京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2021/10/20
本日:count up163
昨日:257
総数:656882
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学校教育目標:『自ら考え行動し、協働できる生徒の育成』〜つながりを意識した学校〜  目指す生徒像:「周りの意見に耳を傾け、自分の考えを適切に伝えられる生徒」

10月20日 3年生は、来週待望の修学旅行です!

画像1
 3年生は、来週の火曜日から待ちに待った修学旅行です。3年生のフロアには、去年長野について調べ学習をして作成した長野の紹介新聞が掲示してあります。2年のクラスの班でそれぞれ作って、クラスでベスト1を選んだ、とっておきの5枚です。どの班の作品も大作揃いで、1つに選ぶのは大変だったとか。あのときも頑張りましたね〜。

 明日はしおりを作成して、読み合わせです。3年生の先生たちがたくさんの時間をかけてやっと完成したしおりを元に、1つ1つ行程を確認していきます。体育大会や太秦文化の日で、同じ時間を一緒に過ごす楽しさを実感しただけに、この修学旅行がますます楽しみにしていることでしょう。この修学旅行で学年の仲間の新たな一面を発見し、さらに絆を深める旅にしてください。

10月20日 進路だより「羅針盤」No,100〜102

画像1
 みなさん、こんにちは。
 すっかり秋、というより冬に向かっていることを実感する様子になりましたね。服装の調節が大変です。体調を崩さないようにしなければ、と思う毎日です。
 さて、進路だより「羅針盤」No,100〜102を紹介します。
 今、3年生は進路懇談、1・2年生は教育相談です。3年生は今目の前にある『進路』ですが、1・2年生も、「羅針盤」を読んで『卒業後の自分』を考えてみる時間を作ってみてください。

★自分はどんな高校があっているのか No.100
 中学時代,成績はだいたい中ぐらいでした。その人が,頑張って,難しいといわれているA高校へ入学することができました。しかし,本人は入学できたものの,毎回補習対象になり,どんどん勉強するのが嫌いになってきました。
 また,同じような成績の生徒が,B高校へ入学しました。その生徒は,B高校では,中の上ぐらいの成績で,中学校時代でもそんな成績をとったことがなかったので,うれしくなり,勉強することがどんどん好きになり,ますます成績が上向きとなりました。
 みなさんはどんなタイプでしょうか?

★東稜高校へ行ってきました! No,101
 太秦中学校からだと,太秦天神川駅まで歩き(約15分),京都市地下鉄東西線に乗って小野駅までいき(約30分),そこから徒歩で(約15分),合計1時間でつきます。
 東稜高校は日本で3つしかない防災の学習をするコースがある高校で,一つは宮城県,もう一つは兵庫県,そして,京都の東稜高校です。また,東稜高校は普通科で唯一となっています。他の高校は防災学科などの専門学科にそのコースがあります。

★高校生等修学支援事業の使用をされる皆さんへ! No,102
 「高校生等修学支援事業」とは,勉学意欲がありながら経済的理由により修学が困難な高校生等に対し,修学資金の貸与(貸付)等を行うことにより,教育の機会均等を図り,もって社会の発展に寄与する人材の育成に資することを目的としています。

 「羅針盤」はこちらから
 ⇒ 進路だより100
   進路だより101
   進路だより102

10月19日 「太秦文化の日」(6)〜文化委員長挨拶〜

 最後に、文化委員長Aさんの終わりのあいさつです。
 「今年の太秦文化の日はいかがだったでしょうか。
 1年生の頃は、脚本・監督の2人のTくんを中心に、みんなで学年劇「職の名は」を成功させましたね。主演Sくんのまる子ちゃん。赤いスカートをなびかせての熱演は素晴らしかったですね。エンディングの出演者全員の踊りは、見ているこちら側も元気をもらいました。自分に合った職業や将来について考える機会になりました。
 2年生では、劇団衛星さんに来ていただき、間近でプロの演劇を鑑賞しました。コロナ禍の中でも、体育館で行った合唱コンクールも忘れられません。クラスみんなで、どうしたら良い歌を歌えるか作戦を立てたりして、苦労の中にも学年全体の仲の良さや団結力を感じました。
 そして今日は、3年生にとっては最後の太秦文化の日でした。毎年あった合唱コンクールも中止となり、例年通りに楽しめない悔しさもありましたが、私たちの企画、提案に協力してくださった委員会の方々や最後までわがままを聞いてくださった先生方のおかげで開催することができました。この状況下でそれぞれが思うことはあったと思いますが、一緒に過ごすことで今まで知らなかった友達の一面に触れ、より仲が深まったと思いました。
 昨日の体育大会は、結果だけではなく、多くのものを得ることができたと思っています。今みなさん一人ひとりが感じている達成感は、決して一人では味わうことができませんでした。笑顔と達成感にあふれた今年の体育大会と太秦文化の日は大成功だと思います。
 3年生としては、行事は一つ、また一つと終わっていくことを、少し寂しく感じています。約2週間後に迫った3年生最後の行事となる修学旅行は、今日まで身につけた経験や感動をパワーに変え、学年みんなが一丸となりしっかり準備して、自分たちの力で成功させましょう。みなさん、ありがとうございました。」

 3年目の体育大会、そして太秦文化の日が終わりました。この挨拶を聞いて、3年生が一つ一つの行事をかけがえのない宝物にするために、みんなで大切に築き上げてきたことが伝わってきました。下の写真は、テスト後9月15日(水)の体育館で、そして10月7日(木)の玄関前での練習風景です。オープニング成功のために、1ヶ月以上かけて取り組んで来たこの姿に、今まですべての行事にひたむきに取り組んできたことが見て取れると思います。
 3年生は、卒業までいよいよ半年を切りました。この2年半で身につけた力で、次は自分自身の進路を掴み取りましょう!
画像1

10月19日 生徒会立候補者あいさつ運動

画像1画像2
 みなさん、おはようございます。
 めっきり涼しくなりました。
 その朝を、
 「おはようございます!」
と爽やかに迎えさせてくれる、生徒会本部執行部の立候補者たちの声が響いています。昨日は少し緊張もありましたが、今日は堂々とした様子が感じられ、頼もしく感じました。(上の写真を見ていると、その元気な声が聞こえてきそうです。)

10月18日 「太秦文化の日」(5)〜3年吹奏楽部〜

 3年生代表、Iさんの挨拶(つづき)です。
 「そして、最後は吹奏楽部の演奏です。夏休み後半から10月まで部活中止となり、練習再開からわずか2週間という限られた練習期間で今回の演奏を仕上げてくれました。この短い期間で仕上げるのは、さすが吹奏楽部ですね。
 これまでの集会は、コロナの関係でリモートで行ってきたため、こうして体育館で集まれて、画面上でなく生で演技の熱量を感じられるのは久々で楽しみです。久しぶりにみんなで一緒に笑ったり、感動したりできるこの時間を大切に過ごしましょう。」

 今回の吹奏楽部の発表は、3年生がビデオ発表という形でした。体育大会の後、体育館の舞台で撮影しました。みんなを代表して、先生たちが聞かせてもらいました。
 心のこもった、ステキな演奏をありがとう!
画像1

10月18日 「太秦文化の日」(4)〜1組トーンチャイム〜

 そして、3年生代表、文化委員Iさんの挨拶です。
 「1組さんは今回トーンチャイムを披露してくれます。トーンチャイムで奏でてくれる美しい音色を、耳を澄ませて聴いてください。」
画像1

10月18日 「太秦文化の日」(3)〜落語〜

 太秦文化の日、第3弾〜落語〜です。

 3年生代表、文化委員のTさんの挨拶です。
 「さあ始まりました太秦文化の日。みなさん、このときを楽しみにしていましたか?
 ところで、今回の見所は何か知っていますか。まず最初は、生徒会のオープニングです。私たちが楽しんでスタートできるように企画し、何日も放課後に残って準備してくれました。一体何をしてくれるんでしょうか。
 そして、今年の目玉は日本の伝統文化である落語を、生で味わえることです。落語とは江戸時代から現在まで伝承されている、伝統的な話芸の一種で、話の最後に『オチ』がつくことを一つの特徴とされているので、その『オチ』にも注意してみてください。よくテレビで、漫才やコントを見る人は多いと思いますが、落語を見ることはなかなかないんじゃないでしょうか。さらに南京玉すだれもしてくれるそうです。南京玉すだれとは、軽快な歌に合わせ踊りながら、小さなすだれで釣り竿や橋などを表現する日本の大造芸の一つで歴史ある芸です。日本の伝統文化『落語』をみんなで楽しみましょう。」

 お礼の挨拶は、Hさんです。
 「本日はありがとうございました。私は落語を今日初めて見ました。落語は知っていたのですが、こんなにも面白いものだとは知りませんでした。日本の伝統芸能は、他にも能楽や歌舞伎などがありますが、仕掛け舞台や衣装、音楽などを使わずに、落語は言葉だけで一人で何役も表現するところがすごいと思いました。
 私たちは、劇でさえ人に伝えようとすることは難しいと感じているのに、もっと難しい落語で人の心を動かしていることに感動しました。
 今日の落語は、私たちにとってとても良いものになったと思います。普段なかなか見る機会のないものを見せていただき、本当にありがとうございました。」
画像1

10月18日 生徒会代替わりへ

画像1
 今日の朝、たすきを掛けた生徒たちが集まっていました。次期生徒会本部執行部の立候補者と応援者が、朝の挨拶運動をするためです。
 「おはようございます!」
の声が、最初は緊張感にあふれていましたが、徐々に慣れてきて、声も大きくなってきました。今週いっぱい、頑張ってくれます。私たちの代表となる人たちです。しっかり支えていきましょう!

 そして、先週は前期最終の委員会を行いました。どの委員会も、前期は活躍してくれてよく頑張ってくれました。保健委員会担当のO先生は、
 「『今後も時期に合わせた健康情報をクラスに呼べ掛けられ絵たら良いと思います。』『コロナ禍なので、石けんを補充するのは大切な仕事だと思って頑張りました。』など、委員の自覚にあふれた感想を書いてくれていて、頼もしく感じました。後期に向けてのエネルギーをもらいました。」
とおっしゃっていました。
 また、部活によるそうじクラブは、体育大会で陸上部・サッカー部が建ててくれたテントの撤収作業を中心に頑張ってくれました。
 太中生、大活躍です!
画像2

10月18日 陸上部「京都市駅伝競走大会」

 みなさん、おはようございます。
 昨日、たけびしスタジアムで京都市中学校駅伝大会が行われました。
 本校からは男女共に出場しました。集合時には雨が降っており、出発までに止むか心配していましたが、レース時には絶好の駅伝日和の天候に回復しました。そうそう、女子のレース途中に少しだけ雨が降って、止んだ後にはきれいな虹が出ていましたよ。
 大会について、顧問の先生にお話を伺いました。
 「コロナ禍で練習時間も限られ、厳しい中での試合となりましたが、男女共総合24位という成績を収めることができました。ほとんどの学校は中長距離パートからこの駅伝チームを編成する中で、太秦中は中長距離だけでの編成ではなく、他パートから出場してくれた選手や、他の部活からも助っ人として来てもらってのこの順位です。みんな一丸となって、それぞれのベストを出し切ってくれたおかげで取れた、素晴らしい結果です。
 『頑張れた!』と、練習の成果に手応えを感じた選手、『もうちょっと上目指せた・・・』と、悔しさを感じている選手、いずれの感想もさらに高みを目指すエネルギーになります。1・2年生主体のチームでの参戦、来年度がさらに楽しみになる試合結果でした。
 出場者の皆さん、お疲れ様でした。残りシーズンの試合も、この調子でベストを尽くしてください!」

 たすきをつなぐ駅伝大会。自分の走りがみんなの勇気につながります。凜々しい、きりっとした表情で、懸命に前を見つめて走る姿に、応援しているはずのこちらが、逆に応援されている気持ちになりました。私たちもこんな姿で日々を過ごせるように、見習っていきましょう。
画像1
画像2

今週の太中予定

画像1画像2
 “中庭が鳥の声でにぎやかだなぁ”
と思って、上を見上げると、どうやら桜の木にいる虫を啄んでいるようでした。虫にとっては迷惑な話ですが、これも自然の摂理なんですね。
 ところで、「啄む」は読めますか?
 意味は、「鳥がくちばしで物をつついて食べる」ことだそうです。

 さて、今週の太中予定は、
18月〜22金 3年進路懇談
        1・2年教育相談
です。
 体育大会、太秦文化の日が終わり、3年生はいよいよ進路決定に向けてラストスパートです。翌週は修学旅行ですから、体調も整えながら1週間を過ごしてください。
 1・2年生は、太中の次代を担う準備に入ります。そのためにも、一度立ち止まって自分自身を見つめ直す1週間にしてください。気になることがあれば、教育相談がありますから、担任の先生に相談してみるといいですよ。
 では、今週も充実した1週間に!
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
京都市立太秦中学校
〒616-8167
京都市右京区太秦多藪町14-144
TEL:075-872-0037
FAX:075-872-9003
E-mail: uzumasa-c@edu.city.kyoto.jp