京都市立七条第三小学校

さくら学級 道徳・心の日「コロナ差別についての学習

 4月22日は月に一度の「こころの日」でした。今回は道徳で「自分ならどうするか,かんがえよう」をめあてに,「新型コロナウイルス」による差別について学習しました。
悪いのは感染した人ではなく,新型コロナウイルス自体であることをおさえ,体調が悪そうにしていたり,咳をしていたりした人がいれば,どのような声かけをすればよいかを一緒に考えました。
 子どもからは,「思いやりが大事」という意見が出て,教室は温かな雰囲気に包まれました。


【さくら学級の取組】 2022-04-28 20:59 up!

画像1
画像2