京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/07/10
本日:count up16
昨日:182
総数:500535
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

教育委員会からのお知らせ

・LINEを通じた相談窓口「京(みやこ)SNS 相談」の9月30日までの相談期間継続について(5/7〜9/30)(←クリックでこども相談センターパトナのページへ)
・子どものストレスへの理解とご家庭での心のケアについて(←クリックでこども相談センターパトナのページへ)

紅梅分教室 授業の様子

 今週は学校が再開した第1段階として,午前中授業がスタートしました。紅梅分教室に通う生徒は,毎日元気に登校しています。
 4日(木)はユニット『好きなものをみつけよう』の学習でした。最初に物語の読み聞かせ。なかなか外に出られないので,絵本の世界でドライブに出発です。トンネルをくぐり,街や湖で見つけた宝箱を,開けていきました。手や腕を動かしスイッチを押して宝箱を開けることができました。宝箱の中の『梅の実』を触ったり香ったりすることで,手や口を動かし笑顔になり,感触や香りに対して自分の気持ちを表出することができていました。
画像1
画像2
画像3

給食シミュレーション・緊急時対応シミュレーション

画像1
画像2
画像3
 来週月曜日からの給食開始を目前に控え,教職員で「給食シミュレーション」と「緊急時対応シミュレーション」を行いました。
 「給食シミュレーション」では,準備から後片付けまでの流れや分担,座席配置,指導者の位置等を実際にシミュレートしながら確認しました。また,アレルギー対応食や特別食(初期食・中期食・後期食)等の配膳も実際に行い,正しく配膳できるようにダブルチェック体制も確認しました。さらに,教員も実際に特別食等を口に含み,摂食の際の注意点等も確認しました。今年は例年以上に衛生面の管理を厳重にし,席間を空ける等の感染症対策を実践していきます。
 「緊急時対応シミュレーション」は,給食時に食物を誤嚥し気道閉塞になった場合等を想定して,対応のシミュレーションをしました。実際に内線を使って保健室に連絡したり,AEDを使ったり,救急隊が到着するまでの心肺蘇生をしたりと,緊張感をもって取り組むことができました。

「給食 楽しみ!」

 来週6/8(月)から給食開始・13:20下校の準備期間第2段階が始まります。給食を心待ちにしている児童生徒が,給食室前の給食カレンダーを見て,気持ちをふくらませていました。
 給食に関してもできる限りの感染症対策をしていきます。給食室前には,給食カートを取りに来る際に密にならないように,足型を設定しました。
画像1画像2

マイクロバス運転手の紹介

画像1
 日頃よりスクールバス運行にご理解・ご協力をいただきありがとうございます。
 6月1日(月)より学校が再開され,1週間が過ぎようとしています。マイクロバス乗車の子ども達は乗降にも慣れ,落ち着いて座席に座り,車窓からの景色を楽しんでいる姿が見られます。そして,その子ども達の登校を支えてくださるマイクロバス運転手の皆さんをご紹介します。
 先日もお伝えしましたが,支援学校でスクールバス運行の経験ある方々です。各号車に添乗している教員と共に,安心・安全な運行に努めて参ります。よろしくお願い致します。

それぞれのペースで

 準備期間ではありますが,少しずつ通常の活動を始めています。保健室前には,各クラスの健康観察簿を出しにくる役割を頑張る児童生徒の姿がありました。
画像1
画像2

学校再開 2日目

画像1画像2画像3
 学校再開2日目を迎えました。
 スクールバスから下車する際,教員にアルコール消毒をしてもらう時,児童生徒は上手に手を広げてシュッとしてもらい,モミモミと手に広げていました。昨日の校長先生のお話にあった「みんなに守ってほしい4点」(マスクの着用・手洗いの励行・手指消毒・ソーシャルディスタンス)について,児童生徒も意識している様子がよく伝わってきます。
 学校再開と同時に気温が高い日が続いていて,環境の変化に身体が追い付いていない人も多いと思います。焦らず,ゆっくりと活動を始めています。

北総合支援学校 「学校沿革史」

 北総合支援学校は開校して17年目を迎えました。
 平成16年に京都市立養護学校の再編に伴って,歴史と伝統ある上京区西陣の成逸学区に開校しました。
 京都市立北総合支援学校沿革史につきましては,以下のリンクをクリックしてご覧ください。

          学校沿革史

紅梅分教室 授業再開

 今日から紅梅分教室も授業再開です

 生徒を病棟に迎えに行き,「今から学校に行くよ」と伝えると,笑顔になったり身体を動かしたりしてくれました。病棟を出て分教室へ向かう道でも,久しぶりに外の風を受け,声を出して喜んでいました。
 分教室に到着し,朝の準備が終わってから,校長先生のお話を聞きました。分教室でも4つのこと(「マスクの着用」「手洗いの励行」「手指消毒」「ソーシャルディスタンス」)を守って学習していきます。
 校長先生のお話の後,『朝の会』や『身体の学習』,『個別課題学習』を行いました。個別課題学習では,スイッチを使い音楽を鳴らしたり,タブレット端末でお話を進めて視聴したりしました。
画像1
画像2
画像3

学校再開 初日

 本日6/1(月)より学校が再開しました。準備期間で11:40下校ですが,児童生徒の笑顔や元気な声が久しぶりに学校に戻り,学校がとてもにぎやかになりました。
 児童生徒が登校するのは始業式・入学式以来ということで,朝には全校児童生徒がそれぞれの教室などで校長先生からのお話の動画を見ました。密を避けるために,タブレット端末やパソコン,テレビ等を使って,少人数で,人との間隔をとって視聴できるようにしました。
 校長先生は,みんなに守ってほしい4点,「マスクの着用」「手洗いの励行」「手指消毒」「ソーシャルディスタンス」について実演しながらお話をされました。視聴する児童生徒もしっかりと視線を向けて話に聞き入ったり,実演の真似をしたりしていました。
 その後,各学部では密を避けて,今後の見通しについての学習をしたり,感染症予防のための学習をしたりしました。
画像1
画像2
画像3

学校が始まりました

 新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う臨時休業が明け,本日6月1日より段階的に学校が再開されました。子どもたちの明るい声や笑顔,元気な姿が学校に戻り,教職員一同,心より嬉しく思っています。この日を待ち望んでいました。学校休業中,保護者の皆様におかれましては,子どもたちの健康管理はもとより,学校からの連絡対応や,家庭での学習や活動への支援に至るまで,多くのご協力をいただきました。あらためてお礼申し上げます。ありがとうございました。
 初日の今日は,まだ馴染めていない教室で,先生や新しい友達と顔をあわせました。今日からまた楽しい学校生活が始まります。子どもたちには,残りの10か月,1日1日を大切にして充実した毎日を過ごしましょう,そしてみんなが楽しい北総合にしましょうと話をしました。本当にそうあってほしいと願います。 
 さて,学校が再開され,一定これまでの日常が戻ってきたかのようにも見えますが,今回の新型コロナウィルス感染症に関しては,未だ解明されていないことも多く,今後の情勢については,予断を許さない状況です。感染を予防するワクチンや罹患時に使用する治療薬の開発などが急がれる中,それらの信頼できる対処方法が確立するまでの間は,感染を防止するために,これまでの生活スタイル(様式)を変える必要があると言われています。学校でも,新しい生活スタイル(様式)も踏まえながら,先日お配りした「北総合支援学校・分教室スタンダード」の通り,感染防止対策を講じていきます。保護者の皆様におかれましても,引き続き,ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お知らせ

学校だより

月行事予定

学校沿革史

学校経営方針

学校評価

いじめ防止基本方針

京都市立北総合支援学校
〒602-0074
京都市上京区堀川通寺之内上ル2丁目下天神町650−1
TEL:075-431-6636
FAX:075-414-1069
E-mail: kita-y@edu.city.kyoto.jp