京都市立学校・幼稚園
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
7月17日(土)普通科・アカデミア科説明会を開催いたします。『7月2日(金)16:00より本校ホームページにて参加申し込みの受付を開始します。』

第7回GAP 〜推論の方法と論理構造〜

画像1
1年生「むらさきのGAP(Global Action Program)」では、紫野高校オリジナルテキストを使い、「持続可能な社会の構築」をテーマに、様々な学習に取り組み、問題発見力・解決力や論理的思考力などを鍛えていきます。

第7回目の授業は「推論の方法と論理構造のチェック」。

前回,「プラスチック税の是非」について,ピラミッドストラクチャーを使って設計図を作成しました。これから,その設計図をもとに文章化をしていきます。今回はその前段階として,「推論の手法」と「論理の誤りのチェック方法」を学びました。

「演繹法と帰納法の違いは何か」

「逆・裏・対偶とは何か」

「相関関係と因果関係の違いは何か」

「自然主義の誤謬・確証バイアス・早まった一般化とは何か」

など,様々な練習問題を議論しながら解くことで,自分たちが意見文を書く際に何に気を付けなければならないのかを学びました。

意見を述べる際,結論ありきで後付けの理由や根拠を探すだけでは,どこかで必ず矛盾がでます。今日の学びをもとに,説得力とは何かを意識しながら,自分の意見を構築してほしいと思います。
画像2

令和3年6月3日 保護者の皆様へお知らせ

保護者の皆様へ

平素は本校教育活動にご理解ご協力を賜りまして感謝申し上げます。

昨日6月2日に『「緊急事態宣言」再延長措置に伴う対応について』の通知文を配布いたしました。
皆様には大変ご心配をおかけいたしますが,今後の状況を慎重に見極め,教育委員会と連携しながら安全安心を第一に教育活動を実施してまいりますので,引き続きご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

【内容】
・遠足について
・7月実施予定の保護者懇談について
・アクセス制限をかけた配布文書の解除方法について など

R30602  緊急事態宣言再延長措置に伴う対応について

画像1

前期中間考査 6/8(火)〜6/11(金)

生徒の皆さんへ

前期中間考査1週間前となりました。新型コロナウイルス感染症の影響を受け,時差登校や短縮授業で,勉強に集中することが難しい日々を過ごした生徒も多いと思います。
しっかり準備をして考査に挑んでください。

前期中間考査 6月8日(火)〜6月11日(金)
時間割
 1コマ目(2限) 9:45〜10:35
 SHR      10:40〜10:45
 2コマ目(3限)10:50〜11:40
 3コマ目(4限)11:55〜12:45

なお,2年生のGTECスピーキングは試験期間中の
9:00〜9:35または13:00〜13:35の
いずれかの時間帯に行う予定です。

続 緊急事態宣言再延長に伴う措置について

保護者の皆様へ

新型コロナウイルス感染症に関して,変異株の感染力が非常に強く,収束が見通せない状況の中,政府より,大阪・兵庫・京都等全国の9都道府県で発令されている緊急事態宣言を,6月20日まで再延長することが発表されました。これに伴い,現在本校で実施している時差登校(9時までに登校)及び短縮授業(45分授業)の措置を当面の間継続いたします。
 皆様にはご心配をおかけいたしますが,より一層の感染対策を心がけ,安全安心を第一に教育活動を実施してまいります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

なお,6月8日(火) から実施する中間考査については,50分間で実施します。時間割等詳細については,あらためてお知らせします。
また,部活動についても現在の措置を継続いたします。

緊急事態宣言再延長に伴う対応について

保護者の皆さんへ

平素は本校教育活動にご理解ご協力を賜り感謝申し上げます。
緊急事態宣言の再延長に伴い,現在感染予防対策として行っている時差登校(9時登校)及び短縮授業(45分授業)を,当面の間継続いたします。
皆様にはご心配をおかけいたしますが,ご理解のほどお願いいたします。本校におきましても,気の緩みがないよう心掛け,より一層の感染拡大防止に努めてまいります。
画像1

第6回GAP〜ピラミッドストラクチャーを使いこなそう〜

画像1
1年生「むらさきのGAP(Global Action Program)」では、紫野高校オリジナルテキストを使い、「持続可能な社会の構築」をテーマに、様々な学習に取り組み、問題発見力・解決力や論理的思考力などを鍛えていきます。

第6回目の授業は「ピラミッドストラクチャーを使いこなそう」。

前回の授業では、論理的な文章の条件を学びました。今回は、文章の論理性を吟味するために、これから書こうとしている文章の構造を視覚化することをワークを通じて学びます。

ピラミッドストラクチャーとは、意見や主張を一つ述べる際、理由をいくつか用意し、さらにその理由ごとにそれを支える根拠(例やデータ)をいくつか用意する、というように多段構造をなす図式です。

生徒達は、「原子力発電」「難民問題」「プラスチック税の導入について」などに関する賛成・反対の意見文を分析して、論理的な文章に必要となる「意見―理由―根拠」を適切に整理することに励んでいました。

『ある人の意見をこうやって整理できると、どこにツッコミ(反論)を入れたら良いかがわかって面白かった。』

『議論が得意な人の頭の中ってこういう風になっているのかもしれないなと色々と気づくことができたし、自分もこうして意見を分析して整理できるようになりたいと思えた。』

意識的に文章を分析することについて、多くの生徒にとって新たな発見があったようです。今日気づいたことを、この後に続くディベート(討論)でぜひ活かしてほしいと思います。
画像2

【再掲】生徒大会[5月26日(水) 実施]要望書にお答えしました

5月26日(水)LHR時にオンラインで生徒大会を開催。
生徒の皆さんからの要望書に対して,要求人数の多かった項目に関して,それぞれの代表生徒から,要望をお聞きし,今現在行っている対策やその経過について説明しました。

 ・1点目 校内WiFiの使用制限について
 ・2点目 アイスの自販機設置
 ・3点目 北校舎の外階段の安全対策
 ・4点目 自動販売機を中庭に設置
 ・5点目 校舎周りの除草や清掃

基本的な考え方は,生徒や学校関係者の安全安心を最重要課題として判断することと,学校教育活動に,今どうしても必要かどうかを判断基準とすることをまずお伝えしたうえで説明させていただきました。
京都市の厳しい財政状況もあり,皆さんの要望をすべて実現することは,現状難しいですが,上記の考え方で,できるところから善処していきます。

ほかにもたくさん要望がありましたが,一部を紹介します。
 ・各グランドの照明の設置や既存の照明を明るくしてほしい
 ・練習場所の確保
 ・駐輪場の屋根の設置
 ・校舎内のトイレ等を清潔にしてほしい
 ・教室内の机の整備や床の貼替え
などです。
教室の床の整備については,南校舎の一部教室の床を今年の夏休みに改修する予定です。
その他の要望についても,関係機関と相談しながら対策を現在検討中です。
画像1

2年生保護者の皆様へ

本校2年生の研修旅行について学校長より説明をさせていただきます。以下のリンクからご覧ください。


【再掲】2021年度第1回PTA総会について(5月27日までにご提出お願いします)

PTA会員の皆様へ

 平素よりPTA活動にご協力いただき感謝申し上げます。
 5月上旬に,お子様を通じてPTA総会の議案等と議決権行使書等の書類を配布いたしました。ご確認の上,5月27日(木)までに投票用紙と議決権行使書を,同封の封筒に入れて学校へご提出いただければ幸いです。(すでに提出済みの方はご容赦ください)

 現在もなお緊急事態宣言中ですので,第1回総会については書面審議にて行います。何卒ご理解ください。
 PTA活動に関してご質問やご意見がある方は「ご質問・ご意見記入用紙」を配布していますので,ご活用ください。

(アクセス制限の解除方法については,5月11日配布プリントをご覧ください)

PTA総会議案等(2021年度)
PTA総会 第1号議案・第3号議案
PTA総会 第2号議案・第4号議案
PTA総会 提出用(投票用紙・議決権行使書)
PTA総会 ご質問・ご意見記入用紙

新型コロナウイルスの猛威はいまだに収まりません。引き続き,ご家族の体調・健康管理の徹底,保健衛生意識の向上と実践に,より一層取り組んでいただきますようお願いいたします。

実践社会の授業〜チームのTrust(信頼)とは?〜

画像1
画像2
画像3
3年生選択授業「実践社会」では身近な話題を手掛かりとして,自分の問題意識とつなげて社会事象を分析する力や,公正に判断する力をつけるためにワークショップ形式の授業を行っています。

今回のテーマは「チームのTrust(信頼)とは何か」です。

チームとして何かを成し遂げるとき,「同じチームのメンバーがどのようなスキルを持っているか知る」ことや「チームとして事前に仮説を立てる・長期的な見通しを持つ」など,重要な要素があります。

今回は,そうした要素が最も効果を発揮するための条件としての「チームの一体感」についてレゴシリアスプレイを通じて学びました。

自分自身が考える「信頼」とは何かを作品で表現し,チーム全体で共有します。その後,各々の作品同士の関係性を考え,チームとして「信頼」をどのように定義付けていけば良いかを考えます。

そのチームにしか創り出すことのできない「信頼の定義」を共有することで,判断に迷ったときの土台が生み出されていきます。

「信頼という言葉を聞いて思い浮かべる情景や定義がそれぞれ違って面白かった。」

「チーム全員の想いが入った信頼の定義を作り出すことができた。自分の考えがしっかりと反映されているという感覚持てたので,出来上がったときは不思議と嬉しかった。」

など,しっかりと議論できたことがわかる感想を聞くことができました。

この経験を,文化祭や体育祭の内容作成に役立ててほしいと思います。

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
学校行事
6/7 教育実習(〜6/25)
6/8 前期中間考査  2年GTECスピーキング
6/9 前期中間考査  2年GTECスピーキング  3年各科検診(午後)
6/10 前期中間考査  2年GTECスピーキング  1年各科検診(午後)  合宿前健康相談
6/11 前期中間考査  2年GTECスピーキング  2年進路講演会(4限)
京都市立紫野高等学校
〒603-8231
京都市北区紫野大徳寺町22
TEL:075-491-0221
FAX:075-492-0968
E-mail: murasaki@edu.city.kyoto.jp