京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2018/09/25
本日:count up171
昨日:196
総数:781347
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
「みんなが笑顔でこれて、笑顔ですごせて、笑顔でかえれる学校」笑顔あふれる衣笠中学校

「プールの倉庫」

 台風21号で吹き飛ばされたプールサイドの倉庫です。プールに浮かんで4日目です。本日作業に入ります。最初の予定の準備が整い作業が開始されました。3つの計画を立てていますがやってみないとわかりません。大人と中学生あわせて12〜13人でやっと持ち上げることのできる倉庫を簡単に吹き飛ばした台風の猛威を感じました。では作業写真をご覧ください。
画像1
画像2
画像3

「プールの倉庫」

 最初の計画ではクランプと呼ばれる金具をねじ込み,そこにロープをくくりつけてプルサイドから斜めにしながら引っ張り上げる予定でしたが,クランプがうまく固定できないため水中で倉庫を90度回して,手で持ち上げることに変更しました。
画像1
画像2
画像3

「プールの倉庫」

 倉庫の屋根の部分が横を向いてしまっているので,まずは水中で倉庫の天井を下に向けます。こうすると引き揚げた時に床の部分が自動的に下に向きます。みんな必死です。生徒もプールサイドで見守ってくれています。
画像1
画像2
画像3

「プールの倉庫」

角度を変えて底が上に来るように持ち上げて,一気に掛け声で合わせてプールサイドでひっくり返します。先生たちと水泳部が力を合わせ持ち上げました。無事にプールに落ちた倉庫が引揚げられました。この後全員で持ち上げて元の位置に設置しなおしました。
画像1
画像2
画像3

「倒木の撤去」

 この写真は9月4日(火)5時30分ごろの台風直撃当日の写真です。暴風雨がおさまり,外へ出てみると体育館の向かいのメイン通路に道を完全にふさぐ形で,木が倒れていました。
細かい枝をのこぎりやチェーンソーで切り払いましたが,一向に動きませんでした。車が通れるようにするのが精一杯でした。あとは専門の業者さんに来てもらうしか方法はありませんでした。
画像1

「倒木の撤去」

 本日朝から,台風21号の暴風によって倒れた体育館前の大木の撤去が始まりました。朝から業者の方がクレーン車を使い,作業に入られます。今回の倒木は,倒れた木が電話線とネットワークケーブルの上に乗り枝が絡まっています。無理に引っ張るとケーブルを切断させてしまう恐れがあります。業者の方も下見に来られて大変むつかしい作業になるといわれていました。

*今回は作業の工程を順に見ていただくために時間とは逆の順で写真を掲載しています。
画像1
画像2
画像3

「倒木の撤去」

 細かい枝が切り払われ,いよいよワイヤーを最も高く吊り上げますが,電話線とネットワークケーブルに接触している部分をよけながら,本当にゆっくりと引き上げていかれました。
画像1
画像2
画像3

「倒木の撤去」

最後の写真です。無事に撤去された木が切られてトラックに載せられ運ばれます。プロの仕事の見事さに感動いたしました。ありがとうございました。
画像1

「北・上支部授業研修会」

 授業が終り,生徒の皆さんは下校しました。先生方は会場を会議室に移り,研究協議会です。授業の指導内容や生徒の活動について話し合いがもたれました。
画像1
画像2

「北・上支部授業研修会」

 3年6組で北・上支部の授業研修会です。衣笠中は国語の授業研修会です。
画像1
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

配布文書

学校教育目標・経営方針

学校沿革史

衣笠中だより(学校だより)

小中一貫教育構想図等

学校いじめの防止等基本方針

部活動運営方針

学校評価

京都市立衣笠中学校
〒603-8485
京都市北区衣笠衣笠山町2
TEL:075-461-2222
FAX:075-461-2223
E-mail: kinugasa-c@edu.city.kyoto.jp