京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/03/23
本日:count up27
昨日:653
総数:1631984
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
進取の気性 Willingness to undertake new ventures and initiatives  敢為の気概 Willingness to undertake complications and risks  独創心 Willingness to display creativity and individuality

平成30年度後期終業式!

 3月20日(水)メモリアルホールにて平成30年度後期終業式を行いました!
 冒頭,竹田校長より,先日卒業した14期生の大学入試の結果に触れら,健闘している先輩の皆さんをたたえられました。大事な事は,合格することが最終の目的ではなく,大学で何を学ぶのかです。そして,答えのない問いに対して問い続ける能力を,ぜひ身につけてほしい。来年度もエンプラ魂を十分発揮して頑張ってほしいとお話しされました。

 続いて,後期に様々な大会等で入賞した部活動,個人の紹介です。以下表彰された生徒を紹介いたします。
●テニス部
・京都府公立高校テニス選手権大会
 女子シングルス準優勝 住山千夏(2),第3位 山崎珠々芳(2) 
●陸上競技部
・第73回 福井しあわせ元気国体 少年A 400m第2位 吉岡里奈(2)
・JOCジュニアオリンピックカップ第18回U18日本陸上競技選手権大会 400m第2位  吉岡里奈(2)
・京都新聞ジュニア・スポーツ賞 吉岡里奈(2)
・第35回京都府高等学校駅伝競走大会
第6位 1区奥田月菜(2),2区小島萌々夏(1),3区小畑アキ(2),4区山村茉奈(2),5区内片玲(1)
●放送部
・第38回近畿高等学校総合文化祭徳島大会放送部門 朗読部門 優良賞受賞 石河咲希(2)
●英検準1級取得
酒井璃子(1), 清水もも(1),井上彰悟(1),木本彩(1),大島美緒羅(2),大西紅葉(2),三浦真菜(2),木代朱音(2)
●第5回 京都市立高等学校英語プレゼンコンテスト
プレゼンタイトル“The Power of Ikebana(生け花の創る明日)”グループの部 優秀賞(第2位)
『花咲か兄さんズ』山川夢仁(1),徳持善太(1),児玉裕一(1)

写真上から
竹田校長のお話
テニス部の皆さん
陸上競技部の皆さん
放送部の皆さん
英検準1級取得の皆さん
『花咲か兄さんズ』の皆さん

画像1
画像2

【SGH】15期生による課題研究発表会および第9回SGH報告会を開催しました!

 3月16日(土)9時から11時30分まで,1・2年生全員及び保護者,参加を希望した附属中学校の生徒,また全国の教育関係者の方々を対象に,エンタープライジング科第15期生「課題研究発表会」を行いました。また,発表会終了後には,教育関係者の皆様を対象に「第9回SGH報告会」を行いました。
 2年生は,これまでSGHの取組の軸として取り組んできた課題研究の成果を,2階アリーナではポスター形式で,4階各教室ではスライドによる口頭発表の形式で発表しました。今年は,京都のSGH校,SGHアソシエイト校の立命館宇治高等学校,鳥羽高校,京都教育大学附属高校,堀川高校,日吉ケ丘高校からも多数参加していただきました。今年は,全部で120件のポスター発表と24件の口頭発表があり,これまでで最も盛大な発表会となりました。
 発表会の冒頭に,竹田校長から,答えのない問題に取り組むことの重要性についてのお話と参加者全員への激励がありました。また,2年生ゼミ委員代表生徒から,他校生の参加への歓迎の言葉とこれまでの課題研究の取組の集大成としての発表会への意気込みが語られました。この発表会は,例年,準備から運営まで2年生のゼミ委員の生徒が担っています。今年度代表の宇津山さん,西村さん,山田君を中心に数ヶ月前から様々な準備を進め,今日の日を迎えました。
 1年生は,各ゼミの発表会場を自由に見て回り,興味津々な様子で発表を聞き入っていました。質疑応答では先輩へ鋭い質問を投げかける生徒も見られ,発表内容に関する対話をたのしめている姿が印象的でした。

 さて,これまで2年間(附属中学からは5年間)取り組んできた「エンタープライズ」(総合的な学習の時間)は,この発表会をもって終了となります。これまでの経験を今後の学びにつなげて欲しいと思います。「なぜ学び,何を学ぶのか」という問いに対して自分なりの答え,もしくはそのヒントを見つけることができたでしょうか。15期生の今後の活躍に大いに期待しています!
 最後に,今回参加していただいたSGH校のみなさん,全国からお集まりいただいた教育関係者の方々,一緒に議論していただいた保護者の皆様に心より感謝いたします。誠にありがとうございました。
画像1

恒例の京セラ講座を行いました!

画像1
 3月13日(水)9時から1年生に対してEEP講演「京セラ講座」を行いました。この講演会は,エンタープライジング科1期生から続いているもので,今年で16回目になります。今回,京セラ株式会社稲盛ライブラリー編集出版課の井上和友様をお迎えし「京セラの経営理念と考え方」という演題で,ご講演をお願いいたしました。
 グローバル企業である京セラ株式会社の事業内容,また経営理念「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に人類,社会の進歩発展に貢献すること」をご紹介され,高い目標を持つことの大事さを語られました。「世界一をめざす」というビジョンを示すことで,その当時の社員を鼓舞する稲盛和夫会長のお話もしていただきました。
 また,稲盛会長の教えでもある「人生方程式」をご紹介されました。人生方程式とは,「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」のことで,考え方が「マイナス」だと熱意や能力があっても結果はマイナスになってしまうのでポジティブに考えることが大事であると教えていただき,
 最後には,「物事の結果は,心に何を描くかによって決まる。「成功したい」と強く心に描き,誰にも負けない努力をすれば成功するし,「失敗するかもしれない」と思えば失敗する。現在の自分の周囲に起こっているすべての現象は,自分の心の反映でしかない。皆さんの未来が実り豊かで輝かしいものでありますように!」と激励のお言葉を頂戴しました。
 1年生は,海外FWをおえ,自分にとって今後何が必要で何をしなければならないかを真剣に考えていくことが求められています。今回,京セラ株式会社の理念を通して,自分を成長させるためにどうすればいいのかを考えるきっかけをいただきました。
 ご多忙にもかかわらず,貴重なお言葉をいただきました井上様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

FW帰国後も16期生は大忙し!

画像1
 FWから帰国した16期生ですが,事後学習が目白押しです。12日(火)の初登校日午前にはFW委員会,午後には全体でのアッセンブリーと事後研修会がありました。メモリアルホールに集合した16期生は,とてもいい顔をしています。久しぶりに会うクラスの友達に,FWのことを尋ねたり,自分の経験を話したり,とても楽しそうにしていました。
 アッセンブリーではまず教頭の岩佐先生よりお話がありました。「自分のコースが一番楽しかった!という人挙手!」という問いかけに多くの生徒が手を挙げました。「行き先国で当事者意識を持つことができたか,場と状況の理解ができたか」「FWに行って帰ってきただけで終了ではありません。これからのリフレクションが大事」と,激励がありました。来年度5月のFW発表会までFWは終わりません。学年主任の三浦先生からは,東南アジアに関するこんなお話がありました。「東南アジアは,テーブルクロスの中心をつまみ上げたような社会です。どういうことかと言うと,つまみ上げていくと,周辺にシワが寄る,つまりしわ寄せがくる。これは社会の状況と同じですよね。このことをずっと胸に秘めておきましょう」。企画部長の岡本先生からは,「教員だけでは,行って帰ることはできなかった。FW委員をはじめ,みんなの協力があっての成功です。」との言葉をいただきました。
 次に,教育推進部の松尾先生がファシリテーターとなり,16期生全員参加の大規模な事後研修が行われました。本研修の目的は「海外FW体験の言語化」です。単なる「体験」を自分の言葉で他者に語ることによって,整理し,深い学びにつなげることがあります。普段の授業でも同じです。インプットした情報を,他者に説明できて初めて,自分のものになるのです。生徒たちは各コースのFWのしおりに差し込まれた共通の事後課題ワークシートを元に研修に臨みました(今回の事後研修はトビタテ!留学JAPANの事後研修で一般社団法人GiFTが提供しているコンテンツを本校用にアレンジして行っています)。まず,メモリアルホール全体を使って「今回の海外FWを一言で表すと」というお題が出されます。「最高に楽しかった」「落ち込みの連続だった」「正直つらかった」など計5パターンに分かれてホールの特定の場所に大移動します。移動後に近くの人とペアになって,「なぜそう思ったのか」を説明します。 次に,事前に用意してもらった写真やスライド等の資料を使って2分間で自分のFW体験をプレゼンします。さらに,FW中の自分のエネルギーの変化を表す「エネルギーカーブ」を描き,線に変化が生じる所で何が起こったのかを説明するアクティビティや,海外FWの前後で自分がどのように変化したか,そしてその変化の要因は何かを語るアクティビティが行われました。このように,友達と体験を共有することを通して,話した人の分だけ異文化を「体験」することができました。
 次の日からは,調査結果の英語発表に関する全体講義,コース別の振り返り,レポート執筆,体験に関するエッセイの執筆,FW委員会総括会などなど,充実した毎日を送っています。帰国直後でまだまだ体は疲れていますが,体調管理に気をつけながらFWがより良い学びの体験となるよう頑張りましょう!

画像2

附属中学校卒業式が挙行されました!

画像1
 3月15日(金)附属中学校13期生の卒業式が挙行されました。中学校3年間,様々な取組を通して立派に成長した姿がとても頼もしく,高校での生活が希望に満ちあふれ,充実したものになることを期待しています。
 附属中学校を卒業した皆さんは,高校エンタープライジング科17期生として入学することになります。先の前期選抜で合格した外進生とともに,高校生活を有意義なものになるよう頑張っていきましょう。

第15期生課題研究発表会および第9回SGH報告会の開催についてのお知らせ(再掲)

 時下,ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は本校エンタープライジング科の教育活動にご理解,ご協力をいただきありがとうございます。
 さて,本校は平成27年度から文部科学省「スーパーグローバルハイスクール」(SGH)研究開発指定校となり,今年度,第4年次に入り,研究開発を進めております。
 毎年,2年生全体で実施しております「EP2課題研究」の取組の成果を発表する場として,下記の通りエンタープライジング科第15期生(現2年生)「課題研究発表会」を行います。所属ゼミで執筆した研究論文をスライドを用いた口頭発表またはポスター形式で発表します。昨年度に引き続き,今年度も他のSGH校の生徒の参加を募り,合同で発表会を行います。
 併せて,発表会終了後に全国のSGH校の先生方をお招きし,西京高等学校「第9回SGH報告会」を開催いたします。本校におけるSGHの研究計画等の概要や平成30年度の取組をご報告し,広くご指導,ご助言をいただく場になればと考えております。
 ご多忙のこととは存じますが,多数ご来校賜りますようお願い申し上げます。

                 記

 日時: 平成31年3月16日(土)
      第15期生課題研究発表会   9:00〜11:50
      第9回SGH報告会      11:50〜12:40

 会場: 京都市立西京高等学校 アリーナ他

 ※次第・詳細につきましては,下記のリンクより「課題研究発表会およびSGH報告会のご案内」をご覧ください。

   〇詳細は こちらをクリック してください。

海外FW インドネシアコース5日目

インドネシアコース [5日目]

 本日は活動最終日です。30度近い気温ですが,全員元気に活動しています。
 本日の最初の活動は,国立ブカシ第二専門高等学校訪問です。我々が訪れると,生徒約500人が出迎えて下さり,凄まじい歓待ぶりでした。ウェルカムダンス(伝統舞踊)等のセレモニーが行われました。教室に移動後,現地の校長から「これからも交流を続け,インドネシアと日本を結びつけるような深い友情を築きましょう」との言葉をいただきました。本校からも岩佐教頭から「このプログラムを通してお互いの絆を強めることができることを願っています」との挨拶がありました。生徒代表は1-4濱口さん。ほとんどインドネシア語で完璧なスピーチをこなしました。その後は,本校から日本,京都,西京高校の紹介,ブカシ高校の代表生徒からは伝統舞踊のパフォーマンスがありました。そのお返しに,先日同様Cosmosを合唱しました。その後,各生徒が向かい合って座り,交流を開始します。現地の楽器の紹介,こちらからは折り紙の紹介などをし,文化交流をしました。名残惜しみながらも,ここでお別れ。最後に,1-4小川さんがインドネシア語でお礼の挨拶をしました。
 
 ブカシ高校の後は,いよいよインドネシアコースの目玉とも言える,ごみ最終処分場の見学です。写真ではなかなか伝えきれない光景が広がっていました。ごみを運搬するトラックの数の多さ,何よりそこで生活を余儀なくされている方々の姿,ごみをかきあげるショベルカー。かきあげられたゴミに群がる人々。ショックでした。
 
 ただ,感じてほしいことは,我々が住んでいる「日常」が当たり前なのではなく,数多くの「非日常」が世界各地には存在しているということです。まさに五感に飛び込んでくる言語を超えたすさまじい光景の広がりを前に,生徒たち一人一人が言葉にできない何かを感じ,そしてこれから何を知らなければならないか,何をなすべきかを考える契機になったことでしょう。

 本日はジャカルタから羽田空港に飛び,そこから伊丹行きへ乗り継ぎます。

写真1 両校の先生方
写真2 集合写真
写真3 交流の様子
画像1
画像2
画像3

海外FW 上海コース5日目

【海外FW】上海コース その5(5日目)
 上海コース5日目(3月7日[木])の様子です。

 天気は晴,FW日和です。「上海チーム」は今日も全員元気です。
 今日は終日,現地の観光専門学校生のお兄さん・お姉さん(B&S)とともに班別FW活動(その2)です。昨日は4時間半の活動でしたが,今日は8時間半です。多くの活動時間が取れるのが上海コースの特徴です。
 各班毎に決めたいくつかのテーマについて調査を進めます。B&Sの方たちには,各班の行程を事前に渡してあり,過保護にならないように留意しながら,移動時の交通手段やアンケートの取り方(取りやすい場所や相手など)について,アドバイスをして頂くようお願いしてあります。班ごとの記念写真撮影の後,簡単な打合せをしてから出発しました【写真1】。
 そのアドバイスに加え,昨日のFW活動での経験が役だったのか,どの班もトラブルもなく,調査活動や市内観光を行い,上海の街を満喫しホテルに帰着しました。そして,お世話になったB&Sの皆さんに感謝しつつ交流を深めていました【写真2】。
 上海コース最後の夕食は,北京ダックを含む北京料理のフルコースです。極上の北京ダックはもちろんですが,最後のスイカまでしっかり食べ尽くしました!
 食事終了後に12名の上海コースのFW委員が前に並び,順に一人ずつ感想を話しました【写真3】。最後はコース長の山崎さんからの言葉です。「FWはこれで終わりではありません。事後学習もしっかり頑張りましょう!」と結んでくれました。
 まだ途中ですが,山崎さんはじめFW委員の皆さん,よく上海チームをまとめていました。多くの時間を掛けたFW委員会などの活動があったからこそ,他のメンバーも安心して活動に臨めたと思います。FW委員以外のメンバーもFW委員を盛り上げ,よく動いていました。まだ帰国していませんが,第16期生上海コースメンバーは「真了不起!」

 いよいよ明日は午前6時にロビーに集合し,帰国の途につきます。
 保護者の皆様をはじめ関係する皆様方から本取組への御理解・御協力を賜りまして,心から感謝申し上げます。今回の成果を5月の海外FW発表会などで発信し,各自の成長につなげてくれるものと思います。
 今後に期待しています!

(写真1)班別FW活動(その2)の出発の様子
(写真2)班別FW活動(その2)の帰着の様子
(写真3)夕食後のFW委員からの挨拶の様子
画像1
画像2
画像3

海外FW グアムコース5日目

 グアムコース5日目です。

 いよいよグアムでの活動も最終日になりました。今日はJFK High Schoolとの学校交流と、4班に分かれてのフィールドワーク活動です。

 学校交流は昨日までの語学研修の成果を存分に発揮できました。最初のプレゼンテーションでは、日本や西京高校について、原稿に頼ることなく交流校の生徒に伝えることができました。自信をもって堂々と話している姿はとても頼もしかったです。その後、ワークショップを行い、書道・折り紙・百人一首かるたを交流校の生徒と一緒に楽しみました。どのワークショップも文化の異なる相手に伝わるように創意工夫がなされており、十分に交流を楽しむことができたと思います。皆とても輝いていました。

 午後からはフィールドワーク活動を行いました。4つの班に分かれて、各自のテーマに沿った調査活動を行いました。帰国後のまとめが楽しみです。その後夕食までの時間に、ホテルの裏にあるビーチに歩いて行きました。生徒にとってはグアムで初めてビーチを見たことになります。南国の海の美しさに皆感動していました。

 夕食はSail’s BBQでとりました。アメリカンサイズの大きな肉をバーベキューしながらグアム最後の夜を楽しみました。

 生徒たちはグアムで色々なことを学び、数々の思い出とともに明日帰国します。今回の経験を日本で生かして頑張ってくれることを期待します。明日は早朝に出発するので今日は早めに就寝します。


写真1 学校交流の一コマ

写真2 JFK高校玄関で集合写真

写真3 サンセットビーチにて
画像1
画像2
画像3

海外FW タイコース5日目

【海外FW】 タイ・コース「5日目の報告」

 午前は,バスでバンコク市内の見学です。 王宮,ワットプラケオ(エメラルド寺院),ワット・ポーに行き,タイの仏教建築や仏像を見て回りました。タイでは仏教徒が90%以上を占めており,「タイと日本の宗教観の違い」や「寺院の参拝方法」などについて興味を持ちレポートを書く班もあるため,積極的に見学しました。また,ワット・ポーの涅槃仏は,バンコクでは一番美しい涅槃仏で,タイでは3番目の大きさだそうです。ラマ3世が作ったそうです。中にはコインを108枚入れるツボがあり,コインを1枚ずつ入れることで煩悩を一つづつ捨てて,運も良くなるそうです。生徒達もその大きさと美しさに目を奪われていました。

 午後からBTSのサイアム駅を起点に班別フィールドワークが始まりました。いくつかの班は,日本にいる間にアポイントをとってきた企業や団体を回りました。全ての班がきちんと時間通りに戻り、完璧な形で現地の調査を終えることができました。ここから日本に帰り、班員の持ち寄ったデータを元に考察が行われます。5月のFW発表会で、

 バンコク最後の夕食時には,FW委員以外の生徒たちが,今まで頑張ってきたタイコースのFW委員を慰労するためのプレゼントを用意するなどのサプライズがあり,仕事をやり切ったFW委員からも感謝の言葉がありました。


 スワンナプーム国際空港には,交流校のTRIAM UDOMSUKSAPATTANAKARN RACHADA SCHOOL(トリアムウドムスックサーパッタナカーン ラチャダー中高等学校)
の生徒たちが集まり,別れを名残惜しんでいました。23:15 定刻通りTG622便にて日本へ向かいました。
今回のFWタイコースで関わっていただいた全ての方々には本当にお世話になり,ありがとうございました。



○写真1
 エメラルド寺院前での集合写真


○写真2:バンコク最後の夕食時。
      サプライズでみんなからメッセージカードをもらうFW委員12名


○写真3:スワンナプーム国際空港で交流校生徒との記念写真


画像1
画像2
画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
全日制
3/25 定時制後期選抜
3/29 離任式?

卒業生のみなさんへ

学校評価

保健室より

お知らせ

教員公募制募集要項

教育課程表

使用教科書一覧表

学校いじめ防止基本方針

スーパーグローバルハイスクール

京都市立西京高等学校(全日制)
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:075-841-0010
FAX:075-822-5702
E-mail: saikyo@edu.city.kyoto.jp