京都市立七条第三小学校

1年 なんていおうかな。

4月のこころの日の学習をしました。
1年生は「せきを したとき」という題材で「友だちのことを思う心」について考えました。
喘息のため咳をしたみきさんに,心ない言葉をかけるたくまくん。
そんなみきさんにじっと見つめられたわたしの気持ちを考えることで,どんな言葉をかけると相手がうれしい気持ちになるかを考えることができました。
帰り道に,「ねえ,みきさん。」と声をかけたあとにどのようなことを言うか,子どもたちの考えをいくつか紹介します。
「さっきはだいじょうぶだった。」「いっしょにかえろう。」「またあしたあそぼうね。」
お話の場面を自分事として考えて,日ごろの生活に活かせるといいですね。


【1年生の取組】 2022-04-25 20:13 up!

画像1