京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/03/14
本日:count up62
昨日:140
総数:293597
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

「1つの大きな節目です!」

 10月5日(金)は前期終了式・表彰が行われました。10月9日(月)には後期始業式・全国障害者スポーツ大会激励式が行われました。
 
 後期終了式での校長先生の話では,
「……今が,1つの大きな節目の時期です。半年間の学校生活をしっかり振り返ってほしいと思います。校内の大きな行事として,研修旅行・陸上記録会・学校祭がありました。
6月18日には,大阪北部地震が起こりました。7月5・6日集中豪雨で,本校も避難所になりました。9月30日は台風が接近して,グラウンドの木が傾き,福ノ川農園の木3本が倒れたので,切りました。
 普通にできていることが有難いことです。災害が起こると,学校に行きたくても行けない人もたくさんいました。毎日,当たり前にできていることが大切ではないでしょうか?
 学校生活や実習に,どんな気持ちで取り組んでいるでしょうか?目標を持って取り組むことで,1日ではできなくても,何日も続けているとできることがたくさんあります。失敗をした人もたくさんいます。家・学校・社会の中での言動を,しっかり振り返って,目標を持って,今後も頑張ってほしいと思います。」とありました。

 後期始業式では,終了式の話をうけて,校長先生から「後期の目標を尋ねたら,言えますか?(中略)今年ノーベル賞を受賞した一人に,白河の近くの京都大学の本庶 佑さんおられます。本庶さんがいつも言っておられる『有志竟成(ゆうしきょうせい)』という言葉があります。この言葉は,『難しいようだが,しっかりと信念・思いを持っていけば,いつかは実現できる』という意味です。皆さんも,白河に入学する時,就労して社会で役にたちたいという思いを持って,入学してきたと思います。その願いを毎日意識して,毎日の学校生活に臨んでほしいと思います」というお話がありました。

 あっという間に,月日は過ぎていきます。「今年度は,〇○をがんばりました!」「□□に気づき,実行しました!」と自信を持って言えるように,がんばっていきましょう!

写真上:今回は、1年生が会場設営当番です
写真下:校長先生のお話

画像1
画像2
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
学校行事
3/20 喫茶終了
3/22 修了式(皆勤賞表彰含む)  生徒集会  大掃除  11時45分下校
京都市立白河総合支援学校
〒606-8321
京都市左京区岡崎東福ノ川町9−2
TEL:075-771-5510
FAX:075-771-5169
E-mail: shirakawa-y@edu.city.kyoto.jp