京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/12/07
本日:count up22
昨日:200
総数:566137
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

「私達の東山区−高校生が紹介する 東山車いす観光散策マップ」撮影協力

画像1画像2
10月22日(土)、東山区が制作する、観光客、特に海外から来られる方々に東山区の魅力を英語と日本語で紹介するビデオの撮影に、日吉ケ丘高校ESS部10名のメンバーが協力しました。プロのカメラマンの撮影に最初は緊張していましたが、生徒たちは、東山区で活躍されているさまざまな方々に笑顔でインタビューをおこなうことができました。
11月3日には、日吉ケ丘高校の「英語村」にて撮影をする予定になっています。このビデオは今年度中に東山区のHPにアップされる予定です。

市内の小学生が本校英語村で留学体験!

去る10月21日(金)の午後、京都市立開睛小学校4年生の皆さん総勢106名が、本校英語村(Hello Village)で留学体験(英語体験活動)に来校し、本校生徒やALT(外国語指導助手)と英語だけを使って楽しい時間を過ごしました。
Thank you very much for coming! We hope to see you soon!

本校英語村キャラクター「グロービー」

画像1
画像2
画像3

中学2年生対象「市立高校グローバルフェスタ2016」のご案内

画像1
昨年度に続き、「市立高校グローバルフェスタ2016」を今年度も開催します。日時は12月17日(土)13:30〜16:30、会場は西京高校です。このイベントは、京都市立中学校2年生を対象に、市立8校が、各高校の特色ある授業を体験してもらう授業を行い、高校での学びの魅力や自己の将来の生き方について考えてもらうきっかけにしてもらおうというものです。2つの学校の体験授業が選べますので、是非ご参加ください。

ちなみに、日吉ケ丘高校は「現役日吉ケ丘生と一緒に、英語を使って楽しいゲームをしよう!日吉ケ丘高校の英語の授業を一緒に体験しませんか?」というタイトルで実施します。英語を使って高校生と一緒に楽しく活動しましょう!

後日、ポスター等でもお知らせしますが、参加申し込みは11月22日(火)の16:00から開始します。インターネットでの申し込みとなります。詳細は、下記をクリックしてご確認ください。

【詳細はこちら】

選手権大会京都府予選リーグ(女子バレー)

画像1
画像2
画像3
10月23日に標記の大会が洛北高校にて行われました。

本校は洛北高校と塔南高校とのリーグ戦で、上位2チームが次の試合に進むことができます。


日吉ケ丘高校 0 − 2 洛北高校
日吉ケ丘高校 2 − 0 塔南高校

という結果で予選を2位通過できました。


10月30日に洛水高校にてCコート第2試合目に向陽高校と対戦します。
それに勝てば第5試合目に京都すばる高校と対戦します。


会場に来てくださった保護者の皆様、先生方ありがとうございました。
30日も良い結果が出せるように頑張りますので、引き続き応援宜しくお願いします。

一般市民対象アクティビティ第4弾「PUB QUIZ」のご案内

画像1画像2画像3
日吉ケ丘高等学校「英語村」(HELLO village)では、一般市民対象のアクティビティを3回実施してきました。1回目は5月14日(土)「CANADA DAY」、第2回目は7月2日(土)「AMERICA DAY」、第3回目は10月1日(土)「BRITISH DAY」でした。それぞれの国の都市紹介や国に関わるクイズで盛り上がったあと、ティータイムで更にコミュニケーションが進み、英会話を楽しむ充実したひと時となりました。参加していただいた皆様から大変喜んでいただき、第4弾を実施する運びとなりました。今回は、8月から本校で勤務するイギリス出身のALTが担当し,お茶とお菓子をいただきながら「PUB QUIZ」を楽しんでいただき,自然な形で英語が身に付く企画を考えています。
今まで同様、英語に興味のある方、楽しみながら英語を学びたい方、お時間があれば是非ご参加ください。詳しくは実施要項をご覧いただき、

【実施要項】

1. 入力フォームから申込む
2. 往復はがきで申込む

の何れかの方法でお申し込みください。心よりお待ちしています。

京都市立日吉ケ丘高等学校英語村事務局

キャリアゼミ「課題解決の取組み」中間報告会

画像1
画像2
画像3
2年次生の総合的な学習の時間「キャリアゼミ(Cゼミ)」では、6月より2つ目のテーマとして、「課題解決の取組み 〜主体的な学びを育む体験〜」という活動を行っています。これは、東山区唯一の公立高校である日吉ケ丘高校が、地元の東山区役所と三洋化成工業株式会社から出された課題を解決するためのアイディアを創造するというものです。

10月13日(木)、6月の第一課題提示から5回の授業内の活動と夏季休業中の自主活動(フィールドワーク等)の時間を使ってまとめてきた成果を、東山区役所および三洋化成工業株式会社からのそれぞれの課題提示者へ1次提案(中間報告)を行いました。1課題あたり6〜9つのグループ(5名で構成)が自分たちの創造したアイディアを披露しましたが、課題提示者の方からは、暖かい励ましを込めた評価をいただくとともに、まだまだ調査も考察も不十分な点を厳しく指摘していただき反省に繋がったことと思います。

この後、ここでいただいた評価をもとにしてより良い、より深いアイディアを創りだすため活動は続きます。11月末に最終プレゼンテーションを行う予定です。そこで東山区役所や三洋化成工業株式会社から「採用したい」と言っていただけるようなアイディアがでてくることを大いに期待したいと思います。

第2回パーラメンタリーディベート講習会兼PDA京都交流大会

10月8日(土)、平成28年度第2回パーラメンタリーディベート講習会兼PDA京都交流大会が日吉ケ丘高校英語村で実施されました。参加校は、嵯峨野・園部・紫野・西京・堀川・日吉ケ丘の6校から7チームでした。

1ラウンド目のテーマは、"We should accept more foreign workers."(外国人労働者を増やすべきである。) 2ラウンド目のテーマは、"Boyfriends and girlfriends should split the bill."(恋人同士はデートの際割り勘がよい。) 身近な話題でもあり、なんとか聴衆を説得しようとかなり盛り上がりのあるディベートになりました。

午後のエキシビション出場者はすべての参加者の中から6名が選ばれ3人ずつのチームに分かれ、皆の前でディベートを行いました。日吉ケ丘高校の木村琳さんもメンバーに選ばれました。エキシビションディベートのお題は、"We should legalize euthanasia in Japan."(日本で安楽死を合法化すべきである。) "euthanasia"という英語自体を初めて目にした人も多かったようで発音に苦慮しながらも、それぞれの立場からしっかりと意見をいい白熱した議論になりました。

また、ベストディベータの一人に3年次生の坂埜玲奈さんが選ばれました。

この即興型ディベートの活動は、物事を多面的に見て、自分の意見を根拠をもってしっかり言うための大きなトレーニングにもなります。勝ち負けにこだわらず、楽しみながら参加してみる、ということが大切です。他の人の自分とは異なった意見、思いがけない意見も聞くことができ、一面的にしか見ることのできなかった物事を複数の視点から見ることができるようになり、世界が広がります。肩肘はらず、気軽に参加してみましょう!

画像1
画像2
画像3

KBS京都からの取材

10月11日(火)KBS京都テレビから本校の相撲部、剣道部を中心に部活動の取材が入りました。

KBS京都のスポーツニュース番組「京スポ」に高校・中学のスポーツに注目する新コーナー「なごみの部活に夢chu」が企画されており、その第1回目の取材先として日吉ケ丘高校の部活動が選ばれたのです。

日吉といえば、相撲、剣道が毎年インターハイにも出場している看板部活動ということで、キャスターを務めるKBSアナウンサーの海平和さんが、練習風景を取材し、部員の生徒たちとの交流やインタビューを行いました。

今回の放送予定日時は、10月27日(木)午後9時〜 です。

5分ほどのコーナーということですが、みなさんぜひ見てください!
画像1
画像2
画像3

White Horse Theatre 公演会

画像1画像2
10月5日(水)6限終了後、本校第2体育館内にて、英国のプロの劇団White Horse Theatreを招き、英語劇を鑑賞しました。2年次国際コミュニケーションコース70名と希望者80名の生徒たちは、いつしか台詞がすべて英語であることを忘れ、大胆な演技に見とれ、笑い、驚き、ドキドキしていた様子で、150人全員がしっかり楽しめました。公演後は役者さんたちと交流することもでき、皆で英語村に集まり楽しいひと時を過ごしました。

Presentation by a Swiss Student

Carina Suter, a student from Switzerland made a presentation about Switzerland to her class members in English in HELLO Village on October 5th. She talked about various topics such as geography, history, languages, food, and famous people to her classmates.

The students became more interested in Switzerland and would like to know more about it. She will make a presentation again to not only her classmates but to all students in Hiyoshigaoka High School soon. Don’t miss this wonderful opportunity and enjoy communication across the border

現在本校の2年2組に在籍しているスイスからの留学生、カリーナ・スーターさんが、HELLO Villageにてクラスの生徒を対象に、スイスについてのプレゼンテーションをしてくれました。カリーナさんの母語はドイツ語のスイス方言で、私たちには理解出来ないため、英語を用いて分かりやすく話してくれました。

内容はスイスの地理的特徴、歴史、言語、有名人、食べ物、と多岐に渡り、フランス、ドイツ、イタリア等の国々に囲まれているスイスでは複数の言語が使われていることや、テニス選手のフェデラー、ヒンギスなどの著名人もスイス出身であることなど、多くのことを知り、カリーナさんを通してスイスを身近に感じることが出来ました。

スイスのことをもっと知りたくなると共に、カリーナさんともっとお話をしたい、もっと聞きたい、という皆の気持ちに応え、今後もクラスの朝のホームルームや終礼を利用して、カリーナさんから学ぶ機会を作っていく予定です。また、全校生徒に呼びかけ、希望者を募って、もう一度スイスについてのプレゼンテーションをしてもらう予定です。

今後もHELLO Villageが言語と言語、国と国、人と人をつなぐ窓となり、皆さんが国境を越えてコミュニケーションをとってくれることを願っています。


画像1
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

行事予定

学校沿革史

中学生のみなさんへ

教務部より

学校より

災害時等の対応

HELLO Village(英語村)

京都市立日吉ヶ丘高等学校
〒605-0000
京都市東山区今熊野悲田院山町5-22
TEL:075-561-0710
FAX:075-551-9046
E-mail: hiyoshi@edu.city.kyoto.jp