京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2016/05/28
本日:count up51
昨日:88
総数:300170
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
思いやりの気持ちを!     いまを大切に!     オール洛陽のメンバーとして結集を!

ハイパー実習 ハイブリッドロケットの製作

 2年生ハイパー実習で取組んでいるハイブリッドロケットの製作ですが、チームを分けてロケット本体のグループと開放機構のグループで検討を進めています。
ロケット本体のグループは、シミュレーションソフトを用いて、ロケット到達高度、発射台を離脱するときの速度など、各制約条件を満たすようにフィンの寸法・形状、機体寸法などを決めます。前回個々人で行ったシミュレーションを集約して、チームとしてのロケットの設計を開始しました。
 また、開放機構のグループは、パラシュートを放出するために、機体の一部を開けてパラシュートを機体から空中に打ち出すことを考えています。今回は、機体に開閉式の扉を設けることを検討、さっそくペットボトルを切って機構を確認し始めました。できる限り前倒しで設計を進め製作まで行いたいとみんな頑張っています。

画像1
画像2
画像3

遠足2

 元町・ハーバーランドを班別に散策したのち、三々五々元町駅に集合。京都へ向かって帰路につきました。

画像1

遠足

本日,5月13日(金)晴天の下,生徒たちはクラスごとに分かれて遠足に行きました。写真上:京都駅出発 写真下:神戸到着
画像1
画像2

2年生課題研究

 京都ものづくりコースの2年生課題研究では、サッカーロボットの製作に取り組んでいます。4、5名のチームを組んでチームごとに自分たちで考えたロボットを製作します。チームによっては今週から部品の加工を開始、まずはロボットの骨格となるフレーム部品を切断したり、穴加工を行いました。
 ロボットのタイプは、ボールをローラで押し出す方式、パワーショベルのようにボールを持ちあげて相手コートに入れるものなど様々な方式をそれぞれのチームが考えています。どんなロボットになるのか今後が楽しみです。
画像1
画像2
画像3

軽音楽部 コンクールの様子

 先週の連休中の5月5日(木)、軽音楽部3年生が京都教育文化センターで行われた京都高校・中学校軽音楽コンクール(JEUGIA主催)に出演しました。
 他校の生徒などたくさんのお客さんの前で、日頃の練習の成果を発揮しました。結果は残念ながら賞をとることはできませんでしたが、大きいホールでたくさんの観客の前で演奏するという素晴らしい経験となりました。

画像1
画像2

ハイパーステージ ハイブリッドロケット打上げ

 5月8日(日)、ハイパーステージ2年生課題研究で取組んだハイブリッドロケット2機の打ち上げをコスモパーク加太(和歌山)で和歌山大学のご協力のもと実施しました。今回は、3月に打ち上げ予定のものが延期となり5月にずれ込んだものです。打上げ直前に重心位置を前にして安定化する作業を実施、ロケット先端部に錘を追加しました。
 最初の1機は発射後綺麗な軌道で飛びましたが、追加した錘の影響で最高到達高度が低くなり、パラシュートが開く前に落下しました。2機目は、ロケットエンジンの燃焼不良が発生し発射できませんでした。ほどなく終了時刻となってしまい、予備のエンジンに交換する時間もなく撤収作業に入りました。
 これらを教訓にして次回はぜひパラシュートを開き、機体を無事回収したいと思います。打上げに多大なるご支援・ご協力いただきました和歌山大学の関係者の皆様、本当にありがとうございました。
ロケット打上げの動画は本校Facebookでご覧いただけます。

画像1
画像2
画像3

西大路駅にて募金活動開始

 本日5月9日から、生徒会主催で熊本地方の地震に対する募金活動を西大路駅前で開始しました。これは生徒会が各文化部、運動部に呼び掛けて募金活動を行うもので、12日(木)まで続けます。活動を開始した3時半直後にはあいにくかなりの雨も降り、乗降客もまばらでしたが、生徒たちは大きな声で元気よく募金のお願いを行っていました。多くの方々にご賛同いただけると幸いです。
画像1

卓球部 春季大会に参加しました。

画像1画像2画像3
5月3日、4日の二日間、島津アリーナにおいて、卓球の春季大会が行われました。インターハイにつながる大切な試合です。3日は団体戦でした。今年は洛陽、伏見、工学院の合同チームで初めて挑みました。4日は、ダブルスとシングルス。自分の持てる力を精いっぱい使って頑張りました。残念なことに二次予選に進むことはできませんでしたが、三つの学校が一つになって練習し応援出来たことはうれしいことでした。次の公式戦に向けて、新たな出発です。

バレーボール部 京都工学院との合同練習の様子

 洛陽工業高校と京都工学院高校では、一部の部活動において合同練習を行っております。今回は、バレー部の練習風景の写真を掲載いたします。
このゴールデンウィーク、そして毎土曜日に京都工学院高校の1年生6名が洛陽工業に来て一緒に練習をしています。来年度は同じ校舎で練習を行うこともあり、洛陽工業の生徒が工学院高校の体育館で練習することも計画しています。早くお互いがひとつのチームとしてまとまっていけばいいですね。

画像1
画像2

洛陽高校 第一回卒業生

 昭和24年(1949年)3月、洛陽高校になって初めての卒業生が学校を巣立っていきました。この年に限って高校2年生のうち、希望すれば京一工・京一商など、旧制中等学校のまま卒業することが認められていました。
 その制度による第一回卒業生は、高三卒189名、高二卒220名、付設中132名、合計541名でした。洛陽では高校2年生の3分の1にあたる220名の生徒がこの制度の卒業生となりました。特に女子生徒は新しい学制への不安からか、3分の2がもとの高等女子学校や女子商業学校の卒業生となったと記されています。
(洛陽工高百年史より引用)

※HP公開にあたり卒業証書のお名前を伏せさせていただきました。
画像1
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
行事予定
5/30 1学期中間考査(〜5/31)
5/31 1学期中間考査(〜5/31)
6/2 午前中授業3456,進路学習の日(PM)
6/3 日本漢字能力検定
6/4 土曜授業(2,3年Hyper)
京都市立洛陽工業高等学校
〒601-8467
京都市南区唐橋大宮尻町22
TEL:075-691-3161
FAX:075-682-5668
E-mail: rakuyo@edu.city.kyoto.jp