京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/12/13
本日:count up272
昨日:359
総数:861019
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

GAP1 第2回

GAP1、2回目の授業が昨日と今日の5,6限目に行われました。今回の授業では、SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)とは何かを調べて発表しました。SDGsとは、2015年の国連総会において全会一致で採択された、地球環境や経済活動、人々の暮らしなどを持続可能とするために、すべての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画です。「誰も置去りにしない(Leaving no one left behind)」を共通の理念に、平等な教育、気候変動への対策など17分野で構成されています。
 まず、5限目では4人一組でグループになり、1グループにつき、SDGsの2分野についてIpadで調べ、その目標の意味する内容や設定された背景、必要とされる解決策についてまとめました。6限目では、前時にまとめた内容を発表し、他班の発表を聞くことでSDGsについての理解を深めました。発表のために作ったポスターは、みんなそれぞれわかりやすくポイントがまとめられ、発表を聞いていてもとてもわかりやすかったです。

画像1
画像2
画像3

市立高校強化部指定式

 4月22日(月)に、京都市立高校の強化部指定式が、在田正秀教育長のご臨席のもと、総合教育センターでありました。
 本校からは、女子バスケットボール部、体操部、ソフトテニス部の3部が強化指定を受け、各部顧問が、今年度の抱負と決意を表明しました。
 また、教育長からは激励の言葉がかけられ、主将たちは全国への思いをより強くしました。
 みなさんの応援をよろしくお願いします。
画像1画像2画像3

陸上部便り Vol.5

平成31年度 紫野高校陸上部 競技成績
○4月21日(日)
 第2回 京都陸上競技協会記録会
(西京極陸上競技場)

※終日晴天で、気温も25度前後と、最高気温も14度ぐらいだった先週と比べても絶好のコンディションでした。ただ短距離種目は向かい風に悩まされた時間もありました。
その中で出場した16名中半分の8名が自己新記録を更新し、冬季練習を順調に送れた人は、全員順調に伸びてきています。
次はいよいよ5月3日・4日の京都IH市内予選会です。どこの学校もこの大会に向けて全力で向かってきますので、なかなか厳しい戦いになるかもしれませんが、全力投球し、健全燃焼できるよう、あと数日しっかり練習し、しっかり調整します。


画像1
画像2

陸上部便り Vol.4

○4月20日(土)
 園田学園女子大学、凌風中学との合同練習会(於:紫野高校)

※4月20日(土)は園田学園女子大学と陸上部の方々と、学校に陸上部のない凌風中学の方に来校して頂き、合同練習を行いました。
 ウォーミングアップでは、今回で4回目になる渡邉孝浩先生(淀川工科高校教諭)夫妻にご来校頂き、リズムダンスを行いました。今回は明日が記録会ということもあり、ダンスは2曲でした。1曲目は時代にふさわしく、ゴールデンボンバーの「令和」で、相変わらず事前に細かく振付けを指導して頂いたので、みんな非常にスムーズに踊れました。そして2曲目はすっかり定番となった「ソーラン節」です。紫野高校としては4回目になるので、上級生はみんな渡邉先生のジョークにも上手く反応できるようになり、最初戸惑っていた新入生も、先生が緊張をほぐしてくださったこともあり、すぐに溶け込み、高いテンションで練習に入る事が出来ました。
その後は各種体力トレーニング、種目別練習を行いました。種目別練習で短距離パートとハードルパートは園田学園女子大学の学生に、中長距離パートは外部コーチで本校OBの山本玲緒奈さんにご指導いただき、砲丸パートは渡邊先生の弟の知則さん、円盤パートは渡邊先生の夫人の茜さんに、もう一度1人1人基本に戻りながら指導して頂き、各選手にとってはそれぞれ種目別で細かい技術指導を受けることが出来、3月に続き大変有意義な半日になりました。
紫野高校陸上部は、このようにたくさんのまわりの方々に支えられて毎日の活動を送れています。このような環境を「当たり前」と思わず、「感謝の気持ち」を持つことが出来る人が、強くなる人だと思います。支えて下さる多くの方々に、この場を借りて、厚く御礼を申し上げます。

画像1
画像2

カードゲーム「SDGs2030」

画像1
画像2
画像3
金曜6・7限は1年7組の「Academic Skills」(アカデミア科の総合的な探究の時間)の授業です。

先週は「持続可能な開発」(Sustainable Development:SD)について学んだのですが、本日(4月19日)は京都産業大学教授の佐藤賢一先生にお越しいただき、SDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)について、カードゲームを通じて学びました。

生徒たちは「時間」カードや「お金」カードを消費して「プロジェクト」をこなすのですが、そうすると「世界の状況」(経済・環境・社会の三項目の数値)がどんどん変動していき、その結果によってこなせるプロジェクトが変わってくる、という複雑な仕組みです。

自分たちの行動で世界が変動していく様子を実感できる、大変興味深いゲームでした。

生徒たちが「SDGs」と「学校の学び」や「自分達の興味・関心」を相互に結び付けて考えてくれれば嬉しいです。


軽音楽部が、昼休みに新歓ライブを行いました

 4月17日と18日の2日間にわたり、軽音楽部が新入生歓迎ライブを行いました。
2日間で5バンドが出演し、合計6曲を演奏しました。
 幸い天候にも恵まれ、多くの生徒が昼休みの中庭で演奏を楽しみました。
画像1

テニス部(男子) 関西大会出場決定

報告が遅くなりました。3月30日に小畑川公園テニスコートで行われた『京都ジュニアテニス選手権大会(U-18)』におきまして、シングルスで1名が第5位、ダブルスで1ペアが第4位に入賞、7月に大阪靭テニスセンターで行われる『関西ジュニアテニス選手権大会』の出場権を獲得しました。関西大会でも上位を狙います。

   ※写真は3月に行われた『長岡京ジュニア大会』優勝の記念写真

画像1

GAP1スタート

今日からむらさきのGAP(Global Action Program)が始まりました。
この授業では、「持続可能な社会の構築」をテーマに、様々な学習に取り組み、問題発見力・解決力や論理的思考力などを鍛えていきます。初回授業では、まず、「新聞紙タワー」を輪ゴムとハサミのみを使って、どうすればより高いタワーを作れるかグループで話し合い、協力して作りあげました。その後、「世界の現状を知るクイズ」や「持続可能な開発」の説明によく使われるゲームを通じて、事実に基づいて世界を見たり、持続可能な開発に必要なものの見方、考え方を学んだりしました。最後には、「持続可能な開発」の理念を世界に広めた、国連の「環境と開発に関する世界委員会」が1987年に発表した最終報告書の抜粋を読み、「持続可能な開発のために必要なことをグループで話し合いました。みんな真剣に文章を読み、考えている姿が印象的でした。

画像1
画像2
画像3

陸上部便り Vol.3

平成31年度 紫野高校陸上部 競技成績
○4月14日(日)
 第54回 京都府高等学校春季陸上競技大会
(丹波自然公園陸上競技場)

※前日は昼前から、立っていても汗が出るような陽気でしたが、この日は朝から曇って最高気温も14度ぐらいまでしか上がらず、途中からは雨も振り出し、特に短距離種目では「低温・雨・向かい風」という最悪のコンディションでした。
その中で女子砲丸投の小田嶋麗さん(3年・西賀茂中出身)が4週連続の自己新記録で決勝で4位に入賞し、京都IH市内予選を免除されて、府大会に出場出来ることが決定しました。女子円盤投の井原有貴子さん(3年・開睛中出身)も自己新記録でトップ8に残り、8位に入賞しました。それ以外の投てきパートは全員自己新、それ以外にもこのコンディションの中で何名かが自己新記録を更新したり、女子1600mリレーでは、従来のチームの記録を6秒近く更新するなど、冬季練習の成果が出てきました。

次は4月21日(日)の第2回京都陸協記録会に出場します。

画像1
画像2
画像3

今宮神社 やすらい祭り ボランティア

 4月14日(日)、地元、今宮神社のやすらい祭りに、ボランティアで生徒会から2名が参加しました。あいにくの雨模様でしたが、境内で案内役などをつとめてくれました。
 次は、GWに今宮祭りのボランティアと、能舞台フェスタの司会に、本校生徒が参加します。
画像1
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
学校行事
11/20 人権学習事前学習
11/24 3年校外模試(河合センタープレ)

学校評価

行事予定

校長室より

学事関係

保健部

お知らせ

学校いじめ防止基本方針

京都市立紫野高等学校
〒603-8231
京都市北区紫野大徳寺町22
TEL:075-491-0221
FAX:075-492-0968
E-mail: murasaki@edu.city.kyoto.jp