京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2021/09/17
本日:count up65
昨日:140
総数:30877
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
いっしょに歩こう、いっしょに学ぼう

体育祭・文化祭実行委員会

画像1画像2
学校行事の2大看板,体育祭と文化祭。その準備に向けて各実行委員会が準備を進めてくれています。

体育祭実行委員会では,これまで委員会メンバーで話し合った内容に加え,生徒全員の考えを取り入れたイベントにするために,独自のアンケートを作成。その最終調整を行っていました。

文化祭実行委員会では,会の方向性を決定づけるメインテーマ決めを行っていました。それぞれ思いついた考えを積極的に出し合い,記念すべき第1回目にふさわしいテーマを選んでいます。

どちらの委員会も,生徒たちが主体的に意見を出し合い,「みんなで」作り上げるという意識をもって取り組んでいるところに,今後がさらに楽しみになってきました。
勉強面でも考査がもうすぐというところではあり,忙しい時期になりますが,それぞれがそれぞれの得意を生かし,苦手を助け合いながら,京都奏和の歴史に残る「最初」を作り上げてくれることを期待しています。

図書館に「秋」がやってきました!

画像1
朝晩の気温もすっかり落ち着き,虫のこえが心地よい秋がやってきました。そんな季節に合わせて,図書室も「秋模様」に衣替えしました。

部活動もできない日々が続きますが,そんな時こそ広く快適な図書室で静かに読書を楽しんでみてはいかがですか?

新刊も毎月入ってきていますので,定期的に足を運んでもらうと,お気に入りの一冊に出会えるかもしれません。
みんなで「読書の秋」を楽しみましょう!

文化祭&体育祭実行委員会

本日は奏和タイムの時間に文化祭実行委員会と体育祭実行委員会が開かれました。
2学期となり、いよいよ開催日が近付いて来たこともあり、本格的な始動となります。
開校したばかりで、文化祭も体育祭も1から作り上げなければなりません。
体育祭実行委員会では実施する競技を、文化祭実行委員会ではテーマの作成を行っていました。
新型コロナウイルスの影響で、制限がある中での開催となりますが、1期生のみなさんには、京都奏和高校最初の文化祭と体育祭を盛り上げてほしいと思います。
教職員も全力でサポートするので、思い出に残る文化祭と体育祭にしましょう!

画像1
画像2
画像3

第1回社会人セミナー

今日の「キャリア」の授業は、社会人セミナーをリモート方式で実施しました。

本日お話を聞かせていただいたのは、近畿日本鉄道株式会社で保線や施設管理などを行うロッケンバッハ浄さんです。
ロッケンバッハさんからは、鉄道に関わる業務の内容やそこでのやりがいや苦労を教えていただいた他、「参加&予測〜未来社会を生きるためのキーワード〜」と題して、勉強とは何か?学習とは何が違うのかなど、ご自身の経験や考えをもとに、これからの社会を生きていく上で「学ぶことの大切さ」について、熱心に語りかけてくださいました。
講演後の質問では、取得されている資格がどんなものなのか、今までの仕事でやりがいを感じたこと・大変な思いをしたことは?など、さまざま質問が寄せれ、その一つ一つに丁寧に答えてくださいました。

キャリアでは、今後も社会人の方を招いた講演会を計画中です。
実社会で活躍される「さまざまな人に出会う」中で、多様な視点から社会のこと、また自分のことを学んでいく時間を重ねていきたいと思います。
画像1
画像2
画像3

ビジテック

画像1
画像2
画像3
体験的な「しる・つくる・かんがえる」を通じて,自分の可能性を広げていく」学校設定科目「ビジテック」の授業ですが,今週,新しいパートに入れ替わります。

ものづくりのキーホルダーづくりのパートでは,真鍮版(しんちゅうばん)をボール盤や糸のこぎりで切断したり,数種類のやすりを組み合わせて切削・研磨して,自分でデザインした「世界に一つだけのオリジナルキーホルダー」を作っています。生徒たちは手の汚れも気にせず,仕上げに作業に向き合っています。

ものづくりの住宅模型づくりでは,近代建築の三大巨匠と呼ばれるル・コルビュジェの住宅模型の制作を行っています。平面から立体を組みたることを学びながら,図面の読み方・書き方,巨匠の作品のデザインなどを学びながら,建築やまちに興味関心を持ってもらうことを目指しています。

ビジネスでは,1学期のビジネスマナーに続いて,マーケティングについて学んでいます。その入口として,「アイデアを出す手法の一つ」,「ブレインストーミング」を体験するために,稲荷の新しいビジネス提案をペアワークで行いました。

このような実習・演習に加え,3学期にはまちづくりやデザインについても学びます。この授業を通じて,新しい自分の興味関心を見つけてくれることを目指しています。

2学期初日の様子

2学期の初日

午前中から登校した生徒たちは,友だちとの再会に会話を弾ませたり,中には少々眠そうにしたりする生徒もいましたが,久しぶりの授業をしっかりと受けていました。また給食も本日より再開。1学期に引き続き黙食ではありますが,久しぶりの給食を楽しんでいたように思います。

そして授業終了後の奏和タイムで始業式を行いました。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、始業式はリモートでの実施となりました。

校長先生より、現在の新型コロナウイルスの感染状況のお話があり、家庭内での感染が拡大していること、その事から学校生活における感染対策の再徹底をするようにお話がありました。
その後部活動の表彰が行われ、学校生活部などから各種連絡が行われました。

明日からも通常通り授業が行われます。
部活動の制限などはありますが、新型コロナウイルス感染対策をしっかりと行いながら、2学期を楽しんでいきましょう!
画像1
画像2
画像3

2学期開始

1ヵ月ほどの夏休みも終わり、いよいよ2学期開始の日を迎えました。
朝から多くの生徒たちが元気な姿を見せてくれています。
これから始まる2学期の学校生活をまた一緒に過ごしていきたいと思います。
新型コロナウイルス感染症拡大により夏休み中から緊急事態宣言が発出され、今年も行動に制限のある夏となりましたが、1学期を頑張って走り抜けたみなさんには良い休息になったのではないでしょうか。
緊急事態宣言により、本校においても一部活動やイベントに制限が設けられますが、感染症対策を十分に行い,授業等の教育活動を行っていきます。
生徒のみなさんも、学校を含め日常生活において今一度感染対策を十分に行ってください。

保護者の皆様におかれましては、感染症拡大の中の学校生活に対してご不安もあることとは存じますが、本校として最大限の感染症対策を行ったうえで教育活動を行ってまいります。
また、本日「感染拡大防止等に向けたご家庭での取組の徹底について(依頼)」を配布していますのでご確認ください。
今後とも本校の教育活動にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

画像1
画像2
画像3

インターンシップ事後学習

本日はインターンシップの事後学習が行われました。
生徒たちは自分たちが行ったインターンシップを振返り、それぞれの活動を発表し、体験を交流していました。
その後レポートの記入などを行い、最後にはお世話になった企業に向けてお礼状を書いて終了しました。
生徒たちはインターンシップを通して、働くことの大変さや、商品やサービスにされている工夫を知り、普段働いている両親への感謝などを感じていたようでした。
参加した生徒たちにとっては大変良い経験になったようです。
インターンシップお疲れ様でした。
画像1
画像2
画像3

インターンシップ

事前指導を重ねてきたインターンシップ。いよいよ7月27日より各事業所様に伺い、実習をさせていただくことになりました。

実習先は、(一社)中小企業家同友会様の全面協力のもと、生徒一人ひとりの希望を最優先してマッチングしていただきました。初日とあって少々緊張した様子ではありましたが、会社概要や実習する業務の内容の研修などが行われました。その事業所様も丁寧に指導していただき、充実した学びの場を提供してくださっています。

本校が大切にしているのは、「自分らしく学ぶ」こと、「集団で学ぶ」こと、そして「様々な人と出会う」ことです。
普段の学校生活の中では出会うことのできない方々から様々な学びを受け、今後の自分に活きる有意義な時間を過ごしてほしいと思います。
画像1
画像2

インターンシップ事前学習

本日は明日7月27日(火)より3日間行われるインターンシップの事前学習が行われました。
毎日の活動日誌の記入方法や活動報告の方法などの話を聞いたうえで、ビジネスマナーやインターンシップに関する注意事項について学習し、明日からのインターンシップに向けて準備を行っていました。
明日からのインターンシップを怪我等なく頑張って来てください。
画像1
画像2
画像3
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
学校行事
9/21 第2回中学校教員対象学校説明会
9/22 月曜振替授業
9/23 秋分の日

校長室より

行事予定表

教育課程表

学校説明会

お知らせ

学校評価

学校いじめ防止基本方針

学校案内

アクセス

京都市立京都奏和高等学校
〒612-0011
京都市伏見区深草鈴塚町13
TEL:075-641-5121
FAX:075-641-5950
E-mail: kyotosowa@edu.city.kyoto.jp