京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/07/17
本日:count up49
昨日:365
総数:444252
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
平成30年8月18日(土)19日(日)全知P京都大会が開催されます。ご案内を配布文書のお知らせ欄に掲載しております。みなさまのご参加をお待ちしております。

小学部1年生 すいかロード

 小学部1年生が,6月下旬から,学年ライフスタディの時間に制作した大きな「すいか」が廊下に展示されています。
 参観日などで来校された際,是非,ご覧ください。
画像1
画像2
画像3

天才アート・ライブ展の紹介

画像1
 「天才アート・ライブ展 in 高瀬川 四季AIR『奏・描・愉』〜高瀬川の町家ギャラリーで七夕ライブ〜」が開催されます。
 今回は3つのプログラムで構成されているそうです。
・ジャズ演奏とオカリナ演奏ライブ…「奏(かなでる)」
・所属アーティストが団扇や絵葉書を制作する…「描(えがく)」
・複製画やオリジナルグッズ展示…「愉(たのしむ)」

日時:7月4日(水)〜8日(日)
場所:高瀬川・四季AIR(京都市下京区天満町456-27)

※「天才アート・ライブ展 in 高瀬川 四季AIR『奏・描・愉』〜高瀬川の町家ギャラリーで七夕ライブ〜」の詳細はこちらから

障害者アートを広めるために

画像1
 先日,天才アートKYOTOの取組が,NHK「ニュース630 京いちにち」の京都−パリウィークのコーナーで放映されました。10月にはパリから作品をお招きして展示をされる予定とのことです。
 「NHK NEWS WEB」で番組を観ることができますのでご紹介します。

※NHK「ニュース630 京いちにち」の京都−パリウィークのコーナー

天才アート企画展が開催されています

 堀川御池ギャラリーにて,天才アート企画展「土屋彰男と大柳憲一、2人のコンポジション。」が開催されています。(大柳さんは西総合支援学校の卒業生の方です)
 是非。お立ち寄りください。

期間 5月18日(金)〜5月27日(日)
   11時〜18時
  (最終日は17時まで)/休館日なし
会場 堀川御池ギャラリー
料金 入場無料

---------- 天才アートKYOTOのHPより ----------
 図形と数字─土屋作品と大柳作品のそれぞれがもつキーワードです。
土屋は○▽□などの図形を動物や鳥などに見立て,ユーモラスに図像化してシンプルに配置したポップな世界を表出します。一方,大柳はあらかじめ色彩構成した画面に,フォントのように正確な数字を執拗に羅列して抽象的表現を生成します。
 この作風の異なる2人の作品ですが,表現の要素にこだわって展開する“構成的” ともいえる共通した特長をみることができます。こうした視点から,第4回天才アート企画展は『2人のコンポジション』と題して,土屋作品と大柳作品を展示しました。ぜひご高覧ください。

※天才アートKYOTOのホームページ
※「土屋彰男と大柳憲一、2人のコンポジション。」の詳細

画像1
画像2

天才アート企画展のご紹介

画像1
 5月18日(金)〜5月27日(日)まで,堀川御池ギャラリーにて天才アート企画展「土屋彰男と大柳憲一、2人のコンポジション。」が開催されます。

---------- 天才アートKYOTOのHPより ----------
 図形と数字─土屋作品と大柳作品のそれぞれがもつキーワードです。
土屋は○▽□などの図形を動物や鳥などに見立て,ユーモラスに図像化してシンプルに配置したポップな世界を表出します。一方,大柳はあらかじめ色彩構成した画面に,フォントのように正確な数字を執拗に羅列して抽象的表現を生成します。
 この作風の異なる2人の作品ですが,表現の要素にこだわって展開する“構成的” ともいえる共通した特長をみることができます。こうした視点から,第4回天才アート企画展は『2人のコンポジション』と題して,土屋作品と大柳作品を展示しました。ぜひご高覧ください。

※天才アートKYOTOのホームページ
※「土屋彰男と大柳憲一、2人のコンポジション。」の詳細

玄関ギャラリーの紹介

 西総合支援学校では,玄関ギャラリーを設置しています。
 このギャラリーは,卒業生の富田晃生さんの大変限定された「興味関心」「好きなこと」を活かした才能が,卒業後に開花し,アーティストとして活躍されるようになったことを知ってほしいという思いで設置されました,
 本校に在籍していた当時,作品作りのためにセロハンテープを大量に使うので,問題行動,無駄なこととして,止めさせようという意見が出たかもしれません。しかし,そんなことはなく,現在も制作しつづけています。そして今や作家として,天才アートKYOTOで活躍され,展覧会にも出品されるようになりました。
 また,こんな逸話があります。彼が最初にトイレに行きたいことを伝えようとした時,「とと」とつぶやいたそうです。わかりますか?「TOTO」です。ロゴというものを通じて,彼の世界は広がりました。すべてこのようにうまくいくとは思いませんが,可能性を秘めた貴重な芽を摘んでいないか,もう一度点検するのも大切かもしれません。
 子どもたちのさまざまな可能性を伸ばすことのできる西総合支援学校にしていきたいと思っています。

<<< 才能にあふれた逸材が
      すぐそばにいるかもしれません! >>>

※天才アートKYOTOのHP
画像1
画像2
画像3
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
7/18 小児科健康相談
7/19 サマースクール
スクールカウンセラー来校
7/20 サマースクール
全校15:20下校
7/23 サマースクール
給食終了
ボランティア養成講座
7/24 授業終了
全校集会
11:40下校

学校だより

お知らせ

教材・教具

学校評価

教育目標・教育課程構造図

案内資料

研究報告会

学校沿革史

学校案内

京都市立西総合支援学校
〒610-1101
京都市西京区大枝北沓掛町一丁目21-21
TEL:075-332-4275
FAX:075-331-9573
E-mail: nishi-y@edu.city.kyoto.jp