京都市立学校・幼稚園
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
進取の気性 Willingness to undertake new ventures and initiatives  敢為の気概 Willingness to undertake complications and risks  独創心 Willingness to display creativity and individuality

15期生学習合宿スタッフ活動中!

 高校1年生は,4月17日(月)から19日(水)まで宮津ロイヤルホテルで学習合宿を行います。この合宿の目的は,3つあります。1つ目は,高校での学習方法を学ぶことです。高校での授業は,進度も早く内容も難しくなります。受け身ではなく,主体的な学習姿勢が必要です。具体的には,予習をして授業にのぞみ家庭学習で復習をおこなう。そして,土曜活用講座で理解が定着しているかどうかを確認するという,学習のサイクルを確立することが大事になってきます。学習合宿では,実際に授業を行い,予習の仕方,土曜講座に向けた学習の仕方を体験します。
 2つ目は,グループワークの仕方を学ぶことです。西京高校では,さまざまな場面で4,5人のグループでディスカッションを行います。他者を尊重し,意見を出し合い議論を深めることを体験します。
 3つ目は,生徒スタッフがあらゆる場面で活躍することです。今回220名の生徒が,スタッフに立候補しました。生活部,事業部,広報部,グループワーク部の4つの部署にわかれ,多くの企画を立ち上げています。校歌の歌詞の内容を調べ,先生方へのインタビュー,グループワークの仕方の事前学習,しおり作成などなど多岐にわたる活動を日々行っています。
 今回紹介するのは,「内外融合企画」です。これは,附属中学校出身の生徒(内進生)が,高校から入学した生徒(外進生)と一緒に校舎を見学し,施設を案内するというものです。初対面の生徒同士ですが,同じ時間を共有することでうちとけ合っていきます。対話を通じて,他者を理解する大切さを実感していきます。内進生,外進生の区別なく,西京生15期生として,高みをめざしてくれることを期待しています。

写真 施設案内をしている様子
画像1

始業式,中高合同対面式が行われました。

 入学式が滞りなく終了し,12時から中庭にて新2,3年生のクラス発表が行われました。発表されたとたん歓声が沸きおこり,そのおおきな声が職員室まで聞こえてきました。ホームルームで担任紹介の後,アリーナで全学年がそろって始業式が行われました。竹田校長から,転任,退職された教職員,ならびに新たに本校に着任された教職員の紹介がありました。続いて今年度最初の校長の挨拶があり,その中で4つのことを強調されました。
 1つめは,挨拶。人間関係を築き,人とかかわる基本となる挨拶を自然な形で行いましょう。2つ目は,場と状況の判断を行うこと。自分の行動が,その場にふさわしいのか,また,その状況で何をしなければならないのかを考えることが重要です。3つ目は,人権感覚を研ぎ澄ますこと。SNS等の利用の仕方など,今一度見直してみてください。4つ目は,学習時間の確保です。具体的な時間は,最低1週間で15時間以上です。以上4つのことを肝に銘じてください。
 次に,中高合同対面式です。ここからは,中学生徒会,高校自治会の取り仕切りで行われます。中学生徒会長,高校自治会長による西京祭の紹介がありました。今年も中高が一体となって取り組むことを確認し,固い握手を交わしました。
 中学生が退場後,次に行われたのは新高校1年生による「クラス1分間紹介」です。各クラスとも,独自の工夫を凝らしたユニークな発表で,会場全体が和やかな雰囲気になりました。吹奏楽部による演奏も行われ,温かく新入生を迎えるに会に花を添えることとなりました。この対面式を通じて2,3年生も自分たちが1年生のころを,思い出したのではないでしょうか。
 今週は,検診やオリエンテーションが中心になりますが,14日(金)から授業が始まります。皆さん,新学年の準備を怠りなく進めてください。

写真左上 クラス発表の様子
写真右上 中高合同対面式の様子
写真左下 クラス1分間紹介
写真右下 吹奏楽部の演奏
画像1

第15期生の「入学式」を行いました!

 4月10日(月)9時30分から,7階京一商西京メモリアルホールにて,西京高校エンタープライジング科平成29年度入学式が挙行され,本校附属中学校および府下の各中学校から合計285名の新入生が,晴れて「エンタープライジング科第15期生」としての歩みを始めました。

 竹田校長は式辞の中で,「本校は,国際的に活躍できる人材を育成する,日本を代表する高等学校として,文部科学省から『スーパーグローバルハイスクール』に指定され,質の高いカリキュラムの開発・実践,そしてその体制整備を進めています。また,学術顧問として,ノーベル物理学賞を受賞された赤崎勇先生,本日この後御講演も賜ります島津製作所相談役の服部重彦様をお迎えし,まさしく本校がめざす“社会で活躍・貢献できる社会人力を有した生徒”の育成を図る環境が強固なものになっているところです。新入生の皆さんは,この進化しつつある西京高校エンタープライジング科の第15期生として入学され,輝かしい本校の歴史に新たなる1ページを刻んでいくこととなります。」「そこで皆さんにお聞きします。『決意』,いえ『覚悟』はできていますか。自ら選んだ道としての高校生活は,自らの意思で,自らと自らの将来のために行うものであり,ここで学ぶことを選択し許可された皆さん自身が,主体的に行動力を持って行うものです。もちろん学校は,皆さんそれぞれの将来の夢の実現のためにさまざまな道筋を示し,課題や方法を提示し,時には超えるべき壁となって,行く手を阻むことがあるかもしれません。しかし,どんな堅固な壁であっても,皆さん自身がその課題に果敢に挑み,何度跳ね返されても突破するまで挑戦し続けることで,皆さんがさらに大きく成長していくことを願って,学校はあえて『試練の壁』となっているのだ,ということを,十分理解しておいて下さい。」と述べられ,「本校生徒の多くが入学を希望している京都大学では,教育・研究に関する基本理念として『対話を根幹とした自学自習』を掲げています。京都大学 総合博物館 准教授 塩瀬隆之先生は,ご講演で『京都大学の掲げる「対話」とは言葉・価値観・文化・考え方の違う人達の視点を捉えて,自分の視点を知る方法である』とおっしゃっています。また,先生は,「個人の視野は狭い。ややもすると自分が知っていることで,世界を知った気になってしまう。人は「対話」することで,視野を広げる。つまり「対話」をすることによって自分を変えることができる。多様なパートーナーと創造的な活動を共にすることが大切だ。」と述べられています。塩瀬先生が言う「対話」を本校に置き換えてみると「社会人力」,すなわち「人と繋がること」「社会と関わること」を指しているのではないかと思います。皆さんには,是非とも,この「対話」を大切にして,学校生活を送ってほしいと思います。」と新入生たちにエールを送りました。(以上は式辞の中から抜粋しました。)

 PTA北村喜次会長は祝辞で,「御入学の皆さんは,大いに自信を持って未来への一歩を力強く踏み出して下さい。」「この入学はゴールではなく,今日が皆さんのスタートの日であり,皆さんの人生全体からみると一つの通過点にしかすぎません。どうか,より一層気持ちを引き締めて,努力精進をし,新たなことにもどんどんチャレンジして下さい。」とのべられ,エンタープライジング科で学ぶために必要な3つのこととして「謙虚さ」(謙虚に,素直に学ぶ姿勢で多くのことを学ぼう),「未来への関心」(興味関心というアンテナを張ることで未来を感知する力を身に付けよう),「努力」(自分の中で限界を設けて諦めてしまうことなく,ひたむきに努力しよう)を挙げられ,「これらを忘れずに高校生活を楽しんほしい。」と激励して下さいました。

 新入生代表は答辞の中で,「日本は平和で,また質の高い教育を受けられる国です。ということは,勉強に関しても,様々な学校行事にしても,最終的にどれだけ多くのものを得られるかは,私たちそれぞれの気持ち次第です。よって私たちは何のために学ぶのか,ということを考え,またこのとても恵まれた環境に感謝しながら,学校生活を送っていきたいと思います。」と力強く決意を述べていました。

写真
左上 学校長式辞  
右上 新入生宣誓
左下 新入生答辞
右下 担任 紹介
画像1

トップリーダー研修「第1回事前オリエンテーション」を行いました!

 4月8日(土)午後1時30分から午後4時まで,535教室において,校内選考で選ばれた第2学年の生徒16名とその保護者の皆様にも御参加いただき,本校が主催してこの夏(8月1〜10日の10日間)実施する「エンタープライズトップリーダー研修」の第1回事前オリエンテーションを行いました。
 冒頭に,岩佐教頭から「もちろん自己実現のために努力し,スキルを磨いてほしい。でもそれだけでなく,君たちの能力をぜひ西京に還元してほしいし,世のため人のために使ってほしい。皆さんの成長に期待します。」と激励の言葉がありました。
 この研修は本校独自に行っているものであり,今年度が第4回目の実施となります。1年次の3月に全員で取り組んだ海外フィールドワークの成果を踏まえ,グローバルリーダーとして更に次のステージでの研鑽を積みたいという生徒を対象としております。昨年までは,カリフォルニア大学バークレー校(UCB)にて実施してきましたが,今年度は場所をボストンにかえ,レズリー大学の学生寮に泊まり込み,学生チューターとのセッション(英語によるディスカッション,ディベート,プレゼンテーション等)や大学・企業の研究者訪問等を通して,生徒一人一人がめざす生き方や自らの将来像について広い視野から考える契機とし,併せて自らを表現するスキルの向上も目指しています。また,実施に当たっては,京一商西京同窓会様から多くの御援助をいただいております。
 その準備のため,出発までに今回を含めて計5回の事前研修を予定しており,第1回目の本日は手続きの説明と「キックオフガイダンス」を行いました。本校と一緒に研修の企画,運営を担当するISAの担当者を講師に,グローバル社会に生きるグローバル人材の育成をめざす今研修の目的や,その目的を実現するための事前・事後研修や現地での研修の意義と内容を,講義やワークショップを通して参加生徒と確認しました。研修の最後にレポート課題の説明等があり,生徒たちは次回の研修(5月14日[日]のコミュニケーション研修)に向けて,決意を新たにしていました。
 トップリーダー研修第4期生となるエンタープライジング科14期生の皆さんの活躍に期待しています。

写真左 グループワークの様子   
写真右 参加者と講師の先生と記念撮影
画像1画像2

附属中学校で入学式が行われました。

 緊張した様子で中学1年生120名が,西京の門をくぐりました。高校生にとって,本当にかわいらしい弟,妹たちです。さまざまな学校生活の中で,高校生は模範となる憧れの先輩になってくれるものと信じております。
 式辞の中で竹田校長は,2つのことを強調されました。1つ目は,「入学試験に一人で立ち向かったことを誇りに思い,自信を持ち続けてほしい。しかしながら,この入学を機にいったんリセットしてゼロから学習してほしい。」2つ目は,「中学での学習は,西京高校エンタープライジング科につながっているということを忘れないでほしい。西京高校では,人とつながり,社会とかかわり,果敢に挑戦することを求めている。中学校でも,積極的に,主体的に取り組んでほしい。」と述べられました。
 新中学1年生は,新しい環境で不安なことばかりかもしれません。さまざまな困難ことが待ち受けているかもしれません。でもそれ以上に,楽しいことや達成感を感じる瞬間が必ずあります。
 「あきらめなければ,道はひらける。」これは,本校学術顧問でノーベル物理学賞を受賞された赤崎勇先生のお言葉です。失敗を恐れず,挑戦してみましょう。教職員はもちろん,まわりの仲間が皆さんをサポートします。
 高校の入学式は,4月10日(月)午前9時30分から開始いたします。また,昨年に引き続き,入学式終了後に本校学術顧問,株式会社島津製作所相談役の服部重彦様による記念講演が行われます。午後からは,平成29年度の前期始業式がおこなわれ,いよいよ新学期のスタートです。心機一転,頑張っていきましょう!

写真左 学校長式辞   写真右 新入生による「誓いの言葉」
画像1画像2

第3回入学予定者登校日で1年生クラス分けの発表等を行いました!(つづき)

部署別での打ち合わせの様子のです。
画像1画像2

第3回入学予定者登校日で1年生クラス分けの発表等を行いました!

 本日(4月6日[木])午後は,第3回入学予定者登校日でした。
 12時に正面玄関でクラス発表が行われました。6階のホームルーム教室に移動し,学級担任やクラスメイトとの顔合わせの後,制服受け取り,テスト(スタディサポート)等を行いました。
 3月の登校日の際に,4月17日(月)から二泊三日で実施される「学習合宿」を運営する生徒スタッフを募集しました。この「学習合宿」は,高校での勉強の仕方を学ぶことはもちろんですが,それ以外に5名から6名で行うグループワークを通して,ディスカッションの仕方や発想法を学びます。最終日には,ディスカッションした内容を発表する時間が設定されていますが,これらすべての取り組みは,生徒スタッフが運営します。
 17時に全体の予定が終わった後,学習合宿スタッフの生徒たち(1学年約280名中,今年のスタッフは総勢約220人です)は,広報部・事業部・生活部・グループワーク部の4か所に分かれ,自己紹介,ディレクターを中心とした役割分担の確認を行いました。どの部署でも早速生徒が自分たちで会議を仕切って,今後の役割分担をてきぱきと決めていました。初めて内部進学生と外部進学生が出会い,恥ずかしがりながらコミュニケーションをとりました。
 大事なことは,「主体的に活動する」「業務の遂行に当たってはスマートかつ正確に」「情報共有をしっかりと」など,特に今年はこれまで最大規模のスタッフが立候補してくれていますので,「積極的に仕事を見つけに行く姿勢で」という点です。
 いよいよ再来週に迫った学習合宿の準備に向けて,明日以降も,広報活動の段取り,内進生−外進生融合企画の内容検討,しおりの内容の確認等,それぞれのチームごとに,より大きな成果を収めるべくディスカッションや作業に当たっていきます。
 明日も登校日です。環境が大きく変化し,めまぐるしい日々が続きますが,健康に気を付けて元気に高校生活をスタートして下さい。ガンバレ,15期生!

[写真]
左  クラス発表の様子
真中 ホームルームの様子
右  ホームルームの様子

 
画像1画像2画像3

ごあいさつ

ごあいさつ                  京都市立西京高等学校 
                       校長 竹 田 昌 弘

 京都市立西京高等学校校長の竹田です。
 平成15年には、本校の伝統のさらなる充実と発展を図るために、『進取・敢為・独創』の校是の下、未来社会を創造するエンタープライズシップにあふれた、21世紀をリードする人材を育成するとの教育理念に基づき、「エンタープライジング科」が開設されました。さらに16年からは中高一貫教育も導入し、今年度の高校入学生で新学科第15期生を数え、「エンタープライズ第2ステージ」も中盤を迎えることとなります。
 本校は平成27年度に、文部科学省からSGH(スーパーグローバルハイスクール)として研究開発指定をいただき、これまでの取組を拡充しつつ、国際的に活躍できるグローバルリーダーの育成に積極的に取り組んでいます。
 私は、生徒たちが本校の掲げる三つのC(コンピテンシー)[【1】Communication(人とつながる力)【2】Collaboration(社会と関わる力)【3】Challenge(果敢に知と向き合う力)]をしっかりと身に付け、その能力や技能を最大限に生かして、激動する21世紀の世界で自分の役割を果たしながら活躍・貢献できる有為な人物となるよう、本校教育の充実発展に邁進していきたいと考えております。
 今年度の学校経営の基本方針を掲載いたします。ぜひご覧ください。今後とも御支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

画像1

今年もよろしくお願いいたします

本年度も,よろしくお願いいたします! 新しい年度が始まりました。
 平素から本校のホームページを御覧下さり,有り難うございます。
 今年度も,本校の取組等についての情報を,保護者・地域の皆様に発信してまいります。
 なお,これまでに掲載しました過去の記事につきましては,
  ・左下の「過去の記事」欄
  ・右上の「カレンダー」
  ・右上の「検索」欄
 等から御覧いただくことができますので,御利用下さい。

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
全日制
4/12 アセンブリ・確認テスト・検診等・部活動紹介
4/13 確認テスト・検診等
4/14 授業開始 1年学年行事日 2年3年特別時間割
4/15 土曜活用講座2年-1 2年進路保護者説明会
4/17 1年学習合宿 2年3年特別時間割
4/18 1年学習合宿 2年3年特別時間割
京都市立西京高等学校
〒604-8437
京都市中京区西ノ京東中合町1
TEL:(全日制)075-841-0010
   (定時制)075-841-1240
FAX:075-822-5702
E-mail: enterprising@saikyo.edu.city.kyoto.jp