京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/12/12
本日:count up301
昨日:407
総数:489341
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

高等部2年生 伝統文化ユニット『着物着付け体験』(Smile)

 着付けの先生にお越しいただき,着物を着る体験をしました。着物を着るのに必要な服を説明していただき,一人ずつ着つけてもらいました。着慣れない着物にわくわくしながら着付けをしてもらい,全員が着付け終わる時には,「江戸時代やったらどんな職業かな?」「ほんまもんぽいなぁ」など話は尽きず,大盛り上がりでした。着物に合わせて草履をはいて,西念寺までお出かけもして,桂坂の紅葉も見て,季節の移り変わりも楽しみました。
画像1
画像2
画像3

学校祭文化の部 支援グッズを作成しました!

画像1
 「展示発表の案内図」,「文化の部スケジュール表」,「オン・ステージのセットリスト(スケジュール)」,「鑑賞中の絵カード」等を作成しました。
 コピーして使ったり、必要な個所を切り取って使っていただいたりしてもいいです。

※2018文化の部展示発表案内図
※2018文化の部舞台発表プログラムと鑑賞中の絵カード
※2018文化の部オンステージプログラム

構造化・PECSによる指導 子どもの変容紹介6

画像1
児童生徒:中学部女子
指導支援:フォーマルアセスメント・自立課題・PECSフェーズ4
変容:
 スケジュールは自分のノートに自主的に貼っている。PECSは以前から取り組んでいた。単語による独り言(?)やファンタジー語も多く,機能的コミュニケーションがとりにくい。スクールバスから教室までの移動に時間がかかる。少し登校しぶりも見受けられた。新しい人や事は慣れるのに時間がかかり注意が必要なため,教室での活動を中心に進める。
 PECS及びフォーマルアセスメントを実施。フェーズ4はすぐにクリア。本人なりの遊びが入ったりする。現在は,指導者や活動場所,トイレなどの写真カードをロッカーに貼り,それを指導者に出したり本人に示したりでコミュニケーションに使用している。
 学校が楽しく感じられているようで,ほとんど登校できている。学校での活動が積み重ねやすくなっている。表情も和やかな場面が多く,問いかけへの返事も頭を振ったりして表出できている。

構造化・PECSによる指導 子どもの変容紹介5

画像1
児童生徒:中学部男子
指導支援:スケジュール・自立課題・PECSフェーズ6(コメント)
変容;
 人のうるさい声が苦手で,周囲が本人の思いを推測できない時などには叫び声や大泣きが続き活動ができないことがあった。
 昨年度から,個別スケジュール及び絵や写真カードを使い,指導者側からも視覚支援を使って伝えるようにした。
 並行して,個別課題におけるワークシステム(課題を始めるときから終了するまで指導者の指示を受けなくてもやり遂げることができ,終了時に「できました」を指導者に報告する)で課題の目的や内容を修正し,自立度を向上させていった。また,プール学習が苦手であったが,視覚支援を使ってのスモールステップ指導で体調不良になることがかなり減ったというエピソードもある。
 PECSは抽出でフェーズ6:コメントに進んでいる。PECS4+にも取り組みつつあり,「サルが見えます」などは笑顔でタブレット端末を操作している。
 本人の生活状況が格段に落ち着き,楽しそうにしている。自分の要求が正確により細かく伝わることでストレスがなくなったからではないかと思われる。今後は体調不良(特に大便が出ない)時に,叫ぶのではなくPECSで自発的に伝えられるような取組を継続していきたい。

構造化・PECSによる指導 子どもの変容紹介4

画像1
児童生徒:中学部男子
指導支援:個別スケジュール・個別課題・PECSフェーズ4
変容:
 同じ単語(「あかん、あかん」「テープほしい、テープほしい」など)を何度も指導者を見ながら発し,天井を触ったり部屋のドアをジャンプして蹴る等の行動がある。
 個別スケジュールはロッカーに貼り,終わった活動を取る。1日の流れや見通しが持てている。スケジュールによって移動先も確実に理解し,自発的に行動したりする。机で学習する力は確実に伸び,朝の会ではスケジュールに従って一番先に席についている。休憩時間や放課後は好きな活動をカードで選び,造形活動でもいくつかの選択肢から選んで自分で進んで行う姿が見られる。
 好きな粘着テープや休憩コーナー,毛布・敷物の要求もPECSカードでできている。
 以前に比べ,本来の自分らしさが出せているように思える。指導者とはお互いに分かり合える時間が増えている。しかしその日によって体調の変化もあり,行動が安定しないこともある。体調を見ながらPECSフェーズ4をすすめ,本人がなるべく落ち着いて活動できる工夫を継続していきたい。

学校祭文化の部の作品展示が始まりました

 
画像1
画像2
画像3

平成31年度 西総合支援学校教員公募

学校祭文化の部が始まります

 11月12日(月)から,学校祭文化の部の作品展示が始まります。
 放課後に,校内の準備や作品展示の準備をしました。
 児童生徒の力作が校内に展示されます。

 ステージ発表は
 11月15日(木)の午前が小学部
    16日(金)の午前が中学部・高等部
           午後がオンステージです。
 
 児童生徒の発表や作品をご覧にお越しください。
画像1
画像2
画像3

中学部3年生 作品紹介

 中学部3年生の教室前廊下に展示されている作品です。学級やユニットで制作したそうです。
画像1
画像2
画像3

平成30年度 京都市立総合支援学校 4校合同研究発表会研究発表会のご案内(第二次案内)

画像1
 このたび,平成30年度 京都市立総合支援学校4校合同研究発表会を,来る平成31年1月 31日(木),2月1日(金)に開催することなりました。
 今回は,「社会に開かれた教育課程」の実践から,「新学習指導要領の未来像の提案へ〜多様な学びの場に応じるカリキュラム・マネジメント〜」を研究テーマとして掲げ,実践報告・研究協議を行います。京都市においてこれまで実践してきた「社会に開かれた教育課程」,「カリキュラム・マネジメント」,「授業改善」,「学校運営協議会」等の取組について,皆様方より多くのご意見・ご示唆をいただき,新学習指導要領の未来像を考える場になればと考えております。
 各教育委員会,各学校長におかれましては,本研究発表会の趣旨にご賛同いただき,先生方のご参加につきまして,ご配慮を賜りますようお願い申し上げます。

 詳しくは下記リンク,または,本ページ右側の「研究報告会等」から二次案内・参加申込書をご覧ください。

平成30年度京都市立総合支援学校4校合同研究発表会二次案内
4校合同研究発表会参加申込書

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
学校行事
11/12 教育実習
11/13 教育実習
11/14 教育実習
整形外科健康相談
11/15 学校祭文化の部
教育実習
11/16 学校祭文化の部
全校15:20下校
教育実習

学校だより

お知らせ

教材・教具

学校評価

教育目標・教育課程構造図

案内資料

研究報告会

学校沿革史

学校案内

京都市立西総合支援学校
〒610-1101
京都市西京区大枝北沓掛町一丁目21-21
TEL:075-332-4275
FAX:075-331-9573
E-mail: nishi-y@edu.city.kyoto.jp