京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/12/17
本日:count up71
昨日:110
総数:291140
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
本校の教育内容や受験に関してご質問、ご相談があれば、現在の学年に関わらず、ご遠慮なく電話でお問い合わせください。

デザイン専攻3年生徒 第24回京都ときわライオンズクラブ「環境 現在と未来」環境保全高校生論文コンクールで「市長賞」受賞

画像1
 デザイン専攻では毎年、環境ポスター制作の振り返りとして環境に関する論文を書き、京都ときわライオンズクラブ主催の「環境保全高校生論文コンクール」に応募しています。

 今年度は、3年生1名が「主体的に改善しようとすることが最良」というテーマの論文で、「京都市長賞」を授賞し、10日(土)表彰式に参加しました。

 表彰式では論文を朗読し、地球温暖化について一人一人が意識的になるためにはどんな取組みができるのか、節電による「お得感」を感じられる提案など具体的なアイデアを発表しました。

11月10日(土) 本校PTA校外研修 「奈良いにしえのバスツアー wakuwakuと癒しの秋の一日」」

画像1
画像2
画像3
 11月10日(土) 本校PTA校外研修が実施されました。

 PTA校外研修担当の方が、早くからプランを検討しご準備いただいた秋の奈良散策。
 素晴らしい秋晴れの中、30名を超える会員の皆様のご参加がありました。平城宮跡は今年3がちに素晴らしい歴史公園として整備され、資料館も充実していました。昼食は窓から紅葉を眺めながらおいしくいただきました。大神神社は「大和一之宮」と称される立派な神社でした。室生寺では、秋の日の光に紅葉が映える中、平安時代からの国宝を見学しました。

 参加者の皆様お疲れ様でした。校外研修担当の役員の皆様、大変お世話になりありがとうございました。楽しい一日でした。


 京都駅八条口バスターミナル集合
 →平城宮跡見学、資料館
 →市内で昼食
 →大神神社
 →紅葉真っ盛りの室生寺
 →道の駅
 →京都駅八条口解散   

11月9日(月) ICT活用教育公開授業の様子 その3

画像1
画像2
画像3
●ICT活用教育公開授業の様子 その3


写真  保健 アプリKeynoteを使ってグループ発表
    情報 プログラミング
    数学 前回授業の板書確認
    実習 ファッションアート専攻 デザイン構想
    放課後の意見交換会 

11月9日(月) ICT活用教育公開授業の様子 その2

画像1
画像2
画像3
●ICT活用教育公開授業の様子 その2


写真  総合的な学習の時間「美術探求」
      アプリiTunesUを使って意見投稿
    現代社会
    家庭科
    英語

11月9日(月) ICT活用教育公開授業の様子

画像1
画像2
画像3
●ICT活用教育公開授業の様子 その1


写真上  数学 アプリを使ってグラフを描く
     体育 バレーボールのグループ練習を動画撮影
        グループで確認
     国語 古典文法
        グループ討議


11月9日(月) ICT活用教育公開授業 実施しました

画像1
 11月9日(金)「ICT活用教育公開授業」を開催しました。

 当日は、市立高校、教育委員会、大学教員、京都教師塾からご参加いただき、見学していただきました。授業計画・内容のにおいてICT機器もありましたが、主体的・対話的・協働的な学びを取り入れた授業も含めて公開しました。ICT機器活用としては生徒が入学時に購入したタブレットiPadを活用した授業、教室テレビを活用した授業がありました。

 昼休みには、アクティブラーニングルームで本校の授業の取り組み、ICT機器活用について参加していただいた方と意見交換を行いました。また放課後の時間を使って、本校のICT活用の取り組みについての紹介、参加者からのご意見、ご質問、ご講評いただいて意見交換をしました。


●ICT活用教育公開授業 当日冊子より

              ご挨拶

 現代は情報が溢れ、これから先、一層「VUCA」、Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)が増す社会になると言われています。そして、そのような社会で生きていくには、情報との関わり方を自ら考え、情報のもつ様々な特性を理解しながら主体的に活用していく力が不可欠となってきています。

 そのような中、文部科学省は、平成26年度(2014)「文部科学白書」の「ICTの活用の推進」という章立ての中で、教育におけるICTの活用が「子供たちの学習への興味・関心を高め、分かりやすい授業や子供たちの主体的・協働的な学び(いわゆる「アクティブ・ラーニング」)を実現する上で効果的であり、確かな学力の育成に資する」「一人一人の子供たちの能力や特性に応じた『個別学習』や、子供たちが教え合い学び合う『協働学習』の効果的な実施が可能」そして「特別な支援が必要な子供たちに対して、障害の状態や特性等に応じて活用することは、各教科や自立活動等の指導においても極めて有用」と示しました。

 本校では平成26年度に京都市教育委員会の「かがやきプラン(市立高校の特色ある教育実践への支援予算)」として、校内WiFi環境の整備、タブレット(iPad)40台を用いたICT活用教育のプランを立てました。京都市教育委員会の理解のもと、財政的措置が認められ、導入の運びとなり、平成27年度(2015)から、活用を始めました。
本校は、美術専門高校として、生徒が主体的に「観る・感じる・考える・表現する」ということを重視し、自らの手でモノを創り出すことが教育活動の中で大きな柱となっています。しかしながら、ICTの活用は、そのことと矛盾することではなく、普通教科も美術工芸科の専門教科も、主体的、協働的、深い学びへの授業改善に役立てること、生徒の特性に応じた学びへの支援につながる、授業以外の教育活動にも活用を進めることで学校の教育活動の効果と効率を高めることにつながるではないか。本校はそのような見通しを立て、以後3年間、ICT活用教育の推進を目的に「かがやきプラン」への事業予算を申請してきました。この間、保護者の理解を得て、入学時にタブレット(iPad)全員購入とし、BYODによる教育活動の展開、情報モラル教育の強化と、教員へのタブレットiPad貸与と活用指導力の向上に努めてきました。そして先進校への視察や校内研修を進めるとともにICT活用教育公開授業も3年間開催し、各方面からの指導、助言をいただいてきました。あらためて感謝申し上げます。

 ICTの活用はまだまだ途上であり、一層の研究と実践が必要であると考えております。今後とも教育関係者の皆様や産業界の皆様のご支援ご協力をよろしくお願いいたします。


平成30年(2018)11月
                    校長  吉田 功


平成31年度 教員公募 募集要項を発表しました。

画像1

 平成31年度教員公募募集要項を発表しました。


 募集期間は11月9日(金)〜11月22日(木)


募集要項はこちらから
http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/data/300407...

11月9日(金)「ICT活用教育公開授業」 開催 ご参加お待ちしております。

画像1
 すでに各方面にご案内をさせていただいておりますが、一昨年から開催してきた「ICT活用教育公開授業」を今年度も明日11月9日(金)に本校で開催します。

 お申込みされていなかった方で、当日限られた時間でもご参加をご希望の方は、ぜひお電話でお知らせのうえ、ご参加ください。
 ご参加いただける方は、本校教頭までお電話でお申し込みください。
 (075)211−4984

 
 どの時間帯にご来校いただいても結構です。
 
 当日タブレット(iPad)等のICT機器を使用しない授業も公開しています。


 
●ICT活用教育公開授業

1.授業見学(授業計画によりタブレットを活用しない授業もあります)
2.学校紹介・相談会
3.意見交換会
4.情報交換会


 開催案内
http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/data/300407...

 授業内容の概要
http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/data/300407...

 当日の時間割
http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/data/300407...
画像2

8日 後期生徒総会 開催

画像1
画像2
画像3
 11月8日(木)、後期生徒総会がありました。

 生徒会執行部より、前期の活動や行事の振返り、後期のこれからの行事に向けて報告されました。質疑応答の時間には、クラブ活動や文化祭について、生徒たちからの意見も出てきました。

 生徒総会は、生徒主体で銅駝のことをしっかり考える機会となりました。今後、執行部からの報告、生徒からの出た意見をよく検討し、さらに生徒会活動が充実、発展することを望みます。

 生徒総会の後には、8月に実施した震災復興支援のための宮城県被災地派遣の報告がありました。代表派遣生徒は、現地で感じた様々な思いや学びを全校生徒に報告し、学校全体で共有してくれました。


写真上 生徒総会 議案・資料
  中 生徒総会の様子
  下 宮城県被災地代表生徒派遣

2年専門科目「表現基礎2」 進路探索期間

画像1
画像2
画像3
 
 2年生の「表現基礎2」では、現在、進路探索期間として課題に取り組んでいます。

 この期間は、卒業後の進路先、受験志望先などを考えながら、それぞれの進路希望先の実技検査を意識した課題に取り組み、自分自身の進路についてしっかり考える期間となっています。

 教員が進路希望先の課題をふまえた異なる講座を用意し、生徒はそれぞれが選んだ講座で熱心に課題に取り組んでいます。この進路探索期間は2月にも設定しており、生徒の希望、適性などをよく見極め、担当教員が丁寧に導いていきます。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
行事予定
11/14 新3年コース科目選択仮登録締切
2年健康学習(LHR)
11/17 第16回Joint S&E Forum

学校評価

スクールガイダンス

お知らせ

書式ダウンロード

教員公募

学校経営方針

学校いじめ防止基本方針

生徒用iPad利用規程

進路状況

京都市立銅駝美術工芸高等学校
〒604-0902
京都市中京区土手町通竹屋町下る鉾田町542
TEL:075-211-4984
FAX:075-211-8994
E-mail: douda@edu.city.kyoto.jp