京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/08/03
本日:count up28
昨日:42
総数:267681
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

第24回 デュアルシステム推進ネットワーク会議

画像1
画像2
画像3
 2月14日(水)第24回デュアルシステム推進NW会議が行われました。今回は,株式会社島津製作所を会場として,企業・行政・学校関係者の50名余りの参加がありました。今回は「障害者雇用:雇用継続のための工夫」をテーマに,島津製作所に勤務している卒業生の働く姿を紹介していただきました。勤務して3年が過ぎようとしている卒業生ですが,実習の時から少しずつ仕事を覚え,いろいろな仕事にチャレンジしていることを,本人と,現場でご指導いただいている職員の方から,お話をしていただき「今は会社の戦力としてがんばってもらっている」と嬉しい評価を頂きました。
 また,京都障害者就業・生活支援センターからは,「働く生活を支える社会資源の紹介」と題して,日常生活自立支援事業や成年後見制度についてのお話を頂きました。障害のある当事者だけでなく,雇用する企業にもいろいろな支援があることがわかり,今後の雇用の広がりにも繋がる情報を得ることができました。
 お忙しい中,ご協力いただいた島津製作所様,お集まりいただいた皆様,本当にありがとうございました。来年度もどうぞ宜しく願い致します。

2月9日(金) 避難訓練を行いました。

 本日は,午前中に避難訓練を行いました。
通常の授業での参観日,学校には,保護者だけでなく,体操教室に参加されている皆さん,食品加工で共に学習している錦林小学校ゆめいろ学級の児童とその保護者や先生,交流農園に参加されている地域の皆さん等,多くの方が在校中でした。
 地域の方や小学生を生徒や先生が誘導し,無事に体育館に避難できました。
 生徒達の振返りでは,「地域の高齢の方の歩く速度に合わせて,歩きました」等,地域の方をいたわる気持ちを言っていました。また,体操教室や交流農園に参加された方々からは「参加させてもらってよかった」「生徒さんが,声をかけてくれた」「また,参加したい」等の感想を頂きました。

画像1
画像2
画像3

2月6日 お昼の喫茶ミルキーウエィ

 体操教室終了後の地域の方、情報印刷のワークショップ参加後の方等、沢山利用して頂いています。
画像1
画像2

ワークショップ その2

写真上:畳の上でくつろいている乳幼児さん
写真中:作業に入りました
写真下:参加者の目線に合わせて、話しています
画像1
画像2
画像3

ワークショップ 実施しました!

 2月6日に錦林児童館の乳幼児教室に参加されている方を対象に情報印刷の3年生がワークショップを行いました。オリジナルのレターセットを作るためのイラスト描きと封筒作りを行いました。楽しい雰囲気を出せるよう笑顔で接し,写真を撮ったり,希望を聞くなどできていました。
申し込んでいただいた人数より当日は沢山参加されましたが,事前準備等もしていたおかげで,落ち着いて対応ができていました。最後には,予定していなかった手遊びを生徒だけで行い,今まで行ってきた交流の経験を活かすこともできました。さすが3年生という姿を見せてくれました。また,地域の方との交流を深め,「楽しかった」とも言っていただけました。書いていただいたイラストをもとに,レターセットを作成し納品予定です。

写真上:準備中
写真中:開催場所の前に。生徒が作成しました。
写真下:説明中
画像1
画像2
画像3

2月6日 リソース活用(農園芸)

今日から2日間,東総合支援学校から高等部1年生6名が,本校農園芸の学習に参加します。

お互いによい緊張感を持ちながら作業しました。寒い中での作業でしたが,きびきびと作業していました。

この2日間の学習をとおして働く喜びや楽しさ,やりがいを見つけられたらいいですね。
画像1画像2

第15回アビリンピック京都大会 その2

画像1
画像2
画像3
アビリンピック京都大会では,13の種目で競技が行われました。本校からは4つの競技に参加しましたが,専門教科にかかわる競技だけでなく,いろいろなところでチャレンジしたいという生徒が専門教科を超えてエントリーをしています。
来年も,たくさんの生徒がチャレンジしてくれるのを楽しみにしています。

写真 上 喫茶サービス競技
写真 中 販売実務競技
写真 下 パソコンデータ競技

第15回アビリンピック京都大会 その1

画像1
画像2
画像3
2月3日(土)京都府障害者高等技術専門校において,第15回アビリンピック京都大会が行われました。アビリンピックは,障害のある方が,日頃職場や学校で培った技能を競う大会で,本校からも,喫茶サービス,販売実務,パソコンデータ入力,オフィスアシスタントの4部門に合計15名の生徒が参加し,日頃の専門教科の学習で身に付けた職業スキルを発揮して競技に取り組みました。
その結果,
・オフィスアシスタント部門 金賞
・喫茶サービス部門     銀賞
・販売実務部門       銀賞
・パソコンデータ部門    銀賞
と,出場したすべての部門で優秀な成績を残すことができました。 

「丁寧に,正確に,スピーディーに,おもてなしの心で」と,日頃,白河の授業の中で大切にしていることがそのまま結果につながったと思います。
入賞した人も,そうでなかった人も,目標を持って自分にチャレンジしたことを自信にして,これからの学校生活を過ごしてください。
大会に向けての指導にご尽力いただいた学校支援ボランティアの中本さん,寒い中,応援に来ていただいた保護者の皆様,ありがとうございました。

写真 上 表彰式
写真 中 受賞者
写真 下 オフィスアシスタント競技


総P連と保健福祉局・子ども若者はぐくみ局との懇談会

 2月1日 総合支援学校PTA連絡協議会と保健福祉局・子ども若者はぐくみ局との懇談会が京都市役所内で行われました。
 医療的ケアが必要な生徒や重度重複障害のある生徒の生活や支援の場について,総合支援学校卒業生の就労支援や余暇支援について,災害対策・福祉避難所について,病弱児童生徒の関する関係機関の連携やネットワークについてなど障害のある児童生徒を取り巻く様々な課題について活発に話し合われました。
 各総合支援学校の代表として参加されている保護者の方からは現状や具体的な困り,また,このようになっていってほしいといった願いが話され,行政の方々もそれに丁寧に答えていただきました。
 実りのある懇談会となりました。
画像1
画像2

節句人形をいただきました

画像1
画像2
画像3
 1月30日,(一社)日本人形協会京都支部と京人形商工業協同組合との共同事業として節句人形が京都市に寄贈され受納式が京都市役所内で行われました。
 京都市に寄贈された節句人形は,本校に設置されました。
 格式のある,大変豪華な人形です。本校のマルチルームに飾らせていただきました。しばらくは御雛様も御兜もお披露目で飾り,その後,節句に合わせて飾らせていただきます。
 マルチルームでは地域の方の体操教室が行われたり,本校の茶道体験学習が行われています。本日も地域の方が体操教室に来られていて,「今はもう家では飾れなくなったので,このようなきれいな節句人形が見れてうれしい」と喜んでおられました。
 本校は,茶道,着物着付体験,能楽鑑賞等伝統文化を学習に取り入れています。
節句人形が生徒の文化を大切にしようとする心を育み,また,地域の方とのふれあいの機会となればと思っています。
 ご寄贈いただき,ありがとうございます。

写真上 マルチルームにお披露目
写真中 有職御雛親王飾り(ゆうそくおひなしんのうかざり)
写真下 五月人形兜平飾り二段(ごがつにんぎょうかぶとひらかざりにだん)
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
学校行事
2/15 2校時 3校時 1年茶道体験
5校時 3年薬物乱用防止教室(宇野薬剤師より)
2/16 オープンキャンパス(中2対象)
1年流通サービス
総教センターでの焼き菓子・パン販売(午後)
2/17 ゆうあいボーリング大会
2/19 ブロック集会
3年特別時間割開始
2/20 3年卒業前校外学習
1年能楽体験
SC来校 図書司書来校
2/21 3年きもの体験
学校保健委員会
京都市立白河総合支援学校
〒606-8321
京都市左京区岡崎東福ノ川町9−2
TEL:075-771-5510
FAX:075-771-5169
E-mail: shirakawa-y@edu.city.kyoto.jp