京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/09/30
本日:count up42
昨日:84
総数:251142
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標 大原のゆとりある心を自信をもって伝えられる子に!

教育委員会からのお知らせ

小中一貫教育小規模校全国連絡協議会ホームページ

6月19日(金) 小中一貫教育小規模校全国連絡協議会

画像1
 本日、小中一貫教育小規模校連絡協議会正会員によるオンライン会議が「Zoom」を使って行われました。参加したのは、新潟のまつのやま学園(松之山小中学校)、滋賀県の鏡岡学園(余呉小中学校)、奈良市田原小中学校、広島県宮島学園(宮島小中学校)、まつのやま学園元学園長、大原在住の小松郁夫教授、そして本校です。
 
 まず、コロナ禍による休校時の様子を交流しました。奈良市、長浜市などのように、オンライン学習を積極的に進めていた学校が多く、また3密になりにくい小規模校の有利さを感じていた学校ばかりでした。
 修学旅行については、日程を替えて実施するなかで、行程に今日の5校との交流を加えることを計画していく学校もありました。
 
 規約に関する話し合いでは、今年度から正会員、賛助会員とも会費を徴収することで、来年以降のサミット開催をサポートしていく決定になりました。(本日改定された規約は、別項「小中一貫教育小規模校連絡協議会」のフォルダーに掲載されています。)

 今年度のサミットは延期になりましたが、今年度できることを考え、「プレ企画」として、5校の「地域と学校の関わりや地域文化の継承」の取組を発信することにしました。

 小松教授からは、家庭、地域、学校での学びのバランスが変わってきたことや,多様な人とふれあう場としての学校の役割について話されました。3年前に大原に住むといったら不思議がられたけれど,今はうらやましがられている,生活の在り方や生き方が問われているという話もありました。
 
 コロナ禍の今年、「小中一貫教育」「小規模校」などが、重要な「魅力」になっています。私たちは今年の財産をこれからも共有して、来年度に延期になった小中一貫小規模校サミットin長浜につなげていきます。
※今日の会議の詳細は、後日「小中一貫教育小規模校連絡協議会」のフォルダーに掲載されます。

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ

学校だより

学校教育目標及び経営方針

小中一貫教育構想図等

学校評価

学校いじめ防止基本方針

日本義務教育学会

京都大原学院部活動運営方針

台風・地震に対する非常措置

京都市立大原小中学校
〒601-1242
京都市左京区大原来迎院町22
TEL:075-744-2004
FAX:075-744-2079
E-mail: ohara-sc@edu.city.kyoto.jp