京都市立学校・幼稚園
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
進取の気性 Willingness to undertake new ventures and initiatives  敢為の気概 Willingness to undertake complications and risks  独創心 Willingness to display creativity and individuality

エンタープライズ2 14期生頑張っています!

 金曜日の6,7限は,高校2年生が「エンタープライズ2(以下EP2)」に取り組んでいます。現在,3月に実施した「海外フィールドワーク」のレポートを作成しています。このレポートには,各班が設定した「テーマ」に対して,事前に調べた内容や実際に現地で調査したことを考察し,まとめたものを記載します。結論を導く前に「何が問題なのか」をしっかり班内で議論することが求められています。
 すべてのコース,班のレポートの内容をまとめた「要約集」を作成し,5月27日(土)にポスター形式の発表会を行います。4月28日17:30がレポート提出の締切になっています。今年もどのような発表会になるか楽しみです。
 下の写真は,インドネシアコースの様子です。先生方も生徒の班の中に入り込んで,議論に参加しています。ここでも,フィールドワーク委員が取りまとめを行っているのが印象的でした。
 フィールだワークのまとめが終われば,いよいよ課題研究のためのゼミ活動が始まります。これからますますEP2を楽しんでいきましょう!
画像1
画像2

エンタープライズ1が始動しています。

 木曜日の6時間目は,1年生全クラスで「エンタープライズ1」に取り組んでいます。この授業は,アイディア企画演習や海外フィールドワークに向けた準備の時間になります。また,エンタープライズ委員を募集しており,この委員たちが授業の企画,運営に参画していきます。
 まず,今年度は全員で日本政策金融公庫主催の「第5回高校生ビジネスプラン・グランプリ」に挑戦します。このグランプリでは,若者ならではの自由な発想や創造力を活かした次のプラン
 ・人々の生活や世の中の仕組みをより良いものに変えるビジネスプラン
 ・地域の課題や環境問題などの社会的な課題を解決するビジネスプラン
が求められています。
 このグランプリのエントリー総数は,324校(2,662件)で,年々参加校が増えている大会です。西京も第1回から参加しており,昨年,一昨年は応募高校の中から、起業教育の推進に熱心に取り組まれている高校として「学校賞」をいただきました。
 本日は,自分一人で考えたことを班の中で意見交流していきます。内容は「ヒット商品・サービスの成功要因を考える。」です。成功要因や現在の商品・サービスに問題意識を持つことが重要となります。
 応募者の中からファイナリスト10に選ばれれば,東京大学伊藤謝恩ホールにてプレゼンテーションの機会が得られます。15期生の皆さん,どんどん意見を出し合って若者ならではの,かつ西京生らしいアイディアを出してください。期待しています。

画像1

ハナミヅキが満開です

 ご心配をおかけしましたが,インフルエンザによる欠席も少なくなっており,昨日から学級閉鎖を解除しております。ただ,引き続き体調管理にはご注意ください。

 さて,昨日はあいにくの雨でしたが,本日はすがすがしい朝を迎えています。正門前のハナミヅキが,美しく咲きほこっています。花言葉は「返礼」「私の想いを受けとめて」だそうです。ハナミズキを見ていると,人をやさしい気持ちにさせてくれるような気がします。登下校の際には少し立ち止まってハナミヅキを見てはどうでしょう。
 新学期が始まって3週間が過ぎようとしています。部活に勉強,EPの取り組みなどなど忙しい毎日ですが,自分のペースを見失わず頑張っていきましょう。
画像1

緊急 インフルエンザが流行っています。

 インフルエンザによる欠席が増えています。ご注意ください。本日,朝のSHRで終結確認をしたところ,2年生の一クラスにおいて欠席が基準をこえたため24日(月),25日(火)の2日間を学級閉鎖とし下校させました。授業の回復等に関しては,決まり次第後日お知らせします。以下の点にご留意ください。

・手洗い,うがいを励行してください。
・学級閉鎖の期間中は,家庭で十分に休養をとらせてください。
・水分を十分にとってください。
・熱が高いなどインフルエザと思われる場合は,必ず病院で受診してください。
・事情をお察しいただき,症状がないお子様も,学級閉鎖中は,感染予防のためできるだ け外出を避け,家庭学習するなど家の中で安全な生活をさせてくだい。

3年進路保護者説明会を行いました!

 4月22日(土)13時30分から,7階大講義室において,3年進路保護者説明会を行いました。今年も大講義室がほぼ満員となるほどの多数の保護者の皆様にご参加たまわり,誠にありがとうございました。

 最初に,竹田校長から,「12期生が大きな扉をあけました。13期生は13期生のそれぞれの扉を開けてください。」と冒頭に述べられ,進路選択に当たっての保護者のスタンスとして
(1)お子様に言いたいことは今のうちにおっしゃっておいて下さい。『進路はあなたの好きにしたらいいよ』と言っておいて,後から『やっぱり浪人はだめ』『下宿はだめ』等,あとから言うのではなく,
(2)最初に言うことを言ったら,後は黙っておいて下さい。そして,お子様が話せる環境を作っておいて下さい。
(3)10月14日の記述模試は,天下分け目の大事なテストです。期間を区切って計画を立てることが大切です。また,センター試験までは“行きたい大学”にチャレンジさせてやって下さい。センター後は冷静に決断し,最後の最後まで粘って勉強すればよい。現役生は最後の最後まで伸びます。」
と,これまでの進路指導の経験を踏まえながらお話をしされました,
 
 次に,学年主任の富永先生から担任団の紹介があり,引き続き13期生の様子と今後の学年としての指導日程等をお話しました。3月15日に京都大学で行われた「EP2発表会」での生徒の活躍ぶりや,朝早くから学習室を利用している生徒諸君の頑張りなど紹介されました。志望を高くもちチャレンジすることで,やりきったと思える1年にしていきたいと抱負を述べられました。

 進路指導部の大塩先生と久保先生からは主に先日の3年生進路アセンブリーで伝えた内容を共有するべく改めて保護者の皆様にお伝えしました。
 大塩先生からは,特に3年生のアセンブリで強調したのは「進路を考えるということは人生と向き合うことである。」ということでした。次に3年生の主な進路予定を紹介し,「本当に現役生は最後まで伸びるので,寄り添って見守ってあげて欲しい」とお伝えしました。また、日本学生支援機構の大学予約奨学金の募集説明会を行う告知を行いました。
 久保先生からは12期生の進路結果から見えることについて,またスタディーサポートの結果から分かる13期生の特性について説明しました。「13期生は今年度結果を出した12期生に続く力を持っている。学力・学習習慣もおおむね順調であり,今後は二次力をしっかりと伸ばしてゆけば大丈夫」との分析をお伝えしました。そして,進路部大塩先生及び久保先生から,この春に卒業した12期生の進路結果や13期生の現状分析,今後の進路関係の予定等について御説明しました。
 
 最後に,駿台予備学校京都校舎長・川本学様からは29年度入試結果速報と30年度入試展望についてお話ししていただきました。
 川本様は,移り変わってきている入試制度や今後の動向について,「受験人口の減少から,今は『現役合格を目指す』というよりも『現役第一志望合格を目指す』時代になっている。」「30年度センター試験はカレンダーの関係で年明け一番早い実施。つまり,裏を返せば二次試験の対策が早めから出来るということ」「安全志向ならぬ安易志向に流れることなく,部活や学校行事等,今しか経験できないことにしっかりと取り組んで人間力を磨き,悔いのない納得できる受験をして下さい。」と,詳しくお話しして下さいました。
 
 引き続いて3年学年委員長の友崎様から,PTA学年委員の皆様の御紹介が行われました。お忙しい中お引き受け下さり,有り難うございます。これから1年間よろしくお願いいたします。
 いよいよ最後の学年となりました。13期生一人一人が希望する進路を実現できるよう,生徒達が一致団結してお互いを高め合うとともに,ご家庭と学校とが力を合わせ,しっかりとサポートしてまいりたいと思っております。何卒よろしくお願いいたします。
本日は,お忙しい中ご出席下さり,誠に有り難うございました。

写真 左 富永学年主任より
   右 担任紹介の様子


画像1画像2

陸上競技部が本年度も「強化部」の指定をいただきました!

 本校陸上競技部が,今年度も京都市教育委員会の強化部に指定されました。
 これは,京都市教育委員会が全国レベルでの活躍が期待されている運動部を指定し,さまざまな側面から支援を行うものであり,本校陸上競技部は長くこの指定を受け,文字通り全国レベルで活躍してきています。「陸上競技マガジン(ベースボールマガジン社)」の学校対抗ランキングでは,全国の名だたる強豪校の中,堂々の5位と健闘しています。
 
 4月20日(木)16時30分から,京都市総合教育センターにて「強化部指定式」が行われ,市立高校5校の12の運動部の顧問および主将に指定証が渡されるとともに,在田正秀京都市教育長から激励の言葉が送られました。教育長からは「全国レベルでの活躍を期待するとともに,それぞれの部が各校の活性化の中心となってほしい」との言葉をいただきました。
 続いて本校陸上部顧問の渡邉為彦教諭からは,「生徒の力を信じて,昨年度以上に全国インターハイはじめ全国規模での大会で活躍できるよう,生徒・教員ともども努力していきます。これからも,温かいサポートをよろしくお願いします。」との力強い決意表明がなされました。
 今年度も,活躍を期待しています!  

[写真]
 1枚目  指定証授与の様子
      顧問 渡邉 為彦 教諭
      主将(男子)蓮葉 晴基  さん(3年)
      主将(女子)楠田 菜津美 さん(3年)
 
 2枚目  決意表明の様子

画像1
画像2

インドネシア国立マラン大学附属高校の皆さんが来校されました。

 4月19日(水)午後,インドネシア国立マラン大学附属高校の皆さん20名が来校されました。
 3月下旬に連絡をいただき,交流の内容を検討してきました。始業式の時に,2年生に交流希望者を募集したところ,20名の生徒が名乗りを上げ活動を開始しました。短い準備期間でしたが,「京都まちめぐり」企画を練り上げていきます。4人1班で,5つの班を構成し,それぞれの班にインドネシアの高校生を4人招き入れます。
行先は,1.漢字ミュージアムから錦市場 2.金閣寺 3.清水寺 4.寺町,新京極 5.八坂神社です。
 まず,7階メモリアルホールでウェルカムパーティーを計画しました。インドネシアの高校生からも,すてきな民族舞踊や歌のご披露がありました。「京都まちめぐり」の班のマッチングが終わり,いよいよ出発です。約3時間のまちめぐりですが,たくさんの文化交流ができたのではないでしょうか。3月に本校の海外フィールドワークでインドネシアコースに参加した生徒も多く,インドネシアの文化を再度感じることができたことでしょう。また,同時に日本,京都の文化も再確認することができましたが,もっと我々が住んでいる京都のことを知る必要性を感じた一日となりました。
 マラン大学附属高校の皆さん,どうぞお気をつけてこの後の日本での行程を,楽しんでください。またお会いできる日を楽しみにしています。


画像1
画像2
画像3

15期生学習合宿最終日(その3)

 予定通り,全員無事学校に到着しました。みな満足げな顔をしています。明日からは,平常授業です。今日はゆっくり休んで,明日に備えてください。
 15期生のみなさん,この経験をぜひ次につなげていきましょう。生徒スタッフのみなさん,お疲れ様でした。
画像1

15期生学習合宿最終日(その2)

 予定通り宮津ロイヤルとテルを後にして,15:30分現在,京丹波パーキングで休憩中との連絡が入りました。16:30ごろ,学校に到着予定です。

15期生学習合宿最終日(その1)

 学習合宿も,最終日を無事迎えることができました。テストを終え,予定通りグループワーク発表会が行われます。5人もしくは6人で構成されている班が56チームあり,それぞれの班で5回発表が行われます。全員が発表する機会があり,発表時以外は,他の班の発表を聞きに行くことになります。皆さん,いっぱい質問をしてください。そして,発表をぜひ楽しんでください。
画像1
画像2
画像3
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
全日制
4/29 (昭和の日)
4/30 3年プレステージ模試(外・希)
5/2 遠足
5/3 (憲法記念日)
5/4 (みどりの日)
5/5 (こどもの日)
京都市立西京高等学校
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:(全日制)075-841-0010
   (定時制)075-841-1240
FAX:075-822-5702
E-mail: enterprising@saikyo.edu.city.kyoto.jp