京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2021/05/06
本日:count up132
昨日:394
総数:588457
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

「学校だより」第2号

「学校だより」第2号を配布いたしました。
「配布文書一覧」よりご覧いただけます。

学校だより第2号

給食室前から2

 給食室前に展示中の「牛乳」ですが,どのくらい大きいかが多くの方に伝わるように,本物の牛乳と比べてみました。ある児童は「こんなに大きな牛乳見たことないわ。」と感想を伝えてくれました。
画像1

給食室前から

画像1
 中学部2年生が「赤い物」をテーマに創作した作品のうち,給食で出る「牛乳」と「りんご」を給食室前にプレゼントしてくれました。展示された大きな作品は「牛乳大きいなあ!」等,児童生徒や教職員に大好評です。

緊急事態宣言発令による対応等

 4/25(日)〜5/11(火)の期間中,京都府に緊急事態宣言が発令されたことに伴う対応等についてお知らせします。ページ右側の配布文書または,以下のリンクをクリックしてご確認ください。

 ●緊急事態宣言発令を受けての教育活動について
 
 ●家庭での健康観察の徹底と体調不良時の対応について

 ●5月授業参観週間の中止について

視力検査

画像1
 4月〜6月にかけて学校検診がたくさんあります。子どもたちが,できるだけ不快感や混乱なく検診ができるように,様々な工夫をして取り組んでいます。今日から始まった「視力検査」では,一般的な検査で使われるランドルト環だけでなく,「絵指標」や「TAC」も使っています。
 「絵指標」は,4種類の動物のシルエットを選ぶタイプを使っています。普段の学習で培った「マッチング」の力を発揮して,2〜4択で上手に選び,答えていました。
 「TAC」(Teller Acuity Card テラーアキュイティーカード)は,大きなカードの右か左のどちらかに,縞模様が描かれています。これは,無地より縞模様を見る傾向があるという特性を利用した検査です。「ん?」と縞模様に気付いて,視線をしっかり送っていました。
画像2

スマイルカフェ

 楽只館にあるスマイルカフェでは,高等部の生徒がワークスタディの学習を行っています。感染対策をしっかり行いながら,先週13日からカフェの営業も開始しています。
 厨房では,ケーキやクッキーを作ったり,コーヒーを淹れたりします。注文が入ると,はりきって自分の担当の仕事をしっかり行っていました。接客では,マニュアルを参考に注文を受けたり,運んだりしています。「ありがとうございます!」と適切な対応ができていました。
画像1
画像2
画像3

お昼の放送

 昨日から,給食時間中のお昼の放送が始まりました。今日の担当は「まこちゃん」。これはラジオネームのようなものです。一人一人自分の好きなネーミングで,放送を担当します。リクエスト曲(2曲)を流した後は,気になったニューズ等みんなに知ってほしいことを紹介しています。
 今日は,好きなアイドルがCDを出すことと,最近見ているテレビドラマの好きな場面を紹介してくれました。とても上手!これからもお昼の放送が楽しみです。
画像1
画像2

教職員研修「GIGA端末活用」

 4月の学校だよりで本校校長が「GIGA スクール構想の推進で,一人1台の端末が整備されました。これまでの実践と ICT を最適に組み合わせて,一人一人の児童生徒の主体的・対話的で深い学びを引き出す授業づくりを継続していきます。保護者との連携や教職員の働き方改革,研修の充実にも有効な活用ができればと考えるところです。」と記しているように,今年度から本格的にGIGA スクール構想の推進が始まっています。
 その第1弾として,京都市教育委員会総合育成支援課専門主事 高松崇氏にご来校いただき,全教職員を対象にGIGA端末活用に関する研修を行いました。密を避けるために,直接講義を受ける会場から校内6会場にzoom中継して実施しました。GIGAスクール構想で配備された高性能のWEBカメラを使用することで,zoomでも直接講義を受けているような臨場感がありました。
 講義の中で,子どもたちがGIGA端末を使えるように訓練をするのではなく,GIGA端末の優位性(携帯性・手書き認識・音声入力・音・カメラ等)を活用して,子どもたちのできる姿を引き出し,生活に生かすことが肝要であるという話がありました。子どもたちが端末のどんな機能を活用できるかは,指導者の引き出しの多さにかかっています。指導者側が端末を利活用して,子どもたちの生活に端末を生かす意識を高めていかなければならないと強く感じる研修でした。
画像1
画像2
画像3

教育課程説明会

 本日より4日間に分かれ,各学年(分教室を含む)ごとに教育課程説明会・学年別懇談会を実施しております。本日は,4会場に分かれて小2,小5,中2,高1が実施しました。「個別の包括支援プラン」に基づく教育課程から始まり,各学部の基本時間割や主な年間予定についての話などを学部長や学年主任からさせていただきました。
 コロナ禍になった昨年来,このように保護者の方に集まっていただく機会が持てていませんでしたが,最大限の感染症対策をして実施できたことを嬉しく思います。コロナについては厳しい状況が続いていますが,明日以降も換気・消毒・三密を避ける等の最大限の対策をして実施していきます。
画像1
画像2
画像3

教職員研修「個別の包括支援プランについて」

画像1
 本日夕刻,教職員を対象に「個別の包括支援プランについて」の研修を行いました。ランチルーム,プレイエリア,生活学習棟の3か所に会場を分散して実施しました。
 個別の包括支援プランの作成から実際の運用までの流れを,各学部長が各部の教員に向けて詳しく説明をしました。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

新型コロナウイルス感染症対策等

お知らせ

学校だより

月行事予定

学校経営方針

学校評価

京都市立北総合支援学校
〒602-0074
京都市上京区堀川通寺之内上ル2丁目下天神町650−1
TEL:075-431-6636
FAX:075-414-1069
E-mail: kita-y@edu.city.kyoto.jp