京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/11/12
本日:count up98
昨日:91
総数:277888
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
令和2年度新入生の就学時健康診断は令和元年11月21日(木)に実施いたします。

3年生 道徳

教材「ちゃんと使えたのに」を元に考えました。

主人公そうたとお母さんが約束を守らなかったことの違いを考えることを通して,約束を守ることが大切なものを守ることになることを理解し,約束を守ろうとする心情を育みました。
画像1画像2

4年生 道徳

教材「わかっているはずだから」を元に考えました。

登場人物の二人に足りなかったことは何かを考えることを通して,自分の考えや意見を相手に伝えるとともに,相手のことを理解し,自分と異なる意見も大切にしようとする態度を養いました。
画像1画像2

3年生 道徳

教材「うまくなりたいけれど」を読んで考えました。

主人公ゆきさんの習字に対する考えがどのように変わったのかを考えることを通して,自分の目標に向かって,最後まで粘り強くやり抜こうとする心情を育みました。
画像1画像2

6年生 道徳

「進取の精神―京都市電物語―」

先人たちの進取の精神を支えているものは何かを考えることを通して,郷土の発展を願い,尽力してきた先人の思いを受け継いでいこうとする心情を育みました。
画像1画像2

≪6年生≫進取の精神

画像1画像2画像3
今日は進取の精神について考えました。

明治時代に京都を支え,発展させた人々の功績,その人たちを支えた思いを考えることを通して,郷土の発展を願い,尽力してきた先人の思いを受け継いでいこうとする思いを育てました。

グループ交流では,ホワイトボードに考えをメモし,うまく交流していました。

4年生 道徳

教材「絵はがきと切手」を読んで考えました。

主人公ひろ子の考える,正子さんが「きっとわかってくれる」ことは何かを考えることを通して,友だちのことを真剣に考え,信頼し,助け合おうとする態度を養いました。

自分ならどうするのか,登場人物に自我関与しながら話合い,考えを深めていました。
画像1画像2

4年生 道徳

教材「新次のしょうぎ」を読んで考えました。

涙がこぼれた主人公新次の込み上げてきた気持ちを考えることを通して,自己の過ちは素直に認め,正直に明るい心で生活しようとする心情を育みました。
画像1画像2

ひまわり学級 道徳

「ごめんね」をいう時を考えました。

45分の授業を3つの内容に分けて活動しました。

1いろいろな場面を見て「ごめんね」と言うか言わないかを考える活動。

2「わすれられないえがお」のお話を読んで考える活動。

3ふたつの「ごめんね」をいう場面から1つ選んでセリフを考える活動。

それぞれの活動をしっかり考えながら取り組めました。
画像1画像2画像3

5年生 道徳

「ぼくの夏休み大作戦」を読んで考えました。

「夏休み大作戦」をもう一度考え直した主人公シュンの思いを考えることを通して,物事を計画的に進めるよさに気付き,自分を律して,責任のある行動をしようとする態度を養いました。
画像1画像2

4年生道徳

教材「いじりといじめ」を読んで考えました。

いじりといじめとは,どこが違うのかについて考えることを通して,いじりはいじめにつながることに気付き,誰に対しても分け隔てなく接していこうとする態度を養いました。
画像1画像2画像3
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
学校行事
9/10 育成学級科学センター学習

学校だより

給食だより

学校教育方針

学校沿革史

学校評価

学校いじめ防止基本方針

一般配布物

京都市小学校運動部活動等ガイドライン

小中一貫教育構想図等

京都市立羽束師小学校
〒612-8487
京都市伏見区羽束師菱川町640
TEL:075-934-1501
FAX:075-934-1594
E-mail: hadukashi-s@edu.city.kyoto.jp