京都市立京都工学院高等学校

【校長室】「緊急事態宣言」発出を踏まえた教育活動等について

平素より,本校の教育活動にご理解とご協力をいただき,ありがとうございます。

全国的に新型コロナウイルス感染が拡大し,京都府においても感染が急拡大するなか,本府に対して新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が発出され,京都府知事から京都府全域へ9月12日(日)までを期間とする緊急事態措置が要請されました。

夏季休業明けからの教育活動再開に向けても,さらなる感染拡大防止への取組を強化・徹底したうえで教育活動を行っていく必要があります。また,偏見や差別は許されないことの啓発及び,生徒の心のケアについても十分な留意が必要な状況です。

本校では,2学期始業式の翌日から時差登校・短縮時間割を再度実施する予定です。感染拡大防止に万全を期しながら教育活動に取り組んで参りますので,各家庭におかれては,お子様をはじめ,ご家族の体調・健康管理の徹底,保健衛生意識の向上と実践に引き続き取り組んでいただきますようお願いいたします。

(1)夏季休業期間中においては,時差登校は行いません。
(2)2学期始業式の翌日より時差登校を行う予定です。
(3)引き続き,毎日の検温及び健康観察を行ってください。
(4)登校前の健康観察で本人及び同居家族に発熱等の風邪症状がみられた場合は,学校に連絡のうえ,感染拡大防止のため,登校を控えて必ず自宅で休養させてください。
(6)発熱や体がだるい・のどが痛いなどの風邪症状があるときは,かかりつけ医など身近な医療機関(地域の診療所,病院)に,まず電話で相談してください。

以上の詳細については,Classiにて保護者通知文を配信します。


【お知らせ】 2021-08-18 15:50 up!