京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/12/11
本日:count up194
昨日:273
総数:431357
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

小学部 −学部集会を行いました−

 今日の学部集会は4年生が企画・運営を担当しました。3階のフロアーに「はなび」・「ぼんおどり」・「おばけやしき」・「げえむやさん」・「つり」の5つのコーナーをオープンすると児童たちは興味一杯に思い思いのコーナーへ行き,ゲームを楽しんだり,きれいなはなびを見たり,太鼓のリズムに乗って踊ったりと楽しく活動しました。

画像1
画像2
画像3

紅梅分教室 夏休み明けの児童生徒集会

 本日,紅梅分教室では夏休み明けの児童生徒集会を行いました。集会の中で校長先生から「まだ暑い日が続きますが,体調を崩さずに元気に登校してきてください。また,校外学習やあきぞらフェスタなど行事がありますので,頑張ってください」という話がありました。


画像1

児童生徒集会

 夏休みが終わり,今日から学校にたくさんの笑顔と元気な声が戻ってきました。
 2時間目に体育館で児童生徒集会を行いました。
 校長先生からは「みんなが元気に登校してくれてうれしいです。前期後半は中学部の修学旅行や宿泊学習,ふれあいコンサートなど大きな学校行事があります。楽しい学校生活になるよう頑張りましょう。」というお話がありました。
 その後,日本漢字能力検定や夏休み中に行われた卓球バレー大会・水泳大会の表彰,サンコンに参加した生徒からの感想,さらに各学部から1名ずつ「夏休みの思い出」を発表してもらいました。そして,最後に各委員会からの報告をしました。

画像1
画像2
画像3

第39回全京都障害者総合スポーツ大会『水泳大会の部』

 25日(日)に京都市障害者スポーツセンターで水泳大会が開催されました。
 本校からは高等部の生徒5名が,自由形25m,自由形50m,平泳ぎ25m,バタフライ25m,個人メドレーなどの種目からエントリーした競技に参加しました。
 競技ではスタートの合図が鳴ると生徒たちは,水しぶきを上げ力強いフォームで最後まで泳ぎきることができました。全力で泳ぐ生徒たちに,応援に来られた保護者や教職員の方々から声援が送られました。 
 それぞれの種目を泳ぎ切った後の生徒達の姿には,みんな達成感にあふれていました。
 成績は1つの金メダル,2つの銀メダル,2つの銅メダルを獲得しました。おめでとうございます。

画像1
画像2
画像3

学校の様子3

 本日8月23日(金)は職員作業日です。
 月曜日から登校する子ども達の笑顔を思い浮かべながら,教職員全員で校内の清掃や安全点検,スクールバスのカーシートの調整,車いすの整備等行っています。
画像1
画像2
画像3

学校の様子2

屋上の農園で収穫したての野菜です!
担当の先生による手入れや水やりのおかげで,暑い夏の間も元気に育っています。



画像1
画像2
画像3

学校の様子1

画像1
画像2
北総合海中トンネル

学校の様子1

画像1
画像2
画像3
北総合海中トンネル!
 3階廊下の上に元気に泳ぐ大きなジンベイザメとマンタ,そして小さな魚たちです。これは,中学部の子どもたちの製作によるものです。この下を通るとその瞬間不思議と暑さを忘れます。来週からの子どもたちの登校を楽しみに待っています。

総合支援学校教員研修会

 本日8月20日(火)は総合支援学校教員研修会でした。「知的発達」「医療的ケアと重症児教育」「発達障害」「感覚障害」「姿勢・運動」「キャリア発達」「ICT活用教育」の7つの研究会に分かれ,北総合・西総合・呉竹総合・東総合・鳴滝総合・桃陽総合・東山総合を会場に,総合支援学校教員の専門性や実践力の向上を高める研修を行いました。
 本校は発達障害研究会の研修会場となり,約150名の教員が専門知識を深めました。オブザーバーとしてPTA本部役員の皆様にもご参加いただきました。ありがとうございました。
画像1
画像2
画像3

要望書を提出しました!

 8月7日(水)に,総P連から教育委員会と障害保健福祉推進室に要望書を提出しました。
 
 教育長宛には,以下の4点を最重点項目として要望書を提出しました。

1 子どもたちが,障害種別を超えて,互いに協力し合い,学び合いながら育っていけるような教育内容の充実。児童生徒数増加に伴う増収容対策等,教育環境の改善整備を進めること。
2 個に応じた教育が,個別の包括支援プランの実践を通して確実に高まるよう,意欲と情熱のある人材を確保し,専門性の育成のための学校支援を図ること。PT・OT・ST等の専門家の継続的な配置も図ること。
3 育支援センター充実のための条件整備を進めるとともに,地域の幼,小,中,高等学校等の自らの取組を更に進めるよう働きかけること。
4 地域社会で生活することを考えて,より積極的な交流及び共同学習を進める条件づくり・環境づくりに取り組むこと。放課後学習や余暇活動の充実にも取り組むこと。


 京都市長宛には,以下の4点を最重点項目として要望書を提出しました。

1 生涯にわたって地域で安心安全に生活していくための,雇用の拡大,福祉施策の拡充,生活環境の改善,整備を進めること。
2 医療的ケアを必要とする子どもや病弱の子どもも含め,すべての障害のある子どもが,社会参加・自立するための,雇用の促進と就労支援の拡充を進めること。
3 共生社会の実現に向けて,広域に渡る支援ネットワークの充実等,教育と福祉・労働等の諸機関の相談,支援,連携を一層強め,生涯にわたる支援の確実な実施に向けた取組を進めること。
4 非常災害時における障害のある子どもへの対応のあり方や支援体制整備を進めること。


 また,北総合支援学校PTAとしても,PTA会員の皆様から寄せられたご意見をもとに,福祉サービスや進路先の充実についてのこと,災害対策のこと,人材配置のこと,交流教育の充実のこと等を要望書として出させていただきました。

画像1
画像2
画像3
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

学校だより

月行事予定

研究発表会

学校評価

いじめ防止基本方針

お知らせ

学校経営方針

京都市立北総合支援学校
〒602-0074
京都市上京区堀川通寺之内上ル2丁目下天神町650−1
TEL:075-431-6636
FAX:075-414-1069
E-mail: kita-y@edu.city.kyoto.jp