京都市立京都御池中学校

8年 道徳

 8年生の道徳は「私は十四歳」という教材で,主人公は中学校で続けていたバスケをやめます。やりたいことが見つからず悩みますが,ジャズダンスと出会い考え方を変えて生き生きと個性を伸長させていきます。

 自分たちと同じ年代の悩みの話なので,共感しながら学習していたようです。


【学校の様子】 2022-05-19 20:44 up!

画像1