京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2021/09/21
本日:count up10
昨日:155
総数:330639
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
令和4年度入学児童対象の就学時健診は,11月15日(月)です。詳細は入学届を持参いただいたときにお伝えします。

今年度最後の参観・懇談

 3月を迎え,今年度も残すところあとひと月となりました。4月からの1年間,保護者や地域の方々には,本校の取組に対して,ご理解・ご協力をいただきましたこと心より感謝申し上げます。今年度,学校教育目標を「自分のよさを磨き,つながりを大切にする子どもの育成」として取り組んでまいりました。子どもたちには,「自分の考えを話すこと」「あいさつをすること」「そうじをがんばること」を心掛けてほしいと伝えてきました。さて,1年を振り返ってどうだったでしょうか。
 3月1日(金)に今年度最後の参観・懇談を行いました。たくさんの保護者の方が来てくださいました。どのクラスでも,1年間の仕上げとして,子ども達の成長の様子が伝えられるような学習内容を授業として見ていただくよう工夫いたしました。
 めあての一つ目「自分の考えを話す」という点から今回の参観授業を見てみると,学年にもよりますが,一人一人が自分の思いや考えを話す場が用意されていたように思います。兄弟がおられる保護者の方は,急いで教室を移動されている姿が見られました。我が子の発表する姿を見ようとしていただいてくださったことに感謝いたします。
 この1年間を振り返り,私達教師側は,自分の考えを話せる授業作りができていたか見直す必要があります。話したくなる動機づけ,話さなければならない必然性,さらには話す内容を一人一人がもつことのできる学習展開にしてきたかを問わなければなりません。その上で,一人一人の発言を受け止めることのできる仲間の存在が必要になってきます。人の前で自分の思いや考えを話すことは勇気のいることです。でも,話すことでお互いを知ることにもつながります。「話してよかった。」という経験を積み,自信をもって自分の考えを話す姿をめざしてきました。参観いただいた子ども達の話す様子はいかがだったでしょうか。また,懇談会では,各学級で子どもの成長について話し合っていただけたでしょうか。
 残り1か月は1年間の自分の姿を振り返り,頑張りを認め合うとともに,次への課題を明らかにするときです。子どもたちが進んでよりよい言動につなげようとする後押しや見守りをしていきたいものです。
 参観・懇談に多数お越しいただきありがとうございました。保護者の皆様も残り1カ月,お子様の様子を見守っていただけるとありがたいです。
 尚,3年1組は3月8日(金)に参観・懇談を行います。変更になり申し訳ありません。
画像1
画像2
画像3

授業参観ありがとうございました

画像1画像2画像3
 今年度最後の授業参観でした。3組は,1年生の交流学級で生活科の授業を参観していただきました。「もうすぐ2年生」の学習で,1年生になってできるようになったことや2年生でがんばりたいことを発表しました。題して「すごいぞ!2018年と2019年のスーパーハッピーかい」です。名簿順に8人ずつ発表し,発表の合間に「どんぐりさんのおうち」,「きらきらぼし」,「こいぬのマーチ」を演奏しました。発表が終ったら,同じ班の友達の頑張っていることを讃える「がんばり賞」の賞状を渡しました。
 みんなとても楽しく学習できていて,最後の振り返りでは,みんなが挙手をして振り返ることができていました。

育成学級小中交流会

画像1画像2画像3
 3月1日(金)朱雀中学校で「育成学級小中交流会」がありました。朱雀中学校区の小学校の育成学級のみんなが集まりました。はじめのことばの後は,自己紹介,朱雀中学校紹介(授業,行事,魅力など),各校の発表,茶話会と盛りだくさんでした。各校の発表は,クイズやマジックなど楽しいリクレーションでした。朱七小は,運動会に踊った「U・S・A」をみんなで踊りました。みんなノリノリでとても楽しんでくれていました。茶話会では,朱雀中学校の畑で栽培した大根とじゃがいもをおでん風に煮てみんなに振る舞ってもらいました。とても美味しくいただきました。
 準備をして迎えてくださった朱雀中学校の育成学級の先輩,担任の先生本当にありがとうございました。

ほっこり子育て講座

 4月から1年生になる保護者対象に,ほっこり子育て講座を開きました。本の世界を,子どもと共に楽しむ「読み聞かせ」の大切さについてお話いただきました。
 読書には3種類あると話されていました。「字の多い本を一人で読む」「絵本を一人で読む」「絵本の読み聞かせを聞く」の3種類です。そして,それぞれに着地点がちがうとおっしゃりました。
 「絵本」というと小さい子ども,又は学校でいうと低学年が読むというイメージはありませんかと問われました。けっしてそうではないのです。「絵本」の世界は深いので,高学年でも,また大人でも十分楽しめるのです。また,「絵本」は文字を読むだけでなく,絵を読むこともできると言われました。読み聞かせをしてもらうことで,絵を楽しみながら,本の世界に入ることができるよさがあります。
 実際,何冊かの本を紹介いただき,読み聞かせもしてくださいました。
 読み聞かせをすることで,きっと子どもとつながれるということ,そして,愛を届けることができるということを教えていただきました。それぞれの子どもによって読み聞かせのやり方は様々です。そのすべてがすばらしいと言われました。学校でも読み聞かせをしています。でも,家庭で行う読み聞かせに勝るものはないとも言われました。

 小学校入学を間近にされている今,子どもと本の世界を楽しんでみようと思っていただけたのではないでしょうか。
画像1画像2

春を見つけましょう〜みなさんの春は,どんな春ですか?〜

画像1画像2
 図書室前の本棚に「春」に関連した本を集めました。寒い日が続く中,時折温かくなって,春がそこまで来ているような気持ちになります。図書室に足を運んで,本の中にも「春」を見つけてください。
 なお,今年度の図書室の本の貸出しは3月8日までとなっています。借りている本は8日までに忘れずに返却してください。

校内作品展 3

画像1画像2画像3
 3年生の平面作品は,お話の絵「チャールズダーウィン世界をめぐる」と版画です。立体作品は,「トントンドンドンくぎ打ち名人」で作った作品を展示しています。
 4年生は平面作品,お話の絵「チャールズダーウィン世界をめぐる」,「なのだのノダちゃん まほうの自由研究」と木版画「動物とわたし」の中から1点,立体作品は,竹の棒と紙粘土,発泡スチロールを組み合わせて「10年後の自分」を表現しました。
 5年生は平面作品お話の絵「きかせたがりやの魔女」,「怪魚ハンター,世界をゆく 巨大魚に魅せられた冒険家・小塚拓矢」,多色刷り版画,「こころのもよう」「じっと見つめてみると」の中から1つ展示してあります。立体作品は針金で自由に形を作った「立ち上がれ マイライン」です。
 3月1日(金)午後5時までご鑑賞いただけます。

校内作品展 2年

画像1画像2画像3
 2年生の展示は,平面作品は絵画「あめのひピッチャン」と紙版画です。紙版画は,1組は「おいしい給食いただきます」,2組は「たのしいあやとり」です。立体作品は「わたしのすてきなぼうし」です。それぞれが帽子をかぶっているような展示の仕方がとても楽しいですよ。

校内作品展 6年

画像1画像2画像3
 6年の展示は,平面作品は「国際・平和ポスター」,木版画「わたしと野菜」,立体作品は「卒業制作オルゴール〜彫から生まれる私の思い出」です。さすが6年生という作品です。版画は「とれたてのいきいきとした野菜が教室いっぱいに届きました。その時の感動を版画で表現しました」とありました。どんな感動が表現されているのでしょう!ぜひ会場で確かめてみてください。

校内作品展 1年

画像1画像2画像3
 「校内作品展」1年の展示の平面作品は,「みてみておはなし」1組「おべんとうばこあけたらね」,2組「ゆうびんやさんおねがいね」,立体作品は「おしゃれなにんぎょう」です。力作ぞろいです。ぜひご鑑賞ください。

4年生 小文字駅伝(ミニ大文字駅伝)大会

画像1画像2画像3
 4年生は体育の学習でペース走を行いました。学習の最後のまとめとして,今日はいくつかのチームに分かれ,チーム対抗「小文字駅伝(ミニ大文字駅伝)大会」をしました。
 長い距離を走るためには自分のペース配分が大切。駅伝はそれを一人一人繋げていくことでタイムが削られていきます。一人一人がチームのためにがんばっていました。このことを来年度や再来年度のランニングにも生かしてほしいなと思います。
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
学校行事
3/6 6年生を送る会
3/7 朝会・感謝のつどい

お知らせ

学校経営方針

学校だより

研究発表会

研究

学校評価

学校いじめ防止基本方針

ほっこり(保健だより)

台風等に対する非常措置

京都市小学校運動部活動等ガイドライン

小中一貫教育

学校運営協議会

京都市立朱雀第七小学校
〒604-8841
京都市中京区壬生東土居ノ内町20
TEL:075-311-0307
FAX:075-311-4697
E-mail: suzakudai7-s@edu.city.kyoto.jp