京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/12/16
本日:count up212
昨日:86
総数:183610
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
カフェしゅうどうの今年の最終営業日は23日です。美味しいケーキと笑顔でお越しをお待ちしています。

総P連から京都市教育委員会と障害保健福祉推進室への要望書の提出

画像1画像2画像3
 8月7日,総P連(京都市立総合支援学校PTA連絡協議会)から京都市教育委員会と障害保健福祉推進室への表敬訪問を兼ねて,要望書の提出に行かれました。この取組は,総合支援学校8校のPTAが一丸となって,総合支援学校の教育の充実と卒業後の安心安全で生き生きとした就労・生活環境づくりを願って,毎年行なっている事業です。
 総合支援学校PTA連絡協議会会長の久保 江里子氏から,京都市教育委員会の春田 生涯学習部長へ,また障害保健福祉推進室の阪本 企画課長へ要望書が手渡され,限られた時間でしたが懇談が持たれました。日頃の総合支援学校へのご尽力や総P連事業へのご支援に対して謝意が伝えられるとともに,総合支援学校に通う児童生徒を取り巻く今日的課題の共有や,今年度の教育懇談会の進め方についても打合せをされました。

令和元年度 総P連委員総会 の開催

 5月18日(土),令和元年度の総合支援学校PTA連絡協議会(総P連)委員総会が開催され,新年度の役員の指名,活動計画の提案などが行なわれました。西総合支援学校の久保 江里子氏が総P連会長に就任され,各校からの役員・理事と心を合わせて新しいスタートを切ります。年間を通して,教育委員会や保健福祉局との教育懇談会,PTAフェスティバル「はぐくみ情報コーナー」での市民啓発など,多くの活動が予定されています。公私ともにお忙しい中ですが,総合支援学校8校に通う児童生徒すべての幸せを願って,総P連の活動を進めていただきますようお願いいたします。
 写真は,今年度の役員・理事の皆さんです。
画像1

平成31年度 着任者紹介

画像1
 今年度本校に着任する管理職1名、教職員8名を紹介します。昨年度から継続して勤める教職員とあわせて47名、日頃から対話と協調に努め、107人の生徒の成長を支え、見守ってまいります。生徒の皆さん,保護者,地域,関係機関の皆さん,どうぞよろしくお願いいたします。



管理職
副教頭   早崎 純一   北総合支援学校より昇任

教職員
教 諭   矢萩 薫子   北総合支援学校より転任
教 諭   木村 遥    北合支援学校より転任
教 諭   板野 裕子   呉竹総合支援学校より転任
教 諭   井澤 典之   呉竹総合支援学校より転任
教 諭   梅木 春伸   東総合支援学校より着任
教 諭   猪飼 卓也   新規採用(東山総合より)
教 諭   吉田 伶奈   新規採用
養護教諭  石丸 美津子  呉竹総合支援学校より転任

平成31年度 ごあいさつ

画像1
 桜の開花宣言とともに若草が萌え立ち、やわらかな春風が頬をくすぐる4月を迎えました。
 今年度も引き続きまして東山総合支援学校の校長を務めさせていただきます 田邉 滋人でございます。
 昨年度は、修道自治連合会、社会福祉協議会をはじめとする地域の皆様をはじめ、行政、産業、福祉関係の多くの皆様にご協力とご支援をいただき、本校教育の軸である地域協働活動がさらに充実した1年間でございました。開校から3年を数え、既に100名以上の卒業生を社会に送り出し、昨年度も31名の卒業生が、多方面の企業や事業所へと夢と希望を抱いて羽ばたいていきました。あらためまして、お世話になりました皆様に心よりお礼を申しあげます。

 昨年度より、「人とともに 地域とともに 歴史とともに」を、主題として取り上げ、本校の教育実践の象徴として相応しい教育目標を掲げました。

 人と共に 心を磨き
 地域と共に 笑顔を育てる
 歴史と共に 未来を見つめ
 新しい世界で活きる人才を育てる
(新しい世界で活きる新しい自分を探す)

 新しい元号が発表され、時代はさらに動いていこうとしています。例えば「Society(ソサエティ)5.0」、日本が提唱する未来社会のコンセプトです。生徒の皆さんがこれから生きていく社会は、インターネットですべての人とモノがつながり、様々な知識や情報が共有され、AI(人工知能)によってそれらが必要な時に提供される時代になっていきます。一人一人が快適な暮らせる社会を目指すということですが、同時に人工知能やロボットにより、人間がやってきた多くの仕事がとって代わられるとも言われています。
 そんな新しい社会の中でも決して変わらないものがあります。学校教育目標に掲げる、人として、人ならではの生き方を育むことの大切さです。
 まず根っこに、道徳性の涵養とともに、人を大切にし、人に感謝し、人を慈しみ、人を支えられるような豊かな人間性の形成をおきます。その上で「地域総合科」という学科名が示すように、専門教科「地域コミュニケーション」を教育課程の軸におき、地域の様々な方々との協働を通して、「ありがとう」「おかげさまで」という絆を通した自己肯定感の醸成、自分の良さを見つけていきます。「笑顔」はその最たる象徴です。その上で、京都の町衆の教育に対する熱い思い、京都市の総合育成支援教育の百年以上の熱い先人の志、常に新しい挑戦を続けてきた京都の産業界の息吹の後押しを受けて、企業等への就労という新しい世界での才能の発揮を通して、かけがえのない未来をかたち作っていくことを目指そうとするものです。

 地域、企業、関係機関の皆様におかれましては、引き続きまして、東山総合支援学校へのご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げ、年度当初のごあいさつとさせていただきます。

               平成31年4月1日
               京都市立東山総合支援学校
               校長 田邉 滋人

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
9月
9/23 秋分の日
9/24 中3オープンキャンパス ケース懇談会
9/25 企業向け学校見学会 ケース懇談会 部活動
9/26 ケース懇談会 LHR 地域集団診断
9/27 ケース懇談会 SC来校日 (養正)健康教室 部活動
京都市立東山総合支援学校
〒605-0932
京都市東山区妙法院前側町441
TEL:075-561-3373
FAX:075-561-3383
E-mail: higashiyama-y@edu.city.kyoto.jp