京都市立京都工学院高等学校

【国際理解】在京都フランス総領事講演会及び交流会 1/12開催

フランス政府公式機関として,日本各地に開設されている「アンスティチュ・フランセ(日仏文化会館)」の関西支部「関西日仏学館」に,2009年「フランス領事館」が移転した,京都に根付いた機関として市民から親しまれるアンスティチュ・フランセ関西館長であり,在京都フランス総領事であるジュール・イルマン氏にご訪問いただき,生徒との交流の機会を図ることができました。

■ 日時 令和4年1月12日(水)15:40〜17:00
■ 場所 本校正門前 プロジェクトラボ
■ 講師 総領事ジュール・イルマン氏
■ 講演 「びっくりフランス」
■ 内容 フランスの文化,習俗,経済,社会,歴史,理工学系の現状等
■ 参加 本校生徒20名,ALT1名,教職員7名

本校生徒から出された主な質問は次のとおり
・「フランスでの女性の社会進出について」
・「鉄道の自動運転について」
・「フランスの子供たちのスポーツへの取り組み方法について」
・「英語以外に学ぶべき言語について」
・「フランスの若者の状況について」

総領事の広範な知識と話題の豊富さに誘発される形で,本校生徒からは,ジェンダー問題を含む多様性に関すること,世界大で物事を捉えた場合の言語の有用性についてなど,本質を突いた質疑が行われ,極めて意義深い時間となりました。

講演に先立ち行われた大窪校長への表敬懇談では,工学系高校である本校の現状とフランスの職業高校の現状や生徒募集の状況について熱い意見交換が行われるなど,学校としても収穫の多い貴重な機会を得ることができました。総領事からは「ぜひ高校生をつれて学館を訪問してほしい」「学館で開催するイベントにも参加してほしい」というメッセージが残されました。


【学校の様子】 2022-01-14 06:35 up!

画像1
画像2
画像3