京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/03/28
本日:count up1
昨日:5
総数:149070
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
3月25日(月)26日(火)は紫野小学校で統合式の練習を行います。

年頭にあたり

 平成26年の幕開けにあたり,一言ご挨拶を申し上げます。

 本来創立記念日である4月20日に行うべきであった創立140周年記念式典を,昨年12月8日に無事にすますことができました。地域や保護者の皆様に多数ご来場いただきたく,日曜参観日に合わせて実施したところ,多くの方に一緒に祝っていただくことができ,感謝いたしております。また,記念事業の一環として航空写真も実施することができました。これにも,地域の消防関係者の多大なるご協力を賜り,防災への呼びかけも兼ねて実施することができました。さらには,本校の創立者としてその名を刻む,益井茂平翁の4代のちのご子孫にあたる 益井 基氏を北海道函館よりお招きし,メッセージをいただくとともに,子どもたちに記念のクリアファイルをいただきました。参会者にとっても子どもたちにとっても,忘れられない思い出の一日となりました。ご協力本当ありがとうございました。

 さて,140年の歴史をもつ楽只小学校に,141年目の新たな1ページを加える年として,平成26年がスタートしました。子どもたちも,残すところ50日あまりで進級することになります。一つ一つの授業や行事を,この学年の集大成として,立派にやってくれることを期待しています。

 「福祉と人権のまち楽只」を支える次世代の子どもたちは,地域行事や地域の福祉施設・教育施設と連携しながら,多くの学びの機会を得ています。その中で,確実に成長していく子どもたちの姿を見るとき,「個の力を最大限に伸ばし,『生きる力』を育成する」という本校の学校教育目標達成にとって,欠かせない地域の教育力を実感します。

 一方で,児童数の減少は著しく,来年度は,50名を切る見通しがもたれています。児童数の少なさに伴い,児童間の狭い人間関係に起因する様々な問題も見逃せない状況となっています。「井の中の蛙」とならず,「切磋琢磨」しながら,常に挑戦し,豊かな体験と広い視野をもつ人となれるよう,今後も学校教育の中でできることを精いっぱい取り組んでいくつもりです。

 子どもが,自らの夢を実現できるための,確かな学力・豊かな心・健やかな体の育成に向けて,今後も努力して参りますので,どうか変わらぬご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
京都市立楽只小学校
〒603-8226
京都市北区紫野西舟岡町2
TEL:075-451-0044
FAX:075-441-5028
E-mail: rakushi-s@edu.city.kyoto.jp