京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/12/14
本日:count up5
昨日:51
総数:280466
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
令和元年12月12日地域別集会です。

総合〜羽束師探検隊〜

今日は地域の方をゲストティーチャーとしてお招きし,羽束師地域のことについてお話を伺いました。

地域に残る「洗い場」や「石垣で積み上げられた家」,「西羽束師川」について聞きました。

昔は西羽束師川では泳げるほどきれいだった,洗い場はお母さんたちの社交場だった,羽束師地域は水害が多かったから大切なものは石垣の上に蔵をたてて保管していたなど,みんな知らなかったことをたくさん知ることができました。

こういったことを学習しながらもっともっと自分の住んでいる地域を知って,好きになってほしいと思います。
画像1画像2

国語科「声に出して読もう」(ひまわり)

国語科のグループ別学習で,「さよならさんかく」という文を読みました。「さよならさんかく,またきてしかく,しかくはとうふ,とうふはしろい…」など,言葉から連想した言葉が繋がっていきます。何度も読んでいるうちに,その規則に気づいた児童が教えてくれました。「言葉が繋がってるよ。」「おもしろいね。」「自分たちで言葉を続けてみよう。」など,最後は自分たちで連想した言葉も一緒に声に出して読みました。
画像1画像2

食の学習・ランチルーム(ひまわり)

栄養教諭の先生による食の学習がありました。野菜についての学習をしました。野菜を食べると体に良いことがたくさんあることを学びました。「苦手な野菜が給食に出ても,がんばって全部食べよう。」「野菜を食べると良いことばかりだね。」「僕はピーマンを頑張って食べるよ。」など,たくさんのふりかえりの言葉を聞くことができました。また,食の学習の後はランチルームで給食を食べました。いつもとは違った雰囲気で楽しく給食を食べることができました。
画像1画像2画像3

4年生 道徳

教材「新次のしょうぎ」を読んで考えました。

涙がこぼれた主人公新次の込み上げてきた気持ちを考えることを通して,自己の過ちは素直に認め,正直に明るい心で生活しようとする心情を育みました。
画像1画像2

ひまわり学級 道徳

「ごめんね」をいう時を考えました。

45分の授業を3つの内容に分けて活動しました。

1いろいろな場面を見て「ごめんね」と言うか言わないかを考える活動。

2「わすれられないえがお」のお話を読んで考える活動。

3ふたつの「ごめんね」をいう場面から1つ選んでセリフを考える活動。

それぞれの活動をしっかり考えながら取り組めました。
画像1画像2画像3

5年生 道徳

「ぼくの夏休み大作戦」を読んで考えました。

「夏休み大作戦」をもう一度考え直した主人公シュンの思いを考えることを通して,物事を計画的に進めるよさに気付き,自分を律して,責任のある行動をしようとする態度を養いました。
画像1画像2

4年生道徳

教材「いじりといじめ」を読んで考えました。

いじりといじめとは,どこが違うのかについて考えることを通して,いじりはいじめにつながることに気付き,誰に対しても分け隔てなく接していこうとする態度を養いました。
画像1画像2画像3

7月10日 今日の給食


今日の献立は,ごはん・牛乳・カレーうどん・だいこん葉のごまいため・みかんです。

カレーうどんは子どもたちにも大人気のメニューの1つです。
みかんは冷たく口の中をさっぱりさせてくれます。

今日はひまわり学級がランチルームで給食を食べました。
ごはんもおかずもしっかりと食べきり,完食でした!
画像1

5年 ミラクルミラーステージ

画像1
完成に近づいてきました。
時間を追うごとに,針金やモールの使い方が上手になっていきます。
友だちの作品を見て,よいところを参考にする人もいました。

5年 歌のテスト

画像1
「こいのぼり」の歌のテストをしました。
2人一組で歌います。
緊張していましたが,高音を伸ばすように意識して歌おうとする様子がわかりました。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
学校行事
9/2 あいさつデー
9/6 避難訓練(防犯)

学校だより

給食だより

学校教育方針

学校沿革史

学校評価

学校いじめ防止基本方針

一般配布物

京都市小学校運動部活動等ガイドライン

小中一貫教育構想図等

京都市立羽束師小学校
〒612-8487
京都市伏見区羽束師菱川町640
TEL:075-934-1501
FAX:075-934-1594
E-mail: hadukashi-s@edu.city.kyoto.jp