京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/09/20
本日:count up42
昨日:33
総数:83140
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
京極幼稚園では,随時,幼稚園の見学,途中入園,子育て相談等承っています。未就園の親子対象のひよこ組,うさぎ組も開いています。詳しくは,電話,メール等でお尋ねください。

残暑お見舞い申し上げます

画像1
 みなさま お元気でいらっしゃいますか?
今年は,特に暑い日が続いていますが,みなさま体の調子などいかがでしょうか・・・

夏休みも半分過ぎましたね。
来週は,幼稚園がお休みします。くれぐれも熱中症や水の事故にはご注意いただき,お家の方と一緒に,夏ならではの遊びや過ごし方を楽しんでくださいね。

 20日月曜日から,おひさま広場が始まります。まっていますね。

夕涼み会

7月29日(日)
台風12号の影響で,28日に暴風警報が出ましたので,
準備万端整えていただいた夕涼み会でしたが,
順延しての開催となりました。

メインの会場の遊戯室には
PTAのブース,
京極みんなの会(おやじの会)のブース,
幼稚園のブース,
保育室にはスタンプラリーのポイントが
用意されていました。
ゲームをしたり,作ったり・・・
親子で,きょうだいで,お友達とで,
思い思いのまわり方で回っていました。
遊戯室には生のお父さんDJが
会場のムードを盛り上げてくださっていました。

みんなで輪になって踊りを踊ったり,
幼稚園に突然現れた謎の怪人?ロボット?目がけて
球を投げて追い出したりもしました。
ほっと,飲み物で一息ついて,
最後は,花火鑑賞。
歓声やため息や拍手も起こっていました。

PTAの皆様,京極みんなの会の皆様,
台風による順延にもかかわりませず,
子どもたちのために
すてきな夏の思い出づくりをしてくださって,
どうもありがとうございました。
地域の皆様,ご理解,ご協力いただき,
ありがとうございました。
画像1
画像2
画像3

宿泊保育(年長児)

 子どもたちが楽しみにしていたお泊り保育。
この日は,お楽しみがいっぱいでした。

 1つ目の楽しみは,昼食後のおやつ。自分たちで育て冷凍してあったいちごをでつくったジャムを,たっぷりクラッカーにつけていただきました。
 2つ目のお楽しみは,縁日ごっこ。先生たちが遊戯室で,縁日のお店屋さんを開いてくれたところへ,子どもたちがペットボトルのバッグやお金をつくり,遊びに出かけました。綿菓子やたこせん,ポテトなどの本物のおやつを買うことができ,おいしくいただきました。また,忍者の玉転がしやカラオケ,くじ引のコーナーもあり,何度も遊んでいました。
 3つ目は,遊戯室が映画館に変身し,大きなスクリーンで映画を楽しみました。

 まだまだ,楽しみはいっぱい続きました。
レストランに出かけスペシャルディナーを食べたり,幼稚園の2階にある京極露天風呂にみんなで入ったり,自分たちでつくった行燈を持ってお散歩したり,花火を楽しんたりしました。
 いっぱい遊んだので,夜はみんなすぐに寝て,朝までぐっすり寝ていました。

 次の日のお楽しみは,自分たちでホットドックをつくり,朝ごはんにいただきました。
『お泊り保育の思い出』をはがきに書き,お家の人やおじいちゃんおばあちゃんに届けてもらえるように,ポストに出しに行きました。
 「全部 楽しかった」「忍者が幼稚園に来たんだよ」「花火を初めてしたよ。とてもきれいだった」と,お泊り保育のことを話してくれました。

 お家の方と離れて初めて一人で泊まった子どもたち。どきどきしていたこととと思います。何よりお家の方が,ご心配だったことでしょう。
 子どもたちは,楽しい気持ち,嬉しい気持ち,さみしい気持などいろいろな思いを味わいながら,またたくましく大きく成長したことと思います。
 友達と過ごしたお泊り保育,助け合ったお泊り保育,一人でがんばり自信がついたお泊り保育,この経験がこれからの日々に繋がれば嬉しいです。
画像1画像2画像3

もぐれるようになったよ!

画像1画像2
おひさま広場(預かり保育)に来ている子ども達。
今日もプールの水が気持ちよさそうです。

はな組(4歳児)の子ども達も,潜れるようになって嬉々とした表情です。

しっかり水分補給して,プールの上には遮光ネットをはって,暑さ対策をしながら思い切り水遊びを楽しんでいます。

1学期が終わりました

画像1画像2
今日で一学期が終わりました。
自分たちがいっぱい遊んだ保育室。

ままごとの道具を洗い,棚を拭きました。
自分のロッカーもピカピカです。

最後に床の雑巾がけをしました。
初めての経験の子どもも多く,最初は膝をついたままハイハイをするように拭いている子もいました。しっかりと足で踏ん張ってかっこよく雑巾がけをする友達の姿を見て,次第に真似をして,できるようになっていきました。

現代の生活の中では,簡易ペーパーモップやお掃除ロボなど便利なものがあふれているので,家庭で雑巾を使うということは減っているのだろうと思います。だからこそ幼稚園で意識して取り組んでいきたいと思います。
雑巾を絞る時も,最初は丸めてぎゅっとにぎっているだけの子も多かったです。手首をそれぞれねじって絞るんだよと,手を添えながら伝えていきました。

自分の力で,最後までやりきることができると満足そうな表情でした。
気持ちよく夏休みが迎えられます。

セミ

とっても暑い日が続いています。
でも,セミたちは,暑さに負けずに元気に鳴いています。
地面の穴が
セミの出てきた穴だって知っている子どももいますが,
アリの巣の入り口だと思っている子どももいます。
網を振り回して
セミを採ろうとしている子どももいますが,
そんなに簡単に採れません。
でも,セミの抜け殻なら簡単に採れるみたいです。
え!?そんなに集めたの!!??っていうくらいに
この女の子たちは集めています。
抜け殻が壊れないように
指先の力加減をしているようです。

セミは子どもたちのポケット図鑑にも載っています。
歌もあります。
絵本もあります。

幼児期においては,
身近な自然との直接体験を通して,
豊かな感情,好奇心,観察力,思考力,表現力の
基礎が培われます。
セミが地上に出てからの命が短いことを知ることで,
生命を大切にする気持ち,いとおしむ気持ちも
育まれることでしょう。


画像1
画像2
画像3

おひさま広場(サッカー)

画像1画像2
 今日のおひさま広場は子どもたちの大好きなサッカーの日。

 体を動かす楽しさや,約束(ルール)の大切さを感じ,思いきり楽しんでいました。

 「あ〜楽しかった」「今度のサッカーはいつ?」ととても喜んでいました。

つくって遊ぼう

6月の「おひさま広場」(預かり保育)の
「つくって遊ぼう」の時間に
「金魚すくいトレーニングマシーン」をつくりました。

子どもたちは,
金魚すくいってどんなものかは知っているようです。
薄ーい紙の・・・と説明してくれたりして,
実際にしたこともあるようです。

まず,先生が「金魚すくい・・・」で遊んでみせると,
興味深そうに見て,
何でそんなふうに動くの?
おもしろそう,つくれるの?
という声が聞かれました。

それから,先生の説明を聞きながら,
みんなで順番に少しずつ,つくっていきました。
そして,出来上がった子どもたちから
動かして遊び始めました。
ほら,すくうよ〜と見せてくれたり,
動く秘密が知りたいとつぶやく子どももいました。
また,早くおうちの人にも見せたいという子どもが
たくさんいました。

預かり保育の時間でも,このような制作や遊びを通して
身近な事象に積極的に関わり,
物の性質や仕組みなどを感じ取ったり,
気付いたり,考えたりすることを
楽しめるようになってほしいと願って取り組んでいます。
思考力の芽生えを育もうとしています。

子どもたち!
また,「おひさま広場」で,「つくって遊ぼう」ね。
画像1
画像2

竹馬 大好き

 昨年,年長児が乗っている竹馬に憧れていたことり組の子どもたち。
土曜参観でお家の方に竹馬をつくっていただきました。
 それからは毎日乗って楽しんでいる子どももいます。毎日乗っていると,どんどん上達し,いろいろな技にも挑戦しています。
 最初はちょっと怖いなと思っていた子どもも,少し勇気を出して挑戦し歩けると,「楽しい!」と自分から何度も乗って遊んでいます。

 今,遊戯室や玄関前テラスでは,ことり組の子どもの誰かが竹馬に乗って遊び,「先生 見て!」「こんなんできるよ」「ここまで 歩けたよ」と嬉しそうに話しています。
また,その声を聞いた友達が「すごいね」「ぼくもやってみよう」と認め合ったり,刺激を受け合いながら遊んでいます。

「竹馬 おもしろい」「竹馬 楽しい」とどの子どももその思いをもって遊び,大好きな遊びの1つになりました。
 
画像1画像2

七夕の集い

7月9日(月)晴れ
6,7,8日と大変な雨でした。
6日に予定していた「七夕の集い」を
今日,しました。
遊戯室にみんなで集まって
紙芝居を見たり,七夕クイズをしたり
歌を歌ったりした後,
織姫様からの星のお菓子,…金平糖を
みんなで頂きました。
今日は星が見えるかな…?
画像1画像2
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
京都市立京極幼稚園
〒602-0806
京都市上京区塔之段薮之下町428
TEL:075-231-6696
FAX:075-231-6696
E-mail: kyogoku-e@edu.city.kyoto.jp