京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/08/07
本日:count up10
昨日:158
総数:737503
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
★★★第1回学校説明会へのご参加ありがとうございました。第2回学校説明会の申込は8月下旬に本校HPにて開始します。★★★

ヌーサ高校3ヵ月留学へ出発しました。

8月2日,二年次生国際コミュニケーションコースの伊東さんと前田さんが、約3ヶ月間、本校姉妹校のオーストラリア ヌーサ高校への留学のため,日本を発ちました。昨年度末に研修旅行で訪れ、3週間過ごしたヌーサで、今回は現地高校の生徒として学びます。
日本ではできない様々な経験をしてくれることを願っています。
画像1

令和元年度文化祭・体育祭(一次案内)

 配布文書に令和元年度文化祭・体育祭のご案内(一次案内)をアップしました。詳細な日程については決定次第お知らせします。

令和元年度 第2回学校説明会および各種体験会のご案内

令和元年度の第2回学校説明会および各種体験会のご案内をさせていただきます。

午前中の体験会に参加を希望する場合は、「部活動体験会(2)」または「HELLO Village体験会(1)」のどちらかのみお申込みください。時間帯が重なっているため同時に参加することはできません。申込方法などの詳細は、各中学校を通してもお知らせいたします。

なお、参加申込は、8月27日(火)9時00分より受付を開始させていただきます。
「HELLO Village体験会(1)」については、会場の都合上、定員に達し次第、受付を締め切らせていただきますのでご注意ください。「HELLO Village体験会」は、第3回学校説明会(11月2日(土))の午前中にも実施する予定です。

多くの方のお申込みをお待ちしております。


9月21日(土)午前
部活動体験会(2)
(申込締切 9月5日(水)17時)

【部活動体験会(2)ご案内】
【Web申込フォーム(部活動体験会)】
【同意書(硬式野球部)】


9月21日(土)午前
「HELLO Village」体験会(1)
(申込締切 9月5日(水)17時)

【校内見学ツアー&「HELLO Village」体験会 ご案内】
【Web申込フォーム(「HELLO Village」体験会)】

9月21日(土)午後
第2回学校説明会
(申込締切 9月12日(木)17時)

【ご案内】
【Web申込フォーム(学校説明会)】


英語村小学生イベント「ENJOY 英語で楽しもう」(午後の部)

午後の部です。
画像1
画像2
画像3

英語村小学生イベント「ENJOY ENGLISH 英語で楽しもう」(午前の部)

7月29日(月)英語村において小学生向けイベント「ENJOY ENGLISH」が開催されました。このイベントは、小学生に英語で行われる様々なゲームに参加してもらい、自然に英語を身に着けてもらおうという企画です。普段は日吉ヶ丘の生徒で賑わう英語村も、この日は参加した80名以上の小学生の熱気に包まれました。
 まずイベントが始まる前に、本校ボランティア生徒がマジックを披露してくれました。少し緊張気味だった小学生たちも、このサプライズにすっかりリラックスできた様子でした。その後のオープニングセレモニーでは、英語村村長クリスの挨拶、ALTの紹介がありました。そして、本校留学生Maxによるアイスブレイクが行われ、小学生は近くにいる子と体を使ってアルファベットを作り、「身を以て」英語を表現することに!
身も心も準備万端となったところでグループに分かれ、次の四つのゲームに参加しました:コレクションゲーム(食材カードを集めて料理を完成させる)、アンケートクイズゲーム(様々なジャンルの人気順位に答える)、すごろくゲーム(双六しながら、好きなものを尋ねる)、ミステリーボックス(箱の中身を手で触り推理する)。各グループは、イベントの主役である小学生、リーダーとしてALT、その補佐として中学生と高校生のボランティアという構成。そして、そのグループを取り囲むように、わが子の活躍を少し心配そうな表情で見守る保護者の方々。
さて、いったんゲームが始まると、英語村のいたるところで参加者の歓声、拍手、笑い声が巻き起こり、イベントは一気にヒートアップ。最初は少し恥ずかしそうに話していた子も、自分が英語を話していることも忘れて、夢中になっていました。ゲームが進むにつれて、お互いに助け合うことで、グループ内に連帯感が生まれ、より多くの生きた会話が英語という言語を通して生まれました。
「ENJOY ENGLISH」は、その名の通り、英語で話す楽しさを小学生に届け、大盛況のうちに幕を閉じることができました。イベントの終わりには、ALTとボランティアの生徒が手をつないで作ったアーチの中を、まだ興奮の冷めやらぬ小学生たちが駆け抜けていきました。
このイベントにご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。そして、このイベントで活躍してくれたALTとボランティアの方々、お疲れ様でした。

On July 29th, we had an event for elementary school kids, ‘Enjoy English’, in which the kids join various activities and naturally learn English throughout the event. HELLO Village is usually lively with high-school students at Hiyoshigaoka, but was filled up with the enthusiasm of the elementary school kids today!
As a small pre-event, there was a magic show performed by volunteers from Hiyoshigaoka. This surprise present nicely helped the kids release mental tension and get relaxed! The event was then kicked off by the speech of Kris (the mayor of HELLO village) and the introductions of ALTs. As an ice breaking activity, Max (an international student at Hiyoshigaoka) gave them the task of making alphabets such as W and Q by their bodies. They naturally co-worked with other kids and literally made the body expressions of some English words!
At this point, they were ready enough in terms of both body and mind for the four main English activities: Collection Game (making foods by collecting ingredient-cards), Quiz Game (Answering high-rankers in various genres), Sugoroku (Asking favorites of others through Sugoroku), and Mystery Box (Touching something in the box only by hands and guessing what it is). Each group had 3 or 4 ALTs, junior- and high-school student volunteers, and about 10 elementary school kids, whose parents, with a shadow of anxiety, looked at their kids.
Once the activities started, HELLO Village was filled up with gales of laughter, shouts of joy, and a round of applause. While some kids were a bit shy at first, as the games heated up, they immersed themselves in it even without being aware of their speaking English! Also, as the event proceeded, the group members helped each other and showed the teamwork, leading to real conversations in English.
The time to say good-bye is always a bit sad. At the end of the event, ALTs and the student-volunteers held their hands for making small arches, and the school kids walked under the arches, saying good-bye.
We are really glad you enjoyed the event as the name ‘Enjoy English’ says!

画像1
画像2
画像3

第31回 京都市立高等学校書道作品展覧会「穂美月展」入賞!

画像1
画像2
画像3
7月10日から14日にかけて堀川御池ギャラリーにて「穂美月展」が行われました。趣向を凝らし、普段、授業やクラブの場で生徒たちが一生懸命に創った作品(掛軸・パネル等)が多数陳列されました。
そのような中で、本校の梅野衣里(3年)が校長会賞・西川樹(3年)が金賞・花本茉莉花(3年)が銀賞・丸尾日奈多(1年)が銅賞に輝きました。「より良い作品を」と日頃から粘り強く作品制作に取り組んだ成果だと感じます。これからも、日本の伝統文化である書道に親しみ、新たな魅力を発見・発信していきたいです。
保護者の皆様をはじめ多くの方々にご高覧頂き、ありがとうございました。

今熊野夏祭りに参加しました。

7月28日(日),元今熊野小学校で開催された今熊野夏祭りに本校のダンス部が参加,出演しました。非常に暑い日でしたが,会場には小さなお子さんからお年寄りまでたくさんの方がお見えになり夏祭りを楽しんでられました。本校生徒のダンス部ははつらつとしたダンスを披露,大きな拍手をいただきました。このような機会を与えていただき、ありがとうございました。
画像1
画像2
画像3

第1回学校説明会

画像1
画像2
 7月27日(土)、本校にて第1回学校説明会を行いました。約700名近い中学生・保護者の皆様にご参加いただきました。今年度はサテライト会場を含めた2会場での開催とさせていただきました。

 3つの時間帯で行った全体会は、放送部生徒による総合司会のもと、古池強志校長の挨拶につづき、制服紹介や生徒会執行部からの学校行事の説明等がありました。学校行事の紹介では、昨年度の文化祭の舞台発表における優秀作品の一部が上映されました。

 教員による、進学型単位制やコース、および選抜概要や進学実績についての説明をはさみ、後半は、本校英語村(HELLO Village)紹介やオーストラリア研修旅行の報告がありました。英語村のボランティアスタッフ「ハロコミ」による英語村の紹介では、2・3年次生4人が、自分たちで考えた英単語に関するクイズで会場を巻き込み、発表は大いに盛り上がりました。また、昨年度3月にオーストラリアでの約3週間の研修旅行を終えた2年次生による報告は、発表者6人による英語でのリレー形式の発表で、オーストラリアで学んだことを中心にさまざまなことを伝えました。

 それぞれの全体会終了後は、個別相談とともに英語村を開放し自由に見学をしていただきました。英語村では、吹奏楽部の演奏などが行われ、英語村の雰囲気を感じてもらえたことと思います。

 今回の学校説明会は、生徒が中心となった学校紹介が中心でしたが、来られた多くの方より「日吉ケ丘の生徒たちが生き生きと英語や日本語で学校の取組を紹介してくれてとてもよかった」という声をいただきました。少しでも多くの皆さんに日吉ケ丘高校の取組や魅力を知っていただけるとありがたいです。ご来場いただきました中学生・保護者の皆様、本当にありがとうございました。

 9月21日(土)に、第2回学校説明会を本校にて実施いたします。全体の説明会では、選抜要項の詳細な説明や英語面接のデモンストレーションを行う予定にしております。午前中には部活動体験会ならびに英語村『HELLO Village』体験会も実施します。詳しくは、8月下旬に本校Webサイト等でご案内いたします。多くの方々のご参加をお待ちしております。

第1回学校説明会につきまして

明日の第1回学校説明会につきまして、ご確認させていただきます。

(1)時間帯について

時間帯(1) 10:00〜11:00(受付9:30〜)
時間帯(2) 12:30〜13:30(受付12:00〜)
時間帯(3) 15:00〜16:00(受付14:30〜)

申込時の時間帯にお越しください。また、説明会は事前申込をされた方のみを対象にしています。今回申込をされていない方は、次回(9月21日)の第2回学校説明会へお申込みください。8月下旬ごろ、本校ホームページおよび各中学校を通してご案内いたします。

(2)上靴について
本校は2足制です。来校時は上靴および靴袋をお持ちいただきますようお願いいたします。

(3)台風等に対する非常措置について
台風等により午前7時現在で京都市(「京都南部」または「京都・亀岡」に「暴風警報」または「特別警報」が発表中の場合は、第1回学校説明会(すべての時間帯)を中止します。


それでは明日、生徒・教員ともにお待ちしております。

Parliamentary Debate Seminar

画像1
画像2
画像3
The first parliamentary debate seminar of the year was held at HELLO Village on July 15th. This time it consisted of two parts, one was a judging seminar for teachers and the other was a debate seminar and practice for high school students.

14 teams of 3 students each from 8 different schools participated in the seminar. Mr. Kawano was the speaker of the seminar and introduced the outline of parliamentary debate to the students, as well as what they should keep in mind while debating and how to judge.

From Hiyoshigaoka, three teams, one from each grade, participated. There were two debate matches, and the motions for each were, “We should prohibit minors from using smartphones.” and “Anonymous writing on the Internet should be prohibited.” The second–grade team won both times. They were so excited to have an exciting debate, thinking about each motion from various points of view logically.

To the students who haven’t experienced parliamentary debate, it seems a little difficult, but once they have done it, they find it is rewarding and stimulating their mind.

Here are some comments from the students.
“I really enjoyed it. I am happy we were able to win. It was good to think about how we can form our debate logically.” “It was a good opportunity to know the opinions of the other team and deepen our thoughts.” “I found that debate is not a quarrel but a game to persuade the audience.” “We would lose even if our English proficiency is high.” “You have to constantly express how important your opinion is, with efficient examples.”

We hope more students will be interested in parliamentary debate and enjoy it.

7月15日(月・祝),今年度第1回パーラメンタリーディベート講習会及び交流会が日吉ケ丘高等学校英語村で実施されました。今回は,午前中は,教員対象ジャッジ講習会,午後は,生徒対象のディベート講習会・交流会が実施されました。今回の講師の先生は,河野周先生で,非常にわかりやすくディベートのやり方,留意点,また,ジャッジの仕方について説明をしてくださいました。

午後の交流会では,8校から14チームの参加となり,2回対戦を行いました。1回目の論題は,「未成年のスマートフォン使用は禁止すべきだ。」 で,2回目の論題は,「インターネット上への匿名書込みは禁止すべきだ。」でした。

日吉ケ丘高校からは1年次生チーム,2年次生チーム,3年次生チームがそれぞれ1チームずつ出場し,2年次生チームは,2回戦とも勝つことができ,非常に充実した時間となったようです。ディベートというと堅苦しいイメージを持っている人も多いかもしれませんが,実際にこのパーラメンタリーディベートをやってみると,「難しいけど,楽しくてためになる」という感想がほとんどでした。

生徒からの感想抜粋です。
「すごく楽しかったです。やはり勝つとうれしい。構成をしっかり意識できたのでよかったです。また,これほどたくさんの人々に会えたこともうれしいです。」「実践してみて相手の意見を聞いているうちに自分の意見をもっと深めることができた。このような他の人の意見が聞けるような機会がもっとあるといいなあと思った。」「口論,言い争いでなく,オーディエンスを説得する競技ということが分かった。」「英語能力で圧倒しただけでは,負けてしまうこと(が分かった。)」「自分の意見を述べる上で,いかにそれが重要なのかを伝えることが大切だと知りました。そのためにも,exampleとimportanceは常に意識しようと思いました。」

今後もより多くの生徒の皆さんがパーラメンタリーディベートに興味を持ち,楽しんで実践していくことを期待しています。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

行事予定

学校評価

教務部より

保健部より

学校より

京都市立日吉ケ丘高等学校
〒605-0000
京都市東山区今熊野悲田院山町5-22
TEL:075-561-4142
FAX:075-551-9046
E-mail: hiyoshi@edu.city.kyoto.jp