京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/09/13
本日:count up33
昨日:78
総数:190933
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
平成29年4月 伏見工業高校全日制は移転しました。                      現校地は 伏見区深草西出山町23 TEL(075)646-1515 です。

【硬式野球部】KBS京都「京スポ」 7/6放送

 7月6日(木)放送予定のKBS京都『京スポ』で我が三校「洛陽工業・伏見工業・京都工学院高校」硬式野球部が紹介されます。

【KBS京都】http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/kyospo/

画像1

京都ボート選手権大会 兼 愛媛国体選考会

日 時 : 平成29年6月18日(日)
場 所 : 滋賀県立琵琶湖漕艇場

【平成29年度京都ボート選手権大会
  兼 第72回国民体育大会ボート競技 京都府選考会】

  ■少年女子シングルスカル
    伏見工業  3年5組 梶井綾乃  3位
    京都工学院 2年3組 森永麻緋  5位

  ■少年女子ダブルスカル
    伏見工業  3年2組 小原芽依  優勝

  ■少年男子シングルスカル
    伏見工業  3年4組 木佐貫晴斗 4位
    伏見工業  3年1組 村坂涼太  6位

  上記の選手は京都府少年 京都選抜チームとして愛媛国体へつながる
  近畿ブロック(7/16@兵庫県円山川城崎漕艇場)に出場します。
画像1

創造研究(課題研究)の取組み

 生産技術システムコースの授業風景です。スクラップ入れやサイドテ−ブルを製作している所です。
 帯ノコ盤で材料を寸法通りに切断しています。多くの材料を切断するので、時間がかかり単純な作業ですが危険を伴います(写真上)
 サイドテーブルの溶接作業です。材料がずれないように気をつけて溶接します。完成までに何度も何度も溶接を繰り返します(写真中)
 まだ加工途中ですがスクラップ入れの作品です。溶接個所が多くて、非常に多くの時間がかかります。作業台には載らないので、床の上に鉄板を敷いてその上で溶接作業をします(写真下)

 完成までにはまだまだ時間がかかりそうですが、今後が楽しみです。

画像1
画像2
画像3

【伝統のユニホーム】 最後の夏!!

画像1
【伝統のユニホーム 最後の夏】

6月24日(土)いよいよ全国高校野球選手権京都大会(7月8日開会式)の抽選会が開催される。我が硬式野球部は統合再編ということで,高校野球連盟の配慮もあり,今年度洛陽工業高・伏見工業高・京都工学院高3校の連合チームで大会に参加することが認められた。洛陽工と伏見工のユニホームで大会に参加するのは今大会で最後ということになる。両校OBの方々の思いを察すると複雑な気持ちになる。両校の最後を締めくくる学年ということもあり,既にわかっていたこととはいえ,甲子園での勝利を目指して全力で白球を追いかけてこられたOB諸氏の気持ちを考えるとかける言葉がなかなか見つからない。「顧問・部員一丸となって全力で大会に挑みます。そして学校も全力をあげて応援します」ということが今の私自身の精一杯の言葉である。

 かつて両校ともに選抜の甲子園大会に出場した輝かしい実績がある。プロ野球選手や監督として活躍された先輩もおられる。毎年後輩たちに激励と多大な支援をいただいており感謝の気持ちでいっぱいである。伝統ある洛陽工のユニホームのデザイン『RAKUYO』は今も継承されている。伏見工は私が監督時代に21世紀になり新たな伝統を築きたいとの思いから,伏見工野球部OBでもあった当時の部長と相談し,OBの了解を取り,縦縞の現在のユニホーム『FUSHIMI TECHNICAL』に一新した。当時縦縞のユニホームの学校は数少なく,全国でも伝統と実績のある強豪校と言われるような素晴らしいチームしかなかった。縦縞のユニホームにすることは大変な勇気がいったが,逆にこのユニホームを着用して試合に挑む以上,チームに誇りを持つとともに,どんな状況下においても高校生らしくはつらつとした全力プレーをする選手になってほしいという願いがあり,相当な覚悟と使命感を持って一新した経緯がある。恥ずかしいプレーに対しては随分厳しく指導してきた記憶がある。ユニホームに対する思いと野球選手として誰からも愛されるチームになれという思いは誰よりも強いと今でも思っている。

 伏見工を離れて洛陽工に異動したのが8年前,『RAKUYO』のユニホームにそでを通したことはないが,当時教頭としてスタンドで応援してきたので愛着はある。

 今の3校連合チームの部員たちに,私自身の勝手な思いや両校OB諸氏の母校のためにという願いを無理に背負わせたくはないが,重圧に感じず,誇りとプライドを持って全力で最後の1球(ゲームセット)までプレーしてほしいと思うのは皆同じではないかと思う。
大会まであと2週間あまりとなり,万感の思いで心境をホームページに掲載させていただいた。
 両校野球部OBの皆さん,どうか選手たちにあたたかいご声援と激励をよろしくお願いいたします。そして大変な重責を担うことになった監督・部長や顧問を激励していただければ嬉しく思います。

いよいよ夏 甲子園をかけた戦いが始まります。
魂を込めて 期待を込めて 
ガンバレ 洛陽工業・伏見工業・京都工学院高校野球部!!

     洛陽工業・伏見工業・京都工学院高等学校
             校長  砂 田 浩 彰

進路懇談会を開催しました

 6月13日(火)にキャリア研求の授業を利用して進路懇談会を実施しました。通常の授業では吸収できない現場で活躍されている方々のお話で、本校生徒達にとっては有意義な時間になったことと思います。
 卒業生の皆様方、お忙しい中ご協力を頂き誠にありがとうございました。

画像1
画像2

創造研求(課題研究)の取組み

 システム工学科都市情報システムコースでは、3班に分かれてまちづくり学習に取り組んでいます。写真は、深草西出町において、フィールドワークを実施している様子(6月2日)と深草学区自主防災会および西出町にお住まいの方々と情報交流(6月9日)を行っている様子です。今後は地域が安心・安全で快適なまちづくりに貢献できるよう活動してまいります。ご多忙の中、参加してくださいました地域の皆様方に感謝を申し上げます。
画像1
画像2
画像3

卒業記念品のiPad

 昨年度(2016年度)卒業生から、在校生が授業で使えるようにと、iPadを卒業記念品として贈っていただき、授業や実習で活用させていただいています。 
 今回、昨年度PTA副会長をしていただきました馬場さんの染工場【京都家紋工房・柊屋新七(体験工房) 】で、そのiPadに卒業記念品であることの印として「京都市立伏見工業高等学校2016年度卒業生一同」とプリントしてもらいました。
 シルクスクリーンを使って、iPadとケースに綺麗にプリントできました。
 iPadの裏は金属なのに、シルクスクリーンで染の技術を使ってプリントできるのには驚きました。
2016年度卒業生の皆様、保護者の皆様、すばらしい卒業記念品を送っていただきましてありがとうございます。大切に使わせていただきます。
画像1
画像2
画像3

校内大掃除

 6月6日(月)は、短縮授業で7限終了後校内の大掃除を実施、ホームルーム教室はじめエントランスや中庭、階段、廊下など共用エリアを含め全校一斉に大掃除を行いました。中間考査も先週終わりましたが、隅々まできれいにして清々しい新たな気持ちで授業に取り組めそうです。
画像1
画像2
画像3

【ボート部】近畿高等学校総合体育大会 結果

平成29年度 近畿高等学校総合体育大会 結果

  男子シングルスカル 遠山 秀雄 3位入賞
  女子シングルスカル 森永 麻緋 4位
  女子ダブルスカル  小原 芽依
            梶井 綾乃 5位
  男子ダブルスカル
  男子舵手付クォドルプル 準決勝敗退

 琵琶湖でのレースが多い中で、チーム全体で遠征というのは今年度初になりました。そんな中でも各種目、懸命に力漕し励みました。結果はタイトルを獲得することはできませんでしたが、9月ある新人戦に目向けていいスタートを切れたと思います。
 今週末には熊本県菊池市にてJOCジュニアオリンピックカップに男女各1名が出場します。

画像1

洛陽・伏見合同3年生進路説明会

 5月31日午後から、3年生の進路説明会が開催されました。志望理由書講座、小論文講座、進学講演はじめ、模擬面接、自己PR講座や、公務員講話、公務員試験対策などの各講座が校内の教室を会場に行われました。また、京都工芸繊維大学、龍谷大学、京都産業大学など大学や専門学校の説明会も学校別に行われ、生徒たちは志望先の説明を熱心に聴き入っていました。
画像1
画像2
画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
京都市立伏見工業高等学校
【全日制】
〒612-0884
京都市伏見区深草西出山町23
TEL:075-646-1515
FAX:075-646-1516
E-mail: fushimi@edu.city.kyoto.jp
【定時制】
〒612-0011
京都市伏見区深草鈴塚町13
TEL:075-641-5121
FAX:075-641-5950
E-mail: fushimi@edu.city.kyoto.jp