京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/07/22
本日:count up68
昨日:460
総数:1700650
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
進取の気性 Willingness to undertake new ventures and initiatives  敢為の気概 Willingness to undertake complications and risks  独創心 Willingness to display creativity and individuality

第69回全国高等学校PTA連合会大会 京都大会について

 第69回全国高等学校PTA連合会大会 京都大会が8月に開催されます
 全国からPTA関係者が一堂に会し,PTA活動に関する様々な取り組みが紹介されます。その他,高校生によるアトラクションや日本電産株式会社 代表取締役会長 永守重信氏による記念講演も予定されています。

(開催概要)
 開催日程  令和元年8月22日(木)午後〜23日(金)午前
 開催場所  京都市勧業館みやこめっせ(京都市左京区岡崎)
       ロームシアター京都 ( 同上 )
 開催内容  京都大会公式HPをご覧ください。      
         (http://2019taikai.kyotokoupren.jp/
 参加費 お一人 6,500円

ご参加を希望される方は,6月25日(火)までに副校長または教頭まで電話か,下のメールアドレス(副校長)へご連絡くださいますようお願い致します。(メールの場合,参加される方全員のお名前と,連絡先をお書きください)
 なお,一日目の6つの分科会は,事前申し込み制となっておりますので,ご希望の分科会も併せてお知らせください。
 参加費につきましては,後日事務室に持参していただくことになります。詳細は申し込みの際に改めてご案内いたします。
連絡先
 電話 075-841-0010
 Email mi-iwasa@edu.city.kyoto.jp

球技大会,好ゲームに歓声が沸く!

画像1
 球技大会の様子です。まずは,放送による開会式。体育委員長が正々堂々選手宣誓をしています。グラウンドではサッカー,アリーナではバレーボールです。とにかくまわりの応援が凄い!今日出来たてのクラスTシャツに,はじめて腕をとおして球技大会に臨んでいます。現在,自治会の皆さんのおかげで予定通り試合が進行しています。
 球技が不得意な人もたくさんいると思いますが,クラス愛に満ちあふれた球技大会を楽しんでいきましょう!担任の先生方は,皆さんのことをずっと見守っていますよ。

画像2

晴天!球技大会,予定通り実施されています。

 6月20日(木)全学年で球技大会が行われています。今朝7時30分ごろから陸上部,野球部,バレー部,女子バスケット部,サッカー部そして自治会の皆さんが,グラウンド整備をはじめ開催に向けて準備をしてくれています。
 知らない所で多くの皆さんの努力によって,今日の球技大会が実施されていることに感謝いたします。
 3年生にとっては最後の球技大会です。全力で楽しんでいきましょう。ただし,熱中症対策は怠りなく。
画像1
画像2

祝 陸上競技部 全国高等学校総合体育大会(全国IH)5種目で出場決定!

 6月13日(木)〜16日(日)の4日間,大阪のヤンマースタジアム長居において第72回全国高等学校陸上競技対校選手権大会近畿地区予選会(近畿IH)で近畿高校総体陸上インターハイが開催されました。近畿6府県の予選を勝ち抜いた猛者たちが集結します。まさに群雄割拠,ぴりっとした空気が競技場に流れています。この近畿IHで6位までの上位入賞者(競技によっては4位まで)が,8月4日から沖縄県のタピック県総ひやごんスタジアムで行われる全国インターハイの出場権を得ます。
 大会1日目から女子400mで吉岡 里奈さんが22年ぶりの京都高校新記録更新のタイムで優勝し,良い波に乗れた形で大会が始まりました。途中雷雨に見舞われ,リレーの予選が中止になるなどアクシデントもありましたが,4日間強い気持ちで戦い抜くことができました。
 西京の選手は,普段の努力を出し切るべく競技に集中しています。しかしながら,惜しくも6位入賞に一歩とどかなかった選手もたくさんいます。3年生は本当にここまでよく頑張りました。どうぞ胸を張って次のステップに向かってください。皆さんの努力を私たちは見守っています。1,2年生はこの悔しさをバネにして,来年の全国インターハイにつなげてほしいと思います。

 以下,全国大会に出場するメンバーを紹介します。(順位は近畿IHの成績)
女子
200m 吉岡里奈(3)優勝
徳永倫加子(2)第5位
400m 吉岡里奈(3)優勝(22年ぶり京都高校新記録)
400mH 勝冶奈央(3)第6位
4×400mリレー徳永倫加子(2),織田朝美(3),勝冶奈央(3),吉岡里奈(3)第5位
男子
棒高跳 竹中悠起(3)第5位
 本当に多くのご声援をいただき,ありがとうございました。また,卒業生の方も多く駆けつけてくれてありがとうございました。全国インターハイも,全力で挑んできます。今後も応援のほどよろしくお願いいたします。

※全国インターハイ 8月4日(日)〜8日(木)沖縄県沖縄市にある「タピック県総ひやごんスタジアム」にて開催されます。
※なお,詳しい記録などについては「アスリートランキング」でご確認ください。
画像1
画像2
画像3

OB・OGを招いて「1年文理選択座談会」「2年学部学科選択座談会」を行いました!

 6月15日(土)午前中に9時00分から12時00分まで,本校卒業生を講師として招き「1年文理選択座談会」「2年学部学科選択座談会」を1,2年生合同で行いました。
 これは,1・2年生全員を対象に,社会科学(文系)・自然科学(理系)のコース選択や学部学科選択の参考となるよう,本校卒業生が大学における研究内容や卒業後の進路,また自分自身が高校生のころにそういった選択を行った時のポイント等についてレクチャーを行うものです。
 医・薬学や,外国語・国際など15のブースに分かれ,学部や大学院に在学中の本校卒業生17名が,40分間のプレゼンテーションを3セット行いました。
 今年は一方向でなくより双方向な座談会として,先輩からの貴重な体験談をより共有
しやすくするために,生徒間での交流時間を設けました。多人数のブースでは,グループを作って生徒間で交流を行いそれから先輩から質問に答えてもらいました。少人数のブースでは,輪になって生徒や教員,講師ともども交流し,分け隔てなく質問や意見を交わしていました。いずれも活発な質疑応答が行われ充実した時間を共有することができました。
 卒業生は,さまざまな高校時代の失敗や成功の体験談をはじめ,大学での研究室での様子,大学での学びについて後輩である生徒たちに語ってくれました。その後の質問では,生徒たちの疑問や興味に対して親身に答えてくれました。先輩たちは「自分のやりたいことができるように,可能性を広げるために文理選択をしてほしい」「学部や学科の名前だけで選ぶのではなく,中身を知ってから選んでほしい」とアドバイスしてくれています。
 やはり本校の卒業生だけあってプレゼンはお手のもの,後輩たちのために資料の見せ方や発表内容についても工夫が凝らされており,生徒たちは各々の希望のブースでメモを取りながら熱心に先輩の話に聞き入っていました。
 今回の座談会を通して,生徒たちはこれからの西京での過ごし方や進路について考える大きなきっかけとなったことでしょう。まだまだ先のことのようであって,しかし間近に迫る進路選択を,より自分の希望に見合ったものにするために,是非今日の先輩たちからのメッセージを活かしてもらいたいと思います。
画像1
画像2
画像3

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム第5期生の壮行会と事前研修会が行われました!

 6月15日(土),大阪の公文教開館で,「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム(高校生コース)」第5期生の壮行会と事前研修会が行われました。
 官民協働海外留学支援制度,通称「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」は,大学生・高校生の海外留学をサポートするプログラムで,高校生コースは2015年から始まり,今回が第5期生となります。全国1,070校3,018名の応募者から,書類選考及び面接試験を経て,461校835名が選出され,本校からは7名が採用されました。
 冒頭は,文部科学省副大臣の浮島智子氏のご挨拶があり,その中で自身の海外体験を紹介しながら,「心の宝」を見つけていくことや「感謝の気持ち」を大切にすることをお話しされました。続いて,第4期生や5期生の代表が意気込みを発表した後,壮行会の締めくくりとして,プロジェクトディレクターの船橋力氏(NPO法人TABLE FOR TWO International理事)が登壇。船橋氏は,「多様性」をテーマに,さまざまな色でデザインされた記念ステッカーを紹介し,「『つぶ揃い』ではなく『つぶ違い』を大切に,『情熱・好奇心・独自性』を基準に選ばれたみなさんは,自信をもってがんばってきてください」と激励メッセージを送りました。
 その後は,全員で集合写真を撮影し,懇親会。懇親会後は,12時10分から17時半まで,オリエンテーションやグループワークを通した留学計画のブラッシュアップや明確化が行われ,一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GIFT)のシニアダイバーシティ・ファシリテーター,鈴木大樹氏の司会進行する中,参加した高校生たちはとても熱心に取り組んでいました。
 留学先では,楽しいことだけでなく,(もしくはそれ以上に)悔しいこと,歯がゆいこと,うまくいかないことをたくさん経験すると思います。しかし,それは,自分がこれまでの世界を飛び出して,新しい世界に「挑戦」している証です。1つ1つの経験がすべて,自分の世界を広げ,深め,豊かなものにしていくので,そのどれをも存分に味わい,楽しんできてください! 

[本校からの派遣留学生・分野・留学先]
1年 朝川叶和子・アカデミック・スペイン
1年 今井美利・アカデミック・アメリカ
1年 石田澄和・アカデミック・カナダ
1年 佐藤志穂・アカデミック・カナダ
1年 山田ゆらら・アカデミック・イギリス
2年 中村琴羽・アカデミック・アメリカ
2年 山崎愛美子・プロフェッショナル・イギリス

◎官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム〜について
[概要]
 文部科学省は,意欲と能力ある全ての日本の若者が,海外留学に自ら一歩を踏み出す機運を醸成することを目的として,2013年10月より留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」を開始。政府だけでなく,社会総掛かりで取り組むことにより大きな効果が得られるものと考え,各分野で活躍されている人々や民間企業からの支援や寄附などにより,官民協働で「グローバル人材育成コミュティ」を形成し,将来世界で活躍できるグローバル人材を育成するプログラム。
画像1
画像2
画像3

卒業生企画「第4回関西エンプラフェスティバル」が開催されました!

画像1
 6月15日(土)7階メモリアルホールにて,卒業生企画「第4回関西エンプラフェスティバル」が開催されました。
 平成18年にエンタープライジング科1期生が巣立ってから13年がたち,現在では1期生から10期生までの卒業生が大学等を卒業して,社会人として活躍しております。「エンプラフェスティバル」では,現在社会で活躍する卒業生を招き,各人のキャリアについて,本校卒業の大学生また在校生に対してプレゼンテーションをします。卒業生を通してエンタープライズ教育を振り返り,今後の教育活動に役立てたいと考えております。
 この企画は,5年前の平成25年に実施された中高一貫教育研究大会のオプションとして初めて開催されました。それ以降,東京にてエンタープライジング科西京関東会主催で「東京エンプラフェスティバル」と題して,関東在住のエンタープライジング科1期生から現役の大学生までが集い,パネルディスカッションとブース発表・質疑応答を通して就活支援を行うことを目的としています。
 京都でも一昨年より卒業生主催で開催が始まりました。今回は,「関西エンプラフェスティバル」と銘打ち京都で行う4回目として開催されました。社会人と大学生が交流を深めることはもちろんのこと,在校生にも身近な卒業生のキャリアを伝え,聞くことによって,自分のキャリア形成に役立てることを目的としています。これから就活を考える卒業生はもとより,現役の高校生も参加することができ,盛会となりました。
 今回は今年度4月より龍谷大学政策学部の准教授として勤めておられる1期生の石原凌河さんからの基調講演を皮切りに,各ブースに分かれて10数名の卒業生の皆さんが大学生や在校生に対して現在のお仕事の内容,高校時代に行っておくべきことなど,エンタープライジング科ならではのお話をしていただきました。在校生にとって憧れの先輩からの貴重なメッセージは,今後の学びの動機づけにつながったことだと思います。「エンプラフェス」を通じて先輩方のエンプラ魂を後輩が受け継ぎ、西京の素晴らしい伝統を創り上げていってくれることを願います。
 約3時間にわたるプレゼンテーションでしたが,参加していただいた方々と充実した時間を共有することができました。あらためまして,プレゼンテーションをしていただいた卒業生の皆様には感謝申し上げます。ありがとうございました。また,次回皆さんとお会いできることを楽しみにしています。最後になりましたが,企画運営に携わっていただいた実行委員の皆様,お疲れ様でした。お礼申し上げます。
画像2

普通救命講習会を開催しました!

画像1
6月11日(火)前期中間考査最終日の午後,中京消防署の方5名,地域の消防団(朱八分団)の方5名をお招きし,普通救命講習会を開催しました。対象は1・2年生各クラスの美化保健委員と水泳部員,運動部の代表者,顧問等で,約70名が参加しました。
前半の約50分の講義を通じ,今回の講習の意義と救命処置の知識・方法・考え等についての理論を学びました。
 後半は5グループに分かれ,胸骨圧迫や人工呼吸など,心肺蘇生法についての手順やAEDの使用方法について,訓練用の人形を用い実践を交えながら学びました。慣れないことに苦戦しながらも,ひとりひとりに丁寧に教えていただいたおかげで,実技の時間が終わる頃には参加者全員が一通り出来るようになりました。
 最後は,本日の学びを踏まえ,心肺蘇生法のロールプレイでした。AEDを持って来る人,胸骨圧迫をする人,AEDを装着する人等の役割に分かれ,救急隊が到着するまでの心肺蘇生法の手順について各グループが一生懸命に励みました。

 日常生活の中でこのような応急手当を必要とする場面に出くわすことは少ないかもしれません。しかし,いざというときに自分の周りの大切な人たちを守ることが出来るのは,少しの知識,そして一歩踏み出す勇気です。その時に落ち着いて行動ができるように,今回の講習会で学んだ内容を役立ててほしいと思います。
 西京高校には,正面玄関,保健室前,アリーナ体育教官室の3か所にAEDが設置されています。普段から設置場所を確認し,いざという時に備えておきましょう!

画像2

17期生によるクラス別フィールドワークコース発表会が行われました!

 6月13日(木)の6,7時間目に,高校1年生(17期生)によるクラス別フィールドワーク(以下,FW)コース発表会が行われました。17期生は,2020年3月に,上海,タイ,ベトナム・カンボジア,マレーシア,シンガポール,インドネシア,グアムの8カ国7コースの中からコースを選び,FWに行くこととなります。今回のコース発表会は,コース選択の参考にし,FWに向けた活動を始動していくために,各クラスが1コースずつ国調べを行った成果を発表するものでした。
 1組はグアム,2組はタイ,3組はマレーシア,4組はシンガポール,5組はインドネシア,6組は上海,7組はベトナム・カンボジアについて,FW委員を中心に仕事を分担し,みんなで協力して地理や経済状況,産業,文化を調べて発表。各クラスの発表は,写真や図を活用しながら調べた内容を簡潔にまとめられていました。また,聴く生徒も,発表者が投げかける質問を考えたり,多言語でのあいさつの練習をしたりと,終始,和やかかつ活発的な雰囲気で聴く姿勢が見られました。
 発表後には,学年主任の上原先生から講評として,
「テスト前後だったのにもかかわらず,発表にむけてよくがんばっていました。今回の活動を通して,短時間で自分たちが行く国や地域について広く知ることができたのではないかと思います。また,FW委員を中心に,担当を分担してみんなで取り組むことで,発表スキルや調査スキルが身についたのではないかと思います。今回の発表を聴き,これから調べたいこと,体験したいことを考えて,どのコースに行くか決めて行ってください。」と話されました。
 コース選択に向けて各自が十分に情報を受け取り,判断してくれることを期待しています。
画像1
画像2
画像3

PTA保健研修会を開催しました!

画像1
6月6日(木)14時から,4階会議室において,保護者の皆様方と本校の教職員合わせて約40名の会員が参加し,PTA保健研修会を開催しました。講師は本校学校医としてご活躍いただいています杉本英造先生に「ゲーム障害・スマホ依存症は病気 医学的に考えてみよう」というテーマで講演を行っていただきました。

 講演の最初には,児童・生徒のスマホ所持率やSNSの使用者数,ネット接続時間などについてのデータを紹介していただき,併せてネット依存とは何かについて情報を得ながら,子供たちとインターネットの関係について理解を深めました。
 その後,依存に対する治療法についての現状と今後の課題,セルフチェックを利用した改善の取組などについて説明をしていただきました。
 
 「使い方を間違わなければ,こんなにありがたい機械はない」と杉本先生もおっしゃっていたように,情報テクノロジーとうまく共存するために,生徒,保護者,教職員が一緒に考え,改善策を見出していくことが大切だとあらためて考えさせられました。

 本研修会での保護者の方のご感想を一部ご紹介させていただきます。
「スマホなしでの生活というのは,今の時代難しいと思うので,減ネットできるよう,使い方を間違えないように,食事の時などコミュニケーションをとり,話していくことの大切さを感じました。」
「体内時計の大切さは,どの世代にも共通かとは思いますが,成長期は特に重要であることを認識しました。家庭に持ち帰り,食卓の話題にのせたいと思います。」
   
 様々なご意見ご感想を頂戴することができました。また,平日の午後にもかかわらず多数ご参加くださり,本当にありがとうございました。保護者の皆様と教職員が,思春期の子ども達について考える時間を共有でき,大変有意義な機会となりました。
 今後とも保護者の皆様方と学校が協力・連携しながら,生徒の皆さんの健やかな成長をともに見守っていきたいと思います。


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
全日制
7/3 水123456
7/6 土曜活用講座1年2年-3 3年-2   京一商奨学金授与式

卒業生のみなさんへ

進路結果

説明会案内

学校評価

保健室より

お知らせ

使用教科書一覧表

学校いじめ防止基本方針

スーパーグローバルハイスクール

京都市立西京高等学校(全日制)
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:075-841-0010
FAX:075-822-5702
E-mail: saikyo@edu.city.kyoto.jp