17
本日:count up49
昨日:43
総数:141055
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
楊梅幼稚園は令和2年4月1日より新園舎にて教育活動を行っています。幼稚園見学やご質問などお気軽にご相談ください。            住所:下京区醒ケ井通松原下ル篠屋町59                  電話:075−351−0937

京都市立楊梅幼稚園のご紹介

京都市立楊梅幼稚園のご紹介(動画)をこちら↓からご覧ください。


雨の日も元気いっぱい(3歳児たんぽぽ組の様子)

画像1
 今日は一日雨でした。聞こえてくる雨の音に「いっぱい降ってるなあ」と感じている子どももいました。

 室内では,運動遊具でつくったたんぽぽ遊園地や積み木,ブロックなどで元気いっぱい遊びました。パスや紙を出しているコーナーでは,貼ることを楽しめるように初めて糊を出しました。

 糊の入っている袋を出すと,「なに,これー?」と言いながら,つついてみたり,握ってみたりしました。プニプニと柔らかい感触に,思わずにっこり。糊をお皿に出すと,指先につけてみたり,手の平に塗ってみたり,いろいろな形に切った色画用紙をいくつも紙に貼ったりして遊びました。いろいろな感触を楽しんでいきたいです。

雨でも幼稚園は楽しいことがいっぱいです。

温泉をつくったよ(4歳児)

画像1
 今日は午後から砂場で温泉をつくって遊びました。「温泉するなら裸足がいいよ」という〇ちゃんの声から,裸足になって遊び始めました。「気持ちいい」「こっちはふかふか」など砂の感触や水の冷たさを感じて楽しんでいました。今日は特に暑かったので,水の冷たさがとても心地よかったようです。どんどん温泉を広げたり,周りの子どもたちも水を汲んで入れに来てくれたりしながら,楽しみました。

楊梅幼稚園 預かり保育のご案内

楊梅幼稚園では,下記のように預かり保育を行っています。
画像1
画像2

お医者さん,看護師さん ありがとう   5歳児から

画像1
画像2
お家の人と一緒にメッセージを寄せてくれました。本当に毎日コロナウイルスとたたかってくださっていて感謝ですね。戦国武士に興味がある〇ちゃん。戦っているというイメージからでしょうか。武士やのぼりもありますね。がんばってくださってありがとうのメッセージも届きました。

いいね!!

お医者さん,看護師さん 頑張ってください  5歳児から

「お医者さんや看護師さん,頑張ってください」と病院に行った時のことを思い出しながら作品をかいてくれました。「そうごうびょういん」ということも知っているのですね。すごい! お家の人と一緒に作品を持ってきてくれました。ありがとうございます。

いいね!!
画像1
画像2

絵の具遊びをしました。(5歳児)

画像1画像2
 昨日,クラスのみんなで見た絵本をきっかけに,今日は絵の具遊びをしました。
 自分の好きな色や使ってみたい用具(いろいろな形の型押し,ローラー,筆,スポンジなど)を選んで,一人一人自分の画用紙を使って遊びました。
 遊ぶ中で,用具を選んで試したり,手で絵の具の感触を味わったり,色合いの違う絵の具が混ざって色が変わっていったりすることにも楽しさを感じていました。

 絵の具遊びを通して,今後も自分の思いをのびのびと表現する楽しさを味わってほしいと思います。

File 7     不安な思い

画像1
 幼稚園では,子どもたちの健康状況を把握するため,毎年,5月から園医さんによる検診を行っています。先日は内科検診でした。3歳児から順番に診ていただきました。
 遊戯室にやってきた3歳児たち。一人ずつ園医さんの前に立って検診が始まりました。Aちゃんは何かな?と思いながらもアッと言う間に聴診器をあててもらい,終わりました。Bちゃんは,ぐしゅっと涙を流してさぁ,順番です。少し後ずさりしながらも先生に「大丈夫だよ。痛くないよ」と言って促してもらい,園医さんの前では「あーん」と声を上げ,背中を診てもらう時には泣き声も小さくなり,無事検診を終えました。「偉かったね。頑張ったね」と先生に認めてもらいました。
 次は4歳児。Dちゃんは,園医さんのカバンをじっと見つめながら「注射,しない?注射,ある?」と心配します。先生が「今日は注射しないよ。おなかの音を聞いてもらうだけ」と説明しますが,まだまだ不安は解消されず,「注射,注射・・」と小声になって。先生にサッと背中を支えられて,聴診器をじっと見ながら検診を終えました。「終わったよ。偉かったね。」と先生に褒められ,うなずいて保育室へと帰っていきました。Eちゃんは園医さんの前にすっと立って,聴診器の動きや園医さんの手をじっと心配そうに真剣なまなざしで見ています。Fちゃんは服を着たまま,遊戯室のカーテンの中へ入ったり,後ろへ移動したり,…。そうして最後の一人になり,自分から園医さんのところへ来て,胸を見せました。
 最後は5歳児。Gちゃんは,服を着たままだけど,1番に並んで自分で服を持ち上げて胸を出し,受診しました。園医さんの前に立って並んで待つのは,3人です。その後ろの子どもたちは座って並ぶように先生に言われていましたが,どんどん立ち上がって,しかも間を詰めています。「まだ,座っていてね」「もう少し間を空けて並んでね」と言われるものの,すぐに立ち上ったり,間を詰めたりしています。Hちゃんは,始めみんなと一緒に並んでいたのですが,遊戯室の後ろの壁にもたれて座っていました。最後に自分で園医さんの前にやってきました。そして何事もなかったかのように受診しました。
 様々な思いを抱きながらの検診です。3歳児や4歳児だけでなく,5歳児も不安な思いから受診している友達はどうかな?これって自分も同じように大丈夫だよねと安心材料を集め,確認していきます。
上半身の服を脱いで受診することは大人にとっては,何でもないことですが,子どもにすれば無防備になる不安感もあります。それぞれの思いを受け止めながら,上半身の服を脱いで並ぶこと,園医さんに名簿の順番に並んで診てもらうこと,というきまりでなく,自分で必要性を感じること,自分で考えて決めることを大事に見守っています。そういった自分で検診を受けようと思えたことや意を決したこと,そして受診できたことが,晴れやかな表情になり,自信につながっていきます。

コメントはこちら↓へ

yobai-e@edu.city.kyoto.jp

ダンゴムシはどこだ

画像1
 楊梅幼稚園では,ダンゴムシ探しが楽しくなっています。

 5歳児すみれ組では,ダンゴムシを見つけたり,世話をしたりすることを楽しんでいます。図鑑を広げ,好きな食べ物は何かを調べて,落ち葉やニンジン,キャベツをあげたりしています。

 4歳児さくら組では,先生と一緒にダンゴムシを探し,捕まえてみたり,数の多さに驚いたり,容器に入れて保育室でも可愛がったりなど,触れたり,見たりすることを楽しんでいます。

 3歳児たんぽぽ組では,すみれ組,さくら組の子どもたちがダンゴムシを見せてくれたことをきっかけに,自分でも見つけたくなりました。園庭の向こう側…小学校の校庭の隅にたくさんいることを教えてもらって,行ってみました。すると,いる,いる!ここにも,あそこにも!どんどん手を伸ばして捕まえたり,触るのは怖いけれど見て見たかったり,先生の手を使って触ってみたり…。自分の入れ物にダンゴムシがいることが,とても嬉しい様子です。

 私たち教師も,ダンゴムシを探していると,壁にたくさんのダンゴムシがついていて,びっくり!壁にもいることがあるんだなあ…と,初めての出あいに驚きでした。いろいろな発見があって面白いです。

「おいしいものたべて がんばってください  3歳児から

おいしいものをたくさん考えて貼ってくれたんだね。そうだね。みんなおいしいものを食べてがんばりましょうね。

いいね!!
画像1
画像2
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事
5/18 親子遠足予備日
京都市立楊梅幼稚園
〒600-8488
京都市下京区醒ケ井通松原下る篠屋町59
TEL:075-351-0937
FAX:075-351-0937
E-mail: yobai-e@edu.city.kyoto.jp