京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2021/12/03
本日:count up11
昨日:29
総数:130520
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
昼間部と夜間部の良さを生かし、世代や国籍を超えてふれあい学び合う学校

校庭の花 6月

画像1画像2
「タチアオイ」の花は梅雨入りの頃に茎の一番下の蕾から花が咲始め、日を追うように茎の下から上へと花が開いていきます。そして、茎の天辺の蕾が花開く頃に梅雨明けとなるため、別名「梅雨アオイ」とも呼ばれています。

「あじさい」の名は「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」が訛ったものと言われています。

 綿も順調に育っています。

校歌の額

画像1
校歌[心抱いて]の額が体育館と洛友サロンに掲出されました。
また、一つ本校の生徒の心に残る宝ものの誕生です。

歌詩は山本純子(京都市立紫野高校)先生、作曲は平田あゆみ(京都市立音楽高校)先生によるものですが、開学以来、本校生徒の心に抱く校歌となっています。
この立派な字は京都市立久世中学校長(現学校指導課首席)の村岡徹(号は天涯)先生の筆。親しみやすく、しかも雄渾な筆の流れは学びの志を『初志貫徹』しょうとする生徒を長く激励してくれるでしょう。
この額は洛友中学校の開学(平成19年度)と祝うとともに旧郁文中学校に二部夜間学級がこの地に開設され(昭和43年度)た40年の節目を祝うものとして掲げたものです。 

英語の訳もできました。私の依頼に応じ、総合教育センター(洛友中学校担当)のALT マシュー平川先生と矢野靖恭専門主事のご努力によるものです。(文責 西寺 正)

Believing in My Life              心抱いて

The words I wanted to say          いいたかった ことばを
I could quietly whisper             そっとつぶやいて
there are days like that             いつかはと思う
when like the blossom in the wind      そんな日がある
I am walking and searching for a goal    花が風にゆれるように
along this everlasting road           わたしはまよいながら行く
believing in my life                この道はるか 心抱いて

It was the smallest word           なんでもないことばを     
I suddenly remembered            ふっとおもいだし
which warmed my heart             しあわせ感じる
there are days like that           そんな日がある
like the bird which spreads its wings     鳥が羽をひらくように
I go skipping and singing           わたしはうたいながら行く
along this everlasting road          この道はるか
believing in my life                心抱いて    

The most special words            とっておきのことばを
I cling to the hardest              ぐっとにぎりしめ
and squeeze out every drop of courage    勇気ふりしぼる
my day will come                 そんな日がある
like the clouds traveling the sky        雲が空をはしるように
I will join hands and forge on          わたしはさそいながら行く
along this everlasting road           この道はるか
believing in my life                 心抱いて

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
京都市立洛友中学校
〒600-8383
京都市下京区大宮通綾小路下る綾大宮町51-2
TEL:075-821-2196
FAX:075-821-2197
E-mail: rakuyu-c@edu.city.kyoto.jp