京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/12/02
本日:count up18
昨日:84
総数:331511
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
令和3年度新入学に関する情報は,左のカテゴリ欄「令和3年度新入学に関するお知らせ」よりご覧ください。

教育委員会からのお知らせ

・京都市コロナ感染防止徹底月間(第2弾)【11/17〜12/31】〜再拡大防止に向けた実践〜

児童虐待防止推進月間(11月)に合わせて,文部科学大臣からメッセージが発出されました。
・文部科学大臣メッセージ(保護者や地域の皆様へ)

・子どものストレスへの理解とご家庭での心のケアについて(←クリックでこども相談センターパトナのページへ)

12月朝会のお話

画像1
 12月1日(火)に朝会がありました。体育館には集まらず放送で行い,子どもたちに以下のことについて話しました。

 11月の朝会で「ノート検定」の話をしました。とても素敵なノートが教室前の廊下などに掲示してあり,ノートを見させてもらいました。各学年のがんばりを少しずつ紹介します。
【6年生】
 社会科のノートでは,出来事だけを書くのではなく,吹き出しを使って大切な言葉,自分の思いや考えたことを書き込んでいるところが良かったです。
【5年生】
 算数のふりかえりでは「自分の解き方より,○○さんの解き方を聞いたら,めちゃくちゃ簡単にできることが分かりました。」と書いてありました。友だちの考えを聞いて,考え直すことはとても大切なことですね。
【4年生】
 算数「式と計算のじゅんじょ」のふりかえりでは,「工夫するだけで,計算しやすくなってびっくりしました。」とあり,驚きの発見があったようです。
【3年生】
 算数ノートのふりかえりに「次は,問題を作ってみたいです。」と書いてありました。問題を作るのは,とても良い勉強です。問題を作って自分で解答を書けるということは,その学習が分かっている証拠です。
【2年生】
 かけ算は,覚えることももちろん大切ですが,意味が分かることがポイントです。「数字」と「言葉」と「図」をうまく関係づけて書いているので,かけ算の意味が分かっているのが伝わってきました。
【ひまわり学級】
 それぞれが自分に合った力を出して,一生懸命ノートを作っている様子が伝わってきました。先生のコメントも素敵でした。
【1年生】
 算数の繰り下がりのひき算のノートでした。さくらんぼ計算ですね。「計算のやり方が分かったから,お家でもやりたいです。」「昨日は大きい数を分けていたけど,今日は違って小さい数を分けました。」と書かれていました。繰り下がりの計算のなかでも,昨日と今日の勉強の違いが分かって,それをノートに書いたことがすごくいい事だと思いました。

 12月は人権月間です。ノートに勉強したことを大切に書きためていくということは,自分の考えをしっかり持つことにつながります。友だちの考えから学んでいる人がたくさんいてとても素敵です。だから,学校で,みんなで勉強することはとても楽しいのです。冬休みまであと少しです。毎日の授業を大切にしてがんばりましょう。

11月朝会のお話

 11月2日(月)朝会がありました。体育館には集まらず放送で行い,子どもたちに以下のことについて話しました。

 テーマは『つながり』です。
 この言葉を聞くと,人と人,友だちとのつながり,と考える人が多いと思いますが,今日のテーマは違って,『勉強のつながり』についてです。
 学校では,1時間目「算数」,2時間目「国語」など時間によって教科が分かれています。でも,実は勉強というのは,見えない糸でくもの巣のようにつながっています。みなさんがつなげて考えることでどんどんかしこくなるのです。
  
 例えば…
 
 1年生だったら,国語で「そして」という,つなぎ言葉を習ったら,生活科の見つけたよカードや算数ノートのふりかえりでも「そして」を使うことができます。
 2年生は,自主勉強は3年生からなのに,やる気満々で自主勉強に挑戦する!という人がいると聞いて,校長先生はびっくりしています。漢字の広場では漢字を使って文作りをしたり,日記にも漢字がたくさん使えるようになってきました。
 続いて3年生は,社会科で「スーパーマーケット」について調べたことを,国語で習った報告文にまとめています。
 4年生だったら,6月に理科で一日の気温を調べました。それを算数で習った折れ線グラフに表すと一日の変化がとても分かりやすかったです。
 5年生は,総合的な学習の時間「米作り」を真ん中にすえて,社会や国語など色んな教科とつなげたり重ねたりしています。学習の様子を表したものが教室にも貼ってあります。
 6年生は,総合的な学習の時間「なりたい自分」と「あこがれの人物調べ」をコンピュータを使って調べ,英語とも絡めています。
 このように,つなげて考えられると,教えてもらうだけではなく,『自分で学ぶ力』がつくのです。

 次に,『羽束師小学校ノート検定』を実施します。各学年で選んだ教科のノートで,勉強したことがしっかりと書くことができているかを検定します。教科のつながりを考えたノートづくりにもチャレンジしてほしいと思います。
 
『攻めのノードづくり,中身で勝負!』が合言葉です。

 ノートづくりについて困ったことがあったら,担任の先生に相談してください。優しく教えてくださいます。結果は今度の朝会で発表します。みなさん頑張りましょう。





10月21日22日の自由参観について

10月21日(水)22日(木)に予定しております自由参観につきまして,学校の諸事情により延期とさせていただきます。日程につきましては,後日お知らせいたします。大変急な変更で申し訳ございませんが,どうぞよろしくお願いいたします。

尚,10月21日(水)22日(木)は,通常授業を行います。

令和2年度2学期始業式

 8月24日(月)2学期の始業式は体育館に集まらず放送で行い,子ども達に以下の2つのことを話しました。

 一つ目は,「2学期もいろいろなことにチャレンジしよう」ということです。コロナウイルス感染症や熱中症で大変だけど,学校では,友達や教職員たちと一緒に楽しいことや頑張りたいことを見つけてチャレンジしてほしいです。
 
 二つ目は,「早寝・早起き・朝ごはんプラス勉強」です。
今年は,7点アップを目指しましょう。
あと少し頑張れば必ずできます。みなさんは「やればできる羽束師の子」ですから。

 夏休みが終わり,今日から2学期が始まりました。まだまだ暑い夏が続いています。
感染症や熱中症対策を徹底して行い,安心・安全に教育活動を進めてまいります。引き続き保護者・地域の皆様にはご理解とご協力をよろしくお願いします。

画像1画像2

令和2年度1学期終業式

 1学期の終業式は体育館に集まらず放送で行い,子どもたちに以下のことを話しました。

 まずは,あいさつ。私が毎朝,正門に立っていると,元気よく挨拶をしてくれる子が増えました。みんなの笑顔と元気なあいさつがあると,朝がとても清々しい気持ちで迎えられます。 

 2つ目は,安全に夏休みを過ごすために,自転車の乗り方や,子どもたちだけで校区外に遊びに行かないこと,川や用水路には入らないことを話しました。みんなの大切な命を守るために。

 3つ目は,自主学習についてです。夏休みには,自分の興味や関心をもったことに,いつも以上に進んでどんどん取り組んでほしいということです。レッツチャレンジ!

 今日まで,羽束師校のみんなは本当によく頑張りました。3週間の夏休み,子ども達にはぜひ,したいこと,伸ばしたいことを見つけ,挑戦してほしいと思います。そして,その姿を,お家の方もとことん応援してほしいと思います。
 みなさんが健康で楽しい夏休みを過ごし,8月24日(月)に元気なあいさつで「おはようございます。」と言ってくれるのを楽しみにしています。

 4月からの4か月間,保護者・地域の皆様には学校へのご理解とご協力をいただき,誠にありがとうございました。今後とも,どうぞよろしくお願いします。
画像1

子どもたちの笑顔が戻ってきました

画像1画像2
6月1日(月)子どもたちが元気に登校してきました。うれしいことです。
学校中の教職員が,この日を楽しみにしていました。
お家の方々にも,様々な面でご協力いただき本当にありがとうございます。

今日は学年ごとに 体育館でオリエンテーションを行いました。

私からは,規則正しい生活(早寝・早起き・朝ごはん)と
安全(道の歩き方・信号を見ること・自転車の乗り方・水遊びの危険)について話しました。

各学年主任からは,『学年目標』と,3密を防ぐこと・感染防止についての話がありました。
みんな久しぶりの登校でしたが,どの学年もお話をしっかり聞いていましたよ。

しばらく分散登校になります。引き続き,どうぞよろしくお願いいたします。

〜はなれていても こころは ひとつ!〜 『1年生のオリエンテーションより』

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

学校だより

保健だより

給食だより

学校教育方針

学校沿革史

羽束師小学校 校歌

学校評価

学校いじめ防止基本方針

一般配布物

京都市小学校運動部活動等ガイドライン

小中一貫教育構想図等

京都市立羽束師小学校
〒612-8487
京都市伏見区羽束師菱川町640
TEL:075-934-1501
FAX:075-934-1594
E-mail: hadukashi-s@edu.city.kyoto.jp