京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/01/20
本日:count up15
昨日:145
総数:296110
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
本校の教育内容や受験に関してご質問、ご相談があれば、現在の学年に関わらず、ご遠慮なく電話でお問い合わせください。

1月19日・20日 大学入試センター試験

画像1

 19日・20日は大学入試センター試験でした。

 今年度の本校生徒の試験会場は、京都大学。
 教員も激励に現地に行きました。
画像2

外務省のホームページに、本校での「外務省高校講座」の様子が掲載されました。

画像1
 外務省の高校講座は、昨年11月7日、穂運行の1年生を対象に開催しました。

 外務省より総合外交政策局の岡田 勝 外交政策調整官をお招きし、「外交はつまるところ人と人との関係 高校時代にやっておくべきこと、考えておくべきこと」というテーマでお話いただきました。

 講演のあと質疑応答の時間にはいくつも質問が出て、丁寧にお答えいただきました。また、終了後も本校生徒のために座談会にお付き合いいただき、生徒にとっては貴重な学びの時間となりました。

 
●当日の様子は本校ホームページ11月7日付け記事をご覧ください。


●ぜひ、外務省の「高校講座」のページをご覧ください。生徒の感想も掲載されています。

 こちらから→https://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/dpr/page23_00...


本校マルチホール前で、「2年日本画 風景写生と模写展」開催中

画像1
 本校記念棟2Fマルチホール前のオープンギャラリーで、日本画専攻2年生の風景写生と模写展を開催中です。

 それぞれの生徒2点の作品が展示されています。
画像2

京都市域に「インフルエンザ警報」発令中です。

画像1

 年明けから、本校でもインフルエンザに罹患した生徒が出ています。すでにホームルームや「保健だより」などで、インフルエンザ予防の指導をしてきていますが、あらためて注意を呼びかけています。

 ・手洗い、うがいの励行
 ・マスク着用
 ・十分な睡眠、栄養を心がけ、体力を保持
 ・発熱のある時は、早めに医療機関を受診する。登校を控える。

3年「実習B」2講座がApple京都で、セッションを体験。タブレットiPadと音楽制作ソフトを使ったワークショップに取り組みました。

画像1
画像2
画像3
 京都に新しくできたApple京都のご協力で、3年アートフロンティアコース「実習B」の「パフォーミングア−ツ・映像・iPad」講座と、「アートブック」講座の生徒が、Apple京都のストアで特別ワークショップに取り組みました。

 「パフォーミングア−ツ・映像・iPad」講座では、身体を使い芸術表現について学び、iPadで撮影・編集し、映像メディア表現の特性を活かした表現、作品制作を行っています。また「アートブック」講座では、多種多様な素材や技法を学び、物語や表現の工夫を凝らして世界で一冊だけの本を制作中です。

 今回、音楽制作アプリ「Garage Band」を活用し、オリジナルサウンドを制作しました。生徒は集中して、オリジナルサウンドの制作に取り組み、iPad・アプリの特性を生かした表現活動を行いました。

 この学びをもとに、このあとの授業で「パフォーミングア−ツ・映像・iPad」講座では映像に挿入するサウンド制作、「アートブック」講座では、制作したアートブックからインスピレーションを受けその印象を音で表現する課題に取り組みます。

3年「表現演習」E講座で取り組んだ介護施設でのアートワークショップ 作品を施設内に飾っていただいています。

画像1
 3年生「表現演習」E講座では、11月の末に介護施設である京都東山老年サナトリウムでアートのワークショップを行いました。事前学習として芸術療法について学習をしたり、下絵を描いて大きな布を染めました。また、入所者の方がアートを楽しむために必要なものを検討し、様々な道具や色を付ける際の型などを制作して丁寧に準備しました。当日は、多くの入所者の方々が参加され、生徒ともにワークショップを行いました。入所者の方にもとても喜んでいただきました。

 東山サナトリウムでは、完成した作品をぜひ施設内に展示して、入所者の方だけでなく多くの方に見てもらえるよう検討していただき、正面玄関から比較的近い場所で、ご家族や他の訪問者にも観ていただけるようにしていただきました。

 生徒がアートを通じて社会とつながるという課題に一所懸命取り組み、達成した成果をこのように大切に紹介していただき感謝しております。

 

●準備の様子、当日の様子は、このホームページの10月29日付、11月21日付、12月7日付記事をご覧ください。

第2回収蔵作品展(校内) 開催中

画像1
画像2
画像3
 本校では、本校を卒業された作家の方々、本校ゆかりの方々から貴重な作品を寄贈していただき収蔵しています。その収蔵作品を鑑賞する機会として毎年収蔵作品展を開催しています。

 今年度第1回は、京都市の明治維新150年記念事業の一環として特別に校外の堀川御池ギャラリーで開催し、多くの市民の方々にもご観覧いただきました。

 第2回は、校内の展示室での開催ではありますが、収蔵作品の中から日本画、洋画、彫刻、漆芸、陶芸、染織の作品18点を展示しています。

 鑑賞時間は昼休みとなっていますが、開催中、本校の各専攻教員がギャラリートークを行い、作品や作家の紹介、解説をしています。

 2日目の本日も、たくさんの生徒が鑑賞し、熱心にギャラリートークを聴いていました。

 
写真上 開催案内
  中 彫刻作品のギャラリートーク
  下 漆芸作品のギャラリートーク

16日(水)京都市立東山泉小中学校の8年生が「高校訪問」

画像1
 16日(水)、京都市立東山泉小中学校の8年生(中学2年生)6名が、「高校訪問」という取り組みで、本校を訪問してくれました。

 教頭より学校の概要を説明した後、本校の施設を見学してもらいました。キャリア意識向上、進路選択の一助になれば幸いです。

16日(水) 3年センター入試直前説明会

画像1
画像2
画像3
 16日(水)「第3回3年生センター入試説明会」が行いました。センター入試を志願したアートパイオニアコースの生徒対象に受験前最終の注意事項などを確認し、指導しました。冒頭、校長が、GReeeenの曲「扉」を使って作った自作の映像を披露し、激励しました。

 いよいよ明後日から2日間、センター入試です。体調管理には十分注意をして、精いっぱい力を発揮してほしいと願っています。


写真上 校長から
  中 校長作の映像
  下 進路指導主事から

1年専門科目「表現基礎1」 学校の中で「光と影」を見つけ色彩で構成する

画像1
画像2
画像3
 1年専門科目「表現基礎1」では、「学校の中で『光と影』を見つけ色彩で構成する」という課題に取り組んでいます。

 生徒は、それぞれ校内で「光と影」を見つけ、タブレットiPadで撮影をしてきています。それぞれの場所をよく観察・抽象化して明暗の設計をたて、描いていきます。

 配色計画を立てるときにはiPad上で着色しながら検討し、計画ができれば画用紙に実際に絵具で着色していきます。紙に色鉛筆を使って配色計画を立てていたころと異なり、タブレッドiPadを活用するようになって課題制作がスムースになりました。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
行事予定
1/30 3年学年末考査1日目
1/31 3年学年末考査2日目
2年センター説明会(放課後)

学校評価

スクールガイダンス

お知らせ

書式ダウンロード

教員公募

学校経営方針

学校いじめ防止基本方針

生徒用iPad利用規程

進路状況

京都市立銅駝美術工芸高等学校
〒604-0902
京都市中京区土手町通竹屋町下る鉾田町542
TEL:075-211-4984
FAX:075-211-8994
E-mail: douda@edu.city.kyoto.jp