京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/03/20
本日:count up7
昨日:34
総数:11958
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

平成30年度後期終業式

年間の締めくくり,本日(3月20日(水))平成30年度後期終業式を行いました。校歌斉唱の後,校長先生の挨拶があり,その中で終業式や始業式は一つの区切りであり,この区切りは惰性に流されることなく,今までのことを振り返ってみて,次につなげていくということです。この場にいる皆さんは無事に1年間を過ごし,そして頑張ってくれたことに対して「ありがとう」と言います。そして卒業式の日に4年生に贈った言葉を皆さんにも贈ります。と話されました

 「最後の勝利が本当の勝利」

 終業式の後は1月19日のマラソン大会で優勝,準優勝,3位の生徒に生徒会長から賞状が贈られれました。そして第25回京都府高等学校定時制通信制クロスカントリー大会で優勝した生徒に学校長から賞状が贈られました。

画像1
画像2
画像3

陸上部

3月18日(月)陸上部の女子生徒が瞬発力向上のための練習をしていました。この生徒は今年度(平成30年度)近畿大会や全国大会(全国インターハイ)に出場しました。次年度も多くの大会でいい結果が残せるよう顧問の指導の下で練習に励んでいます。。
画像1
画像2
画像3

学校評議員会開催

3月14日(木)3名の学校評議員の方にお越しいただき学校評議員会を開催しました。学校から平成30年度の本校で取り組んだ内容と31年度に取り組む内容を説明しました。また,平成30年度に実施した学校評価アンケートの結果と分析した内容も説明しました。
学校評議員の方からいろいろなアドバイスをいただき感謝すると同時に,これを今後の本校教育に活かしていけるよう努力してまいります。
 学校評議員3名の内1名の方が評議員会の内容をグラフィックファシリテーション(対話をビジュアル化して表現し,場の一体感を高める技法)で表現してくださいました。

学校評議員の皆様ありがとうございました。
画像1
画像2
画像3

4年生の卒業設計

画像1
3月1日(金)4年生(卒業生)の卒業設計の作品を展示しました。第71回卒業証書授与式に出席いただいた保護者の方に展示している作品を見ていただき,生徒たちが学んできた4年間の成果を感じていただきました。
画像2

第71回卒業証書授与式

3月1日(金)第71回卒業証書授与式を挙行しました。学校長から卒業生一人一人に卒業証書を渡された後,式辞を述べられました。

学校長式辞

今年の冬は、暖冬という予想の割には、寒さの厳しい日が続きました。でもここに来て、今までとはどこか違う空気感や時に耳にする小鳥のさえずりに、春の訪れを感じさせられる今日この頃です。毎年のことながら、この時期が来ると、心躍る期待感とともに、どこか一抹の名残惜しさに、複雑な思いになり、時の流れの早さをあらためて感じさせられます。
本日は、京都市教育委員会から、学校指導課牛田首席指導主事様、同じく谷口副主任指導主事様のご臨席を賜り、京都市立伏見工業高等学校夜間定時制課程第71回卒業証書授与式を挙行できますこと、厚く御礼申し上げます。ありがとうございます。
ただ今、卒業生ひとり一人に、卒業証書を授与いたしました。めでたくこの日を迎えた卒業生の皆さん、あらためて「卒業おめでとう」。また、保護者・ご家族をはじめご関係の皆様、今日まで卒業生を様々に支え続けていただきましたこと、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
4年前、30名の新入生が、この会場で入学式を迎えました。入学に至る経緯は、様々。中学校の先生や家族に勧められて受検した人。一度は別の学校へ進学したものの、思うように行かず、いろいろと考えた末、再度受検に挑戦した人。社会に出て働いていたが、高校だけは出ておいた方がいいと、熱心に言ってくれる人がいて、その思いに応えようと、受検を決意した人。いずれにしても、親身になってくれる周りの人達の思いを胸に、入試の倍率を勝ち越えて、見事合格し、入学を果たしたのでした。
それから4年。すべてが順調に今日の日を迎えられたということは、決してないと思います。いろいろな悩みや問題が起こり、「もう無理だ」、「もうやめよう」と思ったことの何度あったことか。でも、そのたびに、いろいろな人に助けてもらい、相談に乗ってもらって、最後まであきらめずに、続けてきたからこそ、頑張ってきたからこそ、今日の日があるのです。私自身も、皆さんの、いつにない晴れやかな表情を見て、感無量です。皆さんと一緒に過ごしたのは、一年足らずで、限られた時間の中での関わりでしたし、悲しい事もありましたが、それだけに、今、言葉にできないほどの思いで、胸が一杯です。ましてや、保護者やご家族の皆様、4年間一緒に過ごした担任の先生をはじめ教職員にとっては、どれほど今日の日を待ちわびたことか。卒業生の皆さんには、ぜひ、最後までやり抜いたという自信と誇りを持つと共に、自分の卒業をこんなに喜んでくれる人達がいることに感謝し、自らへの励みとして、次のステージへ勇気を持って進んで行ってください。
皆さんがこれから新しいスタートを切る、今年2019年は、どんな年か。日本では、あちらでもこちらでも「平成最後の〜」という言葉が飛び交っているとおり、今までの時代から新しい時代に大きく変わるかのような雰囲気を醸し出しています。2019年の予想を漢字一字で表す、その文字が圧倒的に「(あたらしい)の新」が多かったという話もうなずけます。またその一方で、世の中は予測不可能な時代とも言われています。人々が、これからの世の中がどうなっていくのかが見えないことに、何とも言えない不安を感じているのではないかと思うのです。そして、その不安を解消するために、「物事が新しく変わる」ことがイコール「良い方向に変わる」と期待しているのかもしれません。しかし、安易な判断は気を付けなければなりません。チルチルとミチルの主人公で有名なメーテルリンクの「青い鳥」のお話で、探していた青い鳥は、結局、自分たちの身近な所に居たというのは、みなさんよく御存じですね。あせってはならないのです。皆さんの真価が問われるのは、10年後、20年後、30年後です。その時にどうかです。まずは、「目の前の山を登る」ことに挑戦してください。挑戦し続けてください。そのためには、先ほど申し上げた「勇気」が必要です。「あきらめない勇気」です。
以前、お話した、NHK大河ドラマ「韋駄天」の主人公、「金栗四三(かなくり しそう)」という人物が、陸上競技界に打ち立てた、燦然と輝く偉大な記録、世界で最も遅いマラソン記録、54年8ヶ月6日5時間32分20秒3という記録も「あきらめない勇気」の結晶なのです。
最後に、私の好きな言葉を卒業生の皆さんへの、はなむけとして贈ります。「最後の勝利が本当の勝利」
卒業生の皆さんの前途が洋々であることを祈りつつ…

平成31年 3月 1日
                    京都市立伏見工業高等学校
                        校長 加藤 剛男

画像1
画像2
画像3

第71回卒業証書授与式を挙行いたします

3月1日(金)第71回卒業証書授与式を下記の通り挙行いたします。保護者の皆様におかれましてはぜひご出席いただき,教職員とともに巣立っていく卒業生を祝福していただきますようご案内申し上げます。

            記

日時 平成31年3月1日(金) 午後6時開式(受付は午後5時から)
場所 本校呉竹館 3階ホール

 保護者の皆様は午後5時40分までに式場でご着席ください。

画像1
画像2
画像3

3年生キャリア教育セミナー3

2月27日(水)3年生のキャリア教育セミナーを行いました。3回連続の講座で本日は第3回目,最終回です。凹凸フューチャーセンター共同代表の奥野美里氏を講師にお迎えし「自分のトリセツ(取扱説明書)Ver2.0」を作成するという内容で講演していただきました。本日は前回作成した自分のトリセツVer1.0をさらにグレードアップをするため,クラスの仲間から自分の良いところについて書きだしてもらいました。逆に自分から仲間の良いところを書き出したメモを渡しました。お互いにそうすることで自分では気づいていない一面を知ることができました。そして自分が自分のことを知って,それを仕事に活かせることができるようにと話されました。仕事をする上で結果を出すのには「能力と熱意と考え方」が必要である。その最も重要なことが「考え方」であり,この考え方にはプラス思考もあればマイナス思考もある。この考え方を少し変えてみたら違った見方や考え方が生まれ,マイナス思考からプラス思考に変わっていくと結ばれました。
画像1
画像2
画像3

3年生物理基礎(熱と仕事の関係)

2月22日(金)3年生物理基礎「仕事を熱に変換しよう」
3年生は物理基礎の授業で摩擦のある面上で物体を動かすと,物体がもっていた運動エネルギーが熱に変わることを学びました。本日はその学んだことを確認するため実験をしました。火きりきねを連続的に回転させて,摩擦で木くずの温度を上げていきます。木くずから煙が出てきたら息を吹きかけて火種をつくりました。このように運動(仕事)をすることによって熱が生まれるということを実際に経験しました。
画像1
画像2
画像3

1年「キャリア教育セミナー」

 2月21日(木)3・4時間目の時間を使い,1年生を対象にキャリア教育セミナーを行いました。今回は一般社団法人「Your choice」代表の織田真也先生に「オンラインゲームやLINEが,なぜ仕事の役に立つか」というテーマでご講演をいただきました。
 先生は終始生徒と対話をしながら講演を進められ,活発なやり取りがなされました。Your choiceという会社は「傷病や障害が理由で働けない」をなくす,ことを目指し実践をしておられます。
 講義の中でもアレルギーのために外出が出来ず,それでも在宅で働いておられる方とスカイプで交信する場面があり,織田先生が実践されている仕事の様子を垣間見ることが出来る講演となりました。
 生徒たちは様々な働き方があることを知り,それぞれが刺激を受けたと思います。自分の進路を決める様々なヒントが詰まった講演でした。織田先生お忙しい中ありがとうございました。

画像1
画像2

2年生化学の実験

2月21日(木)2年生化学基礎の実験「水溶液のなかまわけをしよう」で水溶液に指示薬を入れて,その水溶液が酸性かアルカリ性か中性かを調べる実験をしました。セルプレートを用いて試薬の入れる場所を考え,試薬を入れた場所に指示薬を垂らして色の変化と指標を比べて水溶液のなかまわけしました。

画像1
画像2
画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
京都市立伏見工業高等学校(定時制)
〒612-0011
京都市伏見区深草鈴塚町13
TEL:075-641-5121
FAX:075-641-5950
E-mail: fushimi@edu.city.kyoto.jp