京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2021/09/22
本日:count up57
昨日:165
総数:486774
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標 ≪正しく 仲よく 逞しく≫ 基盤的な学力と自ら律する力を備えた,調和のとれた生徒を育成する

世界ユース選手権選考会

画像1
画像2
ワンダーフォーゲル部の2年生の堀田くんと宮本くんが3月22日、23日の両日に、千葉県印西市で開催された第17回日本山岳連盟・日本ユース選手権に出場しました。この大会は世界ユース選手権日本代表選手の選考会を兼ねています。堀田くんは予選を7位で通過するも決勝では第9位、宮本くんは予選順位27位で決勝への進出ならず、最終順位も27位でした。全国に散らばる強豪を目の当たりにし、彼らができるのなら、自分にもできるはず!」と練習へ向けて新たな決意をしたようです。新年度に入りしばらくすると春季大会が始まります。西陵中生徒の活躍する姿を期待しています。


卒業式の朝

画像1
画像2
朝8時ごろは雨が降っていましたが、一転しての陽ざし。卒業式を祝ってくれるかのようなお天気です。今日60名が卒業します。立派な卒業式になるよう教職員一同、昨日から全員で準備し、今も最終準備に余念がありません。



追いつき、追い越せ

画像1
3月11日に「3年生を送る会」を行いました。卒業を3日後に控えた3年生への1,2年生のパフォーマンス、3年生の入学式からの想い出ビデオなど盛りだくさんでした。3年生から感謝の気持ちを込めた合唱。やはり圧巻でした。1,2年生が呑みこまれてしまう合唱力には感服です。こみ上げるものがあったのか、歌いながら涙を流す3年生もいました。3年生の1,2年生に送った「これからの西陵中学校をお願いします」というメッセージが感じ取られる「3年生を送る会」でしたが「1、2年生に託す会」のようにも受け取れるものでした。3年生もそうであったように1,2年生はこれから3年生の跡を追うことになりますが、3年生の姿にはやく追いつき、追い越した姿を1年後の「3年生を送る会」で見せつけてほしいと思います。

画像2

校外学習と「あの津波」

画像1
校門に弔旗を掲げました。2011年3月11日に起こった東日本大震災。今でも覚えています。校長室で机に向かって執務中のことでした、ユラーとゆッくりした前後に揺れる感覚。一瞬、めまいでも起こしたのかと自分を疑いました。職員室でも同じようでしたので地震だと思いました。大きな揺れではなかったのですが、テレビを点けました。しばらくすると地震の報道。画面は田畑を呑み込んで陸地の中へ中へと押し寄せる津波の様子と事態が飲み込めない車が橋を渡ろうとする映像に思わず声を出した記憶が今でも残っています。当日は3年生がUSJに校外学習に出かけていた日でした。明日12日に3年生が校外学習で出かけます。この時期の3年生の校外学習の度に「あの津波」を思い出してしまいます。今日の「3年生を送る会」の前に体育館で全校生徒が慰霊に黙祷を捧げました。

教頭先生からの激励

画像1
いよいよ明日3月7日は公立高校中期選抜入学検査の日です。今日はその前日。4限に激励会を実施しました。これまで私立入試と前期選抜の前日に校長や3年生の先生方から激励をしていましたが、今回はこのメンバーのほかに教頭先生にも激励をして頂くことにしました。教頭先生にとって3年生は1年生の時に保健体育の授業で関わった最後の生徒です。教頭職になられてからもこの学年の生徒たちを気にかけ見守ってこられました。その教頭先生から「ボクシングのある選手の『毎日の練習が試合です』というコメントを紹介されてテストの後になって後悔することのないように、毎日勉強してきたことが明日のテストに発揮できることを祈っています。」と話されました。校庭では雪が吹雪のように舞っています。明日は寒さが厳しくなることが予想されます。しっかり準備を整えて検査会場に向かってほしいと思います。

画像2

「また滑りにきたい」

画像1
3月3日(月)に育成学級のスケート実習が京都アクアリーナでありました。普段履いている靴とは違う感覚のスケート靴に最初は歩くことにぎこちなさがありましたが、少し練習するとスイスイと滑れるようになり、子どもたちののみ込みの早さには驚かされました。何度も転びながらも立ち上がって練習している姿に逞しさも感じました。 「楽しかった」「また滑りにきたい」という声も上がっており、子どもたちも大満足の実習となりました。育成学級全員で行く校外学習としては、今年度最後だったので、良い思い出づくりとなったと思います。

画像2

合同チーム

3月2日(日)に京都市西文化会館ウェスティホールで西京区8校の吹奏楽部による吹奏楽祭が行われ、西陵中学校は大原野中学校との合同で出演しました。「ホープタウンの休日」「映画『アリエッティ』の主題歌」「ダンシン・メガヒッツ」の3曲を披露してくれました。ここ数年間、大原野中学校との合同が続いています。合同チームは他の学校にない苦労があると思っています。2校それぞれで行う日々の練習はウェスティにむけての「部分練習」ということになります。部分練習を一つにまとめ上げる作業はなかなか難しいものです。単独で出演している学校が行っている自校でのパート練習をまとめる全体練習に時間がかかるのと同じです。合同チームはなかなか一つになって全体練習する機会がない中で、よく頑張ったと思います。

画像1
画像2
画像3

Which do you like 〜

2月27日(木)3限に育成学級の生徒たちがクレープショップを開いて英語で注文をとる実習に教職員を招待してくれました。生徒たちはクレープに盛るフルーツを何にするか、Which do you like 〜を英語で尋ねます。注文する教職員も英単語を並べて応えていました。クレープは甘みが抑えられヘルシーで食べやすく、It tastes goodでした。 和気あいあいとした育成学級の英語実習でした。

画像1
画像2

校内テストにも記述式

2月26日(水)から2日間、第5回定期テストを実施します。今回が今年度最後の定期テストです。3年生が最中にいる私立入試、公立の入学検査は、これまでの3年間の校内テストの総仕上げという考え方ができるのではないかと思います。その視点で考えれば、校内テストが大変重要であることがわかります。公立検査と同様に解答を考えて記述する問題をこれまでの定期テストでどの教科にも盛り込んできています。1,2年生にとっては校内テストを充分に活用してほしいと思うと同時に、テストは授業を通して考え作成されたものなので授業を大切にしてほしいと思います。画像は第5回の定期テストの時間割と放課後に学習している生徒の様子です。
画像1
画像2

午後から学級閉鎖

画像1
2月14日(金)1年1組でインフルエンザに罹った生徒が5名、他にも発熱で欠席している生徒がいるため午後昼食を摂ってから学級閉鎖の措置をとりました。閉鎖期間は今日14日(金)午後から17日(月)まで。18日から登校になります。クラブ活動も今日の放課後から17日(月)の放課後まで休止します。26日から第5回の定期テストです。その1週間前までにインフルエンザの流行をおさえたいと考えています。


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
京都市立西陵中学校
〒610-1113
京都市西京区大枝南福西町一丁目3
TEL:075-332-0671
FAX:075-332-0672
E-mail: seiryo-c@edu.city.kyoto.jp