京都市立学校・幼稚園
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
進取の気性 Willingness to undertake new ventures and initiatives  敢為の気概 Willingness to undertake complications and risks  独創心 Willingness to display creativity and individuality

【SGH】2年生EPII「課題研究」の“ゼミ開き”を行いました!

 6月24日(金)6・7限,2年生の専門科目エンタープライズIIの「課題研究」で,ゼミ開きを行いました。
 今年度は8つのゼミを開講し,平均35名の生徒に対して,1講座当たり3〜4名の教員と2名のティーチングアシスタント(以下TAと略します)が,来年2月のグループ論文完成まで,それぞれの専門とする分野・領域を活用しながらサポートしていきます。
 
 まずは担当者の自己紹介やゼミの目標・活動予定の説明から今日のプログラムが始まりました。続いて生徒たちの1分間スピーチ,アイスブレーキング,昨年度のゼミで購入した書籍や先輩たちがまとめた論文集の閲覧,興味関心を掘り起し,そのありようを探るための「連想することばさがし」等を行ってその交流をする等,次回に向けての地ならしが中心となりました。

 いよいよ,仲間との「答えのない問いへの挑戦」への船出です。ディスカッションや資料探索をする中で,しんどいこともあれば,はっとするようなつながり・ひらめきの瞬間に出会うこともあると思います。この刺激的なひとときを,楽しみながら進めていって下さい。
 ガンバレ,13期生!

[本年度開講のゼミ](順不同)
 人文科学 (哲学・思想・文学)
 情報学  (情報・メディア・心理)
 社会科学 (社会学・地理・歴史)
 経済学  (経済・経営)
 国際学  (国際文化・政治)
 健康科学 (栄養・食・医薬)
 生命科学 (生物学・農学・化学)
 環境科学 (地球環境・工学)

[写真]
 1枚目 ゼミ活動の様子
 2枚目 あるゼミのスライド(一部)
画像1
画像2

2年生進路アセンブリを行いました!

画像1
 6月23日(木)7限,7階大講義室にて,2年生進路アセンブリを行いました。今回のアセンブリでは,進路部から『進路の手引き』が配布され,2年生として目標をもって学習を進めていくためのさまざまな情報を提供しました。

 初めに,進路部長の坂根先生から,『進路の手引き』の概要の説明がありました。「夢の実現に向けて」と副題のついたこの『進路の手引き』は,エンタープライジング科第1期生以来の伝統ある冊子で,前半には国公立大学の入試動向や入試方式,学部学科のガイダンス等のデータが,後半には卒業生からの合格体験記(新卒の11期生はもちろん,大学院生や社会人となった先輩たちのメッセージもあります)が載っています。有用なデータと先輩たちの思いの詰まったこの冊子を手に,生徒たちは真剣に聞き入っていました。
 次に,進路部久保先生から,「2年生の今 知っておいてほしいこと」と題して,今後の学習の流れや模試を受験する目的について説明していただきました。まず,学習に関してはとにかく積み残しのないようにすること,模試を受験する際にも既習事項が身についているかをきちんと確認することを改めて念押しし,また,模試において志望校を記入する際には,「どんな人生をおくるのか」といった社会に出てからのことまでイメージし,自分の可能性を広げながら,興味のある大学・学部を書くようにしようということを伝え,その上で,模試でしっかりと目標までの距離をはかろうという話をして下さいました。最後には,具体的なデータを示しながら,センター試験や2次試験に挑むにあたって鍵となる大切なことは何かということを話して下さいました。
 この進路アセンブリを通して,他の誰でもない「自分の事」として進路展望を生徒たち自身がしっかりと考え,悔いのないように力強く歩みを進めてほしいと思います。

【競技かるた部】京都府代表として全国大会に出場することが決まりました!

 6月25日(土)・26日(日)に洛南高校柔道場にて行われました,第38回全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会団体戦・京都府予選会において,本校競技かるた部が見事代表決定戦を制し,初の京都府代表の座を手にしました。
 初日は出場8校を4校ずつ2グループに分け,まずは予選リーグ1・2回戦が行われました。2日目は引き続き予選リーグ3回戦が行われ,午後からは各グループの上位2チームずつによって決勝トーナメントが行われました。接戦の中,2日間計5試合を全勝で終えることが出来ました。これも,応援して下さった方々,京都府かるた協会の皆様,また互いに切磋琢磨してきた仲間たちの支えの賜物であり,感謝に堪えません。
 創部から5年,勢いと団結力は日に日に強まっています。7月23日(土)・24日(日)に,小倉百人一首巻頭の天智天皇御製ゆかりの近江神宮をはじめ大津市内各会場で行われます全国大会に,正々堂々と元気に挑戦してまいります!

[試合結果]
 予選リーグ(Aチーム)
  1回戦   対西乙訓      4−1
  2回戦   対龍谷大学付属平安 4−1
  3回戦   対洛南       3−2
 決勝トーナメント
  1回戦   対北稜       3−2
  代表決定戦 対洛南       3−2

画像1
画像2
画像3

京都市・乙訓地域公立高等学校合同説明会に多数お越し下さり,ありがとうございました!

 6月25日(土)・26日(日),左京区岡崎のみやこめっせ(京都市勧業館)にて,恒例の「京都市・乙訓地域公立高等学校合同説明会」が行われました。本校も全体説明会での学校の魅力紹介や,個別相談会でのブース出展・個別相談を行いました。多くの中学生・保護者の皆さまにお越しいただくことができまして,誠に有り難うございました。
 今年度の学校説明会の予定は次の通りです,次は学校にお越しになって,施設・設備や生徒の様子を直接御覧下さい。


 第1回 8月27日(土) 
 ・2部制で対象地域を指定/1回3時間程度(施設見学等含む)
 ・内容1[全体説明]
   専門学科「エンタープライジング科」の概要説明
   在校生によるプレゼンテーション
   入学者選抜について
 ・内容2[体験授業]
 ・内容3[施設見学・個別相談会]
   生徒による個別相談もあります。
  ※詳しい内容や申し込み方法は,右側の「配布文書」カテゴリの
   「説明会案内」を御覧下さい。

 第2回 11月5日(土)
 ・10時ごろから約2時間[1回のみ]
 ・内容1[説明会]
   入学後の学習活動及び学校生活/進路指導
   入学者選抜日程及び合格後の登校
   適性検査・推薦入学の実施概要
 ・内容2[施設見学・個別相談]

 第3回 12月23日(金・祝)
  ※内容は第2回説明会と同じです。


[写真]
 1・2枚目 全体説明の様子(「さいきょん」も登場しました)
 3枚目   西京の個別相談ブースの様子

画像1
画像2
画像3

6月25・26日,京都市・乙訓地域公立高等学校合同説明会にお越しください!

 6月25日(土)・26日(日),左京区岡崎のみやこめっせ(京都市勧業館)にて,恒例の「京都市・乙訓地域公立高等学校合同説明会」を行っています。本校も全体説明会での学校の魅力紹介や,個別相談会でのブース出展をいたしております。中学生及び保護者の皆様には,「エンタープライジング科」の教育内容や本校の魅力等をお確かめいただければ幸いです。ぜひお越しください。

 日  時 6月25日(土)10時から16時まで
        26日(日)10時から15時30分まで
 会  場 みやこめっせ(京都市勧業館)
       全体説明会 1階・第2展示場西側
             (各校約5〜6分程度の発表)
              ※西京の発表順
                25日=午後の部1番目
                    (13時から)
                26日=午前の部13番目
                    (11時30分過ぎ頃から)
       個別相談会 3階・第3展示場全面
              西京は入口から向かって左手(中央寄り)
              奥の角です
 対  象 中学3年生及び保護者
       説明内容は,主に上記の方を対象にしておりますが,
       それ以外の方でも御参加いただけます。
 参加方法 お申込不要で,出入り自由です。御自由に御参加下さい。


[写真]
1枚目 西京の個別相談ブースの様子
2枚目 本校のマスコットキャラクター「さいきょん」も登場(京都府
    広報監「まゆまろ」とばったり出会いました!)


画像1
画像2

1・2年生が卒業生から研究内容や進路選択についてレクチャーを受けました!

 6月25日(土)土曜活用講座終了後の13時20分から15時40分まで,「1年文理選択座談会」「2年学部学科選択座談会」を合同で行いました。
 これは,1・2年生全員を対象に,文系・理系のコース選択や学部学科選択の参考となるよう,本校卒業生が大学における研究内容や卒業後の進路,また自分自身が高校生のころにそういった選択を行った時のポイント等についてレクチャーを行うものです。医・薬や,外国語・国際など14のブースに分かれ,学部や大学院に在学中の本校卒業生22名が40分間のプレゼンテーションを3セット行いました。合間の休憩時間には生徒・講師の卒業生・教職員計約600人が4〜7階の各会場を移動する姿が見られ,なかなかの壮観でした。
 生徒たちは各々の希望のブースでメモを取りながら熱心に先輩の話に聞き入り,質問もしたりしながら進路展望について考え,また西京高校での充実した過ごし方のヒントをもらっていたようです。

 忙しい中後輩たちのために来てくれた卒業生の皆さん,有り難うございました。1・2年生の皆さんは,今日伺ったさまざまな学部学科のお話を踏まえてこの夏行われる各大学のオープンキャンパス等にも参加し,それぞれの志望をしっかりと掘り下げ,固めて下さい!


画像1
画像2

トップリーダー研修第4回事前研修を行いました!

 6月19日(日),535教室において,この夏実施の「エンタープライズトップリーダー研修」の参加者2年生14名に対する第4回事前研修を実施しました。

 この日はまさに「英語漬け」の1日となり,ネイティヴ講師のJose Garcia 先生の指導のもと,朝9時の開始から夕方4時の解散まで,徹底した英語プレゼンテーションの訓練が行われました。英語そのものの指導もさることながら,「この人には力がある,この人の言うことは力強い」という印象(すなわちcredibility)を持たせるような話し方,立ち居振舞いを身につけるという点に力点が置かれ,参加生徒たちは気恥ずかしさと闘いながら懸命にプレゼンテーションスキルを学習していました。

 研修会は「英語でしりとりゲーム」を皮切りに和気藹々とした雰囲気で始まり,まずは午前中いっぱいをかけて「グローバルリーダーに求められる資質とは何だろう?」というテーマで英語ディスカッションを行いました。「文化の違いを受け入れる心を持つこと」「目標に対して貪欲であること」など,思い思いのグローバルリーダー像について話し合い,普段の英語の授業とは少し異なった形式でのディスカッションに,どの生徒も真剣に取り組んでいました。

 また午後からは,午前中に共有した「グローバルリーダーの資質」を発展させ,「将来グローバルリーダーとして成功するために求められること」というテーマで再びディスカッションを行いました。これまで学習した単語や文法を必死に組み合わせ,ひねり出しながら,グローバルリーダーのあるべき姿についての意識を高められていたように思います。

 最後に研修のまとめとして,これまでのディスカッションを元に,グローバルリーダー像について全員が個人プレゼンテーションを行いました。話し合った内容をその場で文章に起こして即座に発表する,というなかなか高度な言語使用を要求される場面ではありましたが,さすがは今回の研修の参加生徒! 難しい課題にも,非常に高い意識を持って取り組んでいました。視線の配り方,手の位置,声のトーンなど,何気ない普段の話し方が,実は自信に乏しい話し方を生んでいるのだというJose先生の指摘があり,皆自分の“癖”に改めて気づき,生徒たちは必死で直していました。自分のプレゼンテーションのやり方について,個別にアドバイスを貰うというのも,普段の学校生活ではなかなか無いことですから,参加生徒たちにとっても貴重な機会になったと思います。

 出発まで,研修会はあと1回を残すのみとなりました。今回は英語で研修が行われたということもあり,参加生徒たちはますます「いよいよバークレーに行くのだ」という実感を高められたのではないかと思います。本番も含め,ひとつひとつの研修をしっかりと自らの成長の糧にしていってもらいたいです。
 Jose先生,本日は本当にありがとうございました!

※エンタープライズトップリーダー研修(本年度が第3回目の実施です)
   期間   8月2日(火)〜10日(水)
   研修場所 アメリカ合衆国カリフォルニア州立大学バークレー校
        (学生寮に宿泊)
   参加   2年生希望者の中から選抜された14名

 なお,本校のホームページでは,この本校主催のアメリカ合衆国・バークレーで行うトップリーダー研修を「TL研修」,京都市教委主催のイギリス・ロンドンで実施されるリーダー研修を「GL育成研修」と略しますので,よろしくお願いいたします。

画像1

トップリーダー研修第3回事前研修を行いました!

 6月14日(火),この日まで4日間にわたって行われた前期中間考査最終日の午後を利用し,2時から4時までの2時間,535教室において,この夏実施の「エンタープライズトップリーダー研修」(以下,TL研修と略します。)の参加者2年生14名に対する第3回事前研修を実施しました。
 4月のキックオフガイダンス,5月のコミュニケーション研修(アナログコミュニケーションの基礎を学び体得する)に続く3回目となる本日は,「自己アピールオリエンテーション研修」で,講師は,佐田 創さん(株式会社アイエスエイ関西支社国際教育事業部副支社長)です。

 最初に前回の研修の内容(「受信力」「発信力」「力をつけるためには」等)を復習した後,自己を分析し,人に伝える課題を通して発信力を伸ばすタスクに全員で取り組みました。タスクは「私は〜な人間だ。」の「〜」の部分に入る修飾語句をできるだけ考え,発表交流するタスクです。性格を表す修飾語句のリストを参考に,マインドマッピングの手法を通して発想を広げ,あまり話をしたことのない人とのペアワークを通してしっかりと発信し意見交流を行いました。
 次にこのような活動でよく利用される「ジョハリの窓」という手法を用い,さらに詳しく自己を分析し,自分をアピールする力をつけることを目的としたタスクを行いました。

※「ジョハリの窓」とは・・・
 自己の公開・隠蔽範囲を,
 「開放の窓(自分も他人も知っている自己)」
 「盲点の窓(自分は気がついていないが,他人が知っている自己)」
 「秘密の窓(自分は知っているが,他人は気がついていない自己)」
 「未知の窓(誰からもまだ知られていない自己)」
 の4つの窓に分類し,それを自分で認識することで,他人とのコミュニケーションを円滑に進めるための心理学モデルで,主観的に見た自分と客観的に見た自分を知ることができるため,効果的な自己分析にもなります。(配布資料から)

 まずは自己分析を掘り下げて個々で発表をし,次に2〜3人のペアになって「他人から見た自分」についても意見を交わし,内容を発表し合いました。話し手・聞き手ともにこれまでの研修で学んだことを活かして,相手と視線を合わせながらしっかりと発表し受けとめることができていました。
 研修の最後に「今回の研修を通して改めて気づいたこと」・「出発まで意識的に取り組むこと」を各自発表しあいました。試験勉強の疲れも見せず,集中力を要求される2時間の研修に全員しっかり取り組んでいました。本日学んだことを現地での活動に,ひいてはこれからのさまざまな取組に是非生かしてほしいと思います。


※エンタープライズトップリーダー研修(本年度が第3回目の実施です)
   期間   8月2日(火)〜10日(水)
   研修場所 アメリカ合衆国カリフォルニア州立大学バークレー校
        (学生寮に宿泊)
   参加   2年生希望者の中から選抜された14名

 なお,本校のホームページでは,この本校主催のアメリカ合衆国・バークレーで行うトップリーダー研修を「TL研修」,京都市教委主催のイギリス・ロンドンで実施されるリーダー研修を「GL育成研修」と略しますので,よろしくお願いいたします。

画像1画像2

【ESS】パーラメンタリーディベートの講習会に参加しました!

 6月18日(土)10時30分から15時まで,日吉ヶ丘高等学校「英語村HELLO Village」にて開催されました「パーラメンタリーディベート」の講習会(主催:京都公立高校校長会国際・外国語系部会)に,本校ESS部から16名(全員1年生)が参加しました。

 「パーラメンタリーディベート」は,これまで(数十年前)から盛んに行われている準備型のアカデミックディベートとは異なり,イギリス議会をモデルとした即興型のディベートです。英語でのコミュニケーション能力のみならず,論理的思考力や対話力・発信力強化のための効果的な手法として注目されています。

 今回,講師としてPDA(一般社団法人パーラメンタリーディベート人財育成協会)代表理事の中川智皓先生(大阪府立大学工学研究科機械工学分野 助教)をお招きし,6名のスタッフの方々とともにお越しくださいました。
 まずは「研修の部」でしっかりと理解し,続く「実践の部」で昼食をはさみながら実際にディベートに取り組むという,充実した内容の講習会です。参加者は,4校(西京,紫野,日吉ヶ丘,嵯峨野)から生徒約55名,教員約30名の計約90名でした。

 「研修の部」では,「ルール説明」(初めての生徒・教員向け)と「ジャッジ方法説明」(ルールを理解している教員向け)の2会場に分かれ,約20分間,パーラメンタリーディベートとはどういうものなのか,どのようにディベートを行うのか,また論題にどう取り組み,説得力を持って表現するにはどうすればよいか等を教えてくださりました。
 続いて,全員が集まってモデルディベートを行いました。
 論題は「It is better for entrance exam takers to have a boyfriend or a girlfriend(受験生には彼氏彼女がいた方がよい)」です。生徒たちは肯定側・否定側それぞれがいかに説得力ある内容でジャッジを説得できるかという観点で試合を行いました。

 続く「実践の部」では,「Homework should be abolished(宿題は廃止すべきである)」(第1ラウンド)など,さまざまな論題でディベート・ジャッジに取り組みました。本校生は全員が1年生であり,その場で(開始の約15分前です)トピックが提示されるので,データを集めたりすることが出来ないことから,なかなか反論できなかったり,論理が飛躍していたりといった点など,ディベートの難しさとともに,意見を戦わせ合う面白さも実感したようです。

 生徒の感想です。
 このディベート講習会で,ディベートのやり方やジャッジの仕方,主張の展開の仕方など,様々なことを教えてもらったのですごく参考になりました。特にディベートが終わった後にジャッジの先生が個別にコメントやアドバイスをしてくださったのが,うれしかったです。

 非常に盛り上がった講習会となり,「まとめ」でもしっかりとお話しいただけましたので,教員も生徒も非常に良い勉強になりました。
 なお,西京生は,ディベートテーブル(8組ありました)のそれぞれから選ばれる「ベストディベータ」にも見事選出されていました。

 講師としてお越しくださいました中川先生をはじめとするPDAの皆様方,有り難うございました!


画像1

【SGH】EPII「課題研究」のチュートリアルを行いました!

 6月17日(金)6・7限,7階大講義室にて,2年生全員を対象に,「エンタープライズII(略称『EPII』)」の授業がありました。

 海外フィールドワーク発表会後の6月6日(金)に実施しました「課題研究オリエンテーション」に続いて前期中間考査後2回目となる今回は,チュートリアル「小論文入門」です。
 6限目,生徒たちは文章を読んで実際に小論文を書くことを通して,“要約の仕方”や“文章の作法”について学びました。
 続く7限目には,6限目の内容をもとに,ワークシートに「面白かったところ」「面白くなかったところ」を挙げたり,「面白さの割合をパーセンテージで表すとどれくらいになり,そう考えた理由は何か」を書き込んだりしながら,自らの興味・関心が一体どのあたりにあるのかを探る作業を行いました。

 6月24日(金)からは,いよいよゼミ活動が始まります。限られた時間の中ですが,「答えのない課題」にエンプラ魂で立ち向かい,解決を目指していきましょう。今後の取組に期待しています!

画像1画像2
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

卒業生のみなさんへ

進路結果

学校評価

保健室より

お知らせ

教育課程表

使用教科書一覧表

学校いじめ防止基本方針

スーパーグローバルハイスクール

京都市立西京高等学校
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:(全日制)075-841-0010
   (定時制)075-841-1240
FAX:075-822-5702
E-mail: enterprising@saikyo.edu.city.kyoto.jp