京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2021/10/15
本日:count up25
昨日:81
総数:185683
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
いきいき なかよく りそうに向かって 考動する稲荷の子 令和4年度入学者の就学時健康診断は,11月16日(火)です。

アンデスの音楽

画像1
画像2
画像3
アンデスに抱かれた国ボリビアから「クルス・デル・スール(南十字星)」が稲荷校にやってきました。
ケーナ・シークなどボリビア独特の伝統的な響きが体育館に広がります。
今日は,音楽鑑賞教室です。
元気のいい「ヒナヒナ」に始まり,皆様にもおなじみの「コンドルは飛んで行く」「アンデス高原地方の祭りの音楽メドレー」「花祭り」「悪魔の踊り(ディアブラーダ)」など,まさしく「アンデスの音楽」です。
日本の尺八にも見た目は似ているケーナですが,音色は違います。サンポーニャや羊の爪で作られたチャフチャス,弦が十本でアルマジロの背皮で作られたチャランゴ,ヤギの皮で作られた太鼓のボンボなどの楽器の紹介もありました。
後半では,アフリカ起源のボリビア黒人音楽「サヤ」メドレー,ボリビア伝統的なリズムの「愛しの大地カンバ」の楽しい音楽が続きました。
そして日本の音楽「トトロ」です。
子どもたちは,「トトロ,トトロ」と一緒に歌いました。
いよいよクライマックス「ラ・マリポーサ」という代表的舞曲では,子どもたちが手拍子したり足踏みしたりして参加しました。
途中からステージの前にいっぱい集まり,音楽や掛け声に合わせて踊ったり手拍子したりしてノリノリです。
最後の音楽「石よ 目覚めよ」でもノリのいい曲で子どもたちは踊りました。
最後の曲が終わっても「アンコール!アンコール!」の子どもたちの大きな声にお応えいただきました。
それも2回もアンコールに応えていただきました。
子どもたちは,目で見て,耳で聞いて,心で感じる「アンデスの音楽」を体感したようです。
子どもたちの一言感想です。
「ダンスがとっても面白かったです。」
「いろんな物で楽器になっているのがすごいと思いました。」
「歌がとてもきれい。とっても楽しかった。」
「ノリノリで一緒に歌って一緒に踊ってとっても楽しかったです。」
音楽を通して,ボリビアの文化と仲良しになれました。

Gracias(グラシアス) ありがとう.
Adios(アディオス)さようなら

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事等
5/17 検尿2,PTA実行委員会
5/18 稲寿会定期総会
5/20 1年朝ランニング開始,クラブ,第1回学校運営協議会
5/21 心臓検診1年13:10〜
5/22 フッ化物洗口,部活動開講式16:00〜
京都市立稲荷小学校
〒612-0806
京都市伏見区深草開土町12-1
TEL:075-641-0057
FAX:075-641-7660
E-mail: inari-s@edu.city.kyoto.jp