京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/07/20
本日:count up7
昨日:145
総数:260121
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
7月21日(土)〜8月7日(火)京都市明治150年関連事業「銅駝美術工芸高等学校 第2回所蔵作品展」を堀川御池ギャラリーで開催

平成30年度公立高等学校入学者選抜(2018年2月3月実施)に関する情報

画像1
 今年度平成30年度入学者選抜に関する情報は、京都市教育委員会のホームページに詳しい情報が掲載されています。

こちらから→http://www.city.kyoto.lg.jp/kyoiku/category/179...

 今年度中学3年生の皆さんが受験されるのは「平成31年度入学者選抜」です。

 本校の入学者選抜(前期選抜2月実施)に関する情報については、これからのオープンスクールや広報物等でご案内します。ご不明な点、お尋ねがありましたらご遠慮なく、随時本校にお問い合わせください。

TEL(075)211−4984

3年総合的な学習の時間「表現探求F」 講師招聘授業 「Re-Design〜身の回りのモノを再構築〜(プレゼンテーション能力をたかめるために)」 2回目その2

画像1
画像2
画像3
 3年アートフロンティアコースの総合的な学習の時間「表現探求F」2回目(つづき)

 
 「土足制だから校舎が汚れる問題」を取り上げたグループは,改善策として玄関にレッドカーペットっぽい足ふきマットを敷くことを提案。みんながしっかりと土を落として廊下を歩くようになる,玄関の作品展示スペースが美術館のようになり,美意識がUPして校内がきれいに保たれるとプレゼンしました。

 また「カルトンをきれいにしまえない問題」を取り上げたグループは,カルトン以外のものを棚に入れるため,きれいにしまえない課題に対して,カルトンケースの背表紙に絵画を描き,整理して収納すると1枚の絵が完成するという解決策を提案。講師の石山先生から,「どのグループもしっかりと課題を捉え,プロの仕事に近い改善策を提案しています。各グループのアイデアをつなぎ合わせ,銅駝の空間演出を考えるといいですね。」と講評していただきました。

 授業を終えた生徒たちは,「自分たちで問題点を見つけて改善策を考えるのが楽しかったです。ゲームの要素を入れることによって,人間は惹きつけられるようになることが分かりました。」「“行動のゲーム化”が問題解決もできて自然と楽しめて一石二鳥で,こういうデザインが増えてほしいなと思いました。楽しくてユーザーが自然と理想の動きをしてくれるって魔法のようだと思いました。美術の力ってスゴイ!」と,感想を述べていました。

 2回にわたり,ご指導いただきました石山潤先生には大変お世話になり,ありがとうございました。生徒たちは,今回学んだことを次の課題研究「京都市交通局・洛バスプロジェクト」につなげていきます。

3年総合的な学習の時間「表現探求F」 講師招聘授業 「Re-Design〜身の回りのモノを再構築〜(プレゼンテーション能力をたかめるために)」 2回目その1

画像1
画像2
画像3
 3年アートフロンティアコースの総合的な学習の時間「表現探求F」は、先週に引き続き,京都造形芸術大学アートリンクセンターより石山潤先生をお招きし、「Re-Design〜身の回りのモノを再構築〜(プレゼンテーション能力をたかめるために)」というテーマで講義とグループワークを行っていただきました。

 今週は,前回各自が校内調査した銅駝の課題について,優先度の高い課題をグループで1つに絞りこみ,デザインを変えることで,ユーザーの行動をゲーム化して課題を解決するグループワークに取り組みました。


写真 グループで課題についてディスカッションし、解決策を考察 

普通科科目の授業の様子

画像1
画像2
画像3
 普通科科目は、それぞれの単元やテーマにあわせて、多様な学習形態を取り入れています。

写真上 3年「現代文」 課題についてディスカッション
  中 3年「倫理」  映像教材
  下 2年「世界史」 世界遺産に関わるグループ学習の発表

3年 専門科目「表現演習」の様子 2

画像1
画像2
 3年生の「表現演習」の様子(つづき)

写真上 D講座
  下 E講座

3年 専門科目「表現演習」の様子 1

画像1
画像2
画像3
 3年生の「表現演習」では、1年次・2年次の「表現基礎1」「表現基礎2」で学んできた基礎実技力の上に、生徒各自の進路目標に応じた美術の課題に取り組みます。

 進路目標に応じて、
A講座「京都市立芸術大学」
B講座「国公立・私立大学の石膏・集合課題」
C講座「京都市立芸大以外の国公立大学、関東私立大学」
D講座「私立大学」
E講座「一般大学、専門学校、就職」
F講座「芸術学専攻」
というような講座に分けて、課題にじっくり向き合い、力をつけます。担当教員も一人一人の状況に合わせてきめ細かな指導を行います。

写真上 A講座
  中 B講座
  下 C講座

2年 専攻実習の様子

画像1
画像2
画像3
 本校では2年生から、1つに決定した専攻の実習が始まります。1年次に、「造形表現」という科目で、8分野の実習から3分野、2分野と選択していきながら、2年生に進級する前に専攻を決定します。

 2年生のカリキュラムでは、専攻の「実習1」が2時間続きで週3回設定されています。このホームページで、少しずつ専攻実習の様子を紹介します。


写真上 2年陶芸専攻  ろくろを使った実習
  中 2年漆芸専攻  動物を題材にした作品制作の下絵 iPadの活用
  下 2年日本画専攻 鶏を描く 

英語の授業 ALTとともに

画像1
画像2
画像3
 本稿は、月曜日、火曜日の英語の授業にALTが配置され、工夫した英語の学習が行われています。

 授業以外にも昼休みの時間を使って生徒と英会話をしたり、英語スピーチや短期留学に臨む生徒への支援ををしていただいています。

 廊下の掲示板にも英語のコーナーを作っていただきました。


写真上 1年の英語授業
  中 2年の英語授業
  下 廊下のコーナー

2018文化祭テーマ 募集 投票

画像1
 今年度の文化祭は、6月28日(木)29日(金)、その前に体育祭が5月18日(金)に開催予定です。

 毎年、4月末になると、今年度の文化祭テーマの募集があり、投票で決定します。「銅駝」の文字を入れながら、生徒の思いを込めたテーマ案が応募され、全員投票で決定されます。

 はたして今年はどんなテーマになるでしょうか?

中学生の皆さん 今年度のスクールガイダンス計画をまもなく広報します

画像1
画像2
画像3
 中学生の皆さん、保護者の皆様、本校ホームページにようこそ。

 本校のホームページでは、銅駝での高校生活の様子を知っていただこうと、平日はできるだけ毎日は記事を更新しています。ぜひ毎日アクセスしてください。

 すでに今年度のスクールガイダンスの日程のお問い合わせをいただいています。5月に入りましたら、年間の計画や第1回オープンスクールのご案内をさせていただきますので、今しばらくお待ちください。取り急ぎ第1回オープンスクールは下記に日時を予定しています。今年度は中学1年生から3年生対象の催し以外に、小学校5年生・6年生対象の催しも新設します。どうぞご期待ください。


●第1回オープンスクール

 6月2日(土) 実技講習会(3年生対象)
         チャレンジART(2年生対象)
 
 申し込みは5月中旬頃〜(詳細は後日)
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
行事予定
4/25 前期生徒会役員立会演説会(45分短縮)
4/27 団体鑑賞(短縮午前中授業)
4/28 新旧生徒会執行部各委員長研修会
4/29 昭和の日
4/30 振替休日
京都市立銅駝美術工芸高等学校
〒604-0902
京都市中京区土手町通竹屋町下る鉾田町542
TEL:075-211-4984
FAX:075-211-8994
E-mail: douda@edu.city.kyoto.jp