京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/07/23
本日:count up1
昨日:71
総数:195544
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
7月23日(火)は,1学期終業式です。夏休みは,7月24日(水)から8月25日(日)までです。

体育 鉄棒運動

体の中で一番重いところである,頭の遠心力を使って回転することを学びました。

棒とキーホルダーを使って遠心力を表現しています。

2〜3人組で補助し合いながらチャレンジし,今日はじめてできるようになった人も何人かいました。
画像1
画像2
画像3

体育 鉄棒運動 2

難しい技のお手本を,できる人が何人か見せてくれました。

見た後,

「〇〇ちゃんみたいにできるようになりたい」

と果敢に挑戦していました。
画像1
画像2
画像3

社会 くらしと水

画像1
画像2
画像3
今日はテストです。

現時点で,どれだけ自分の身についているでしょうか。

覆い下園での茶摘み体験

覆いのある茶園での茶摘み体験では,前回行った一芯二葉の摘み方でなく,新しい芽の全体を摘む方法を教えていただきました。工場の中では,生葉を蒸したり,乾燥させたりする,大きな機械が動いている様子に驚きました。これからも,自分で体験し,自分の目で確かめて,いろいろな発見をすることができればと思います。
画像1
画像2

茶摘み体験・工場見学

 総合の時間には,郷土の魅力を知ろうということで,昔から伝わるお茶づくりについて調べています。昔から向島の人々の特産品として,地域の様子の移り変わりがある中,大切に受け継がれてきました。昔から伝わるお茶づくりの作業の様子を見学したり,茶摘みを体験したりすることができ,今まで以上にお茶の良さなどにも思いを広げることができたように思います。

画像1
画像2
画像3

総合 茶摘み体験 1

今日は総合の授業のときに,中西茶園さんに行きました。

黒いネットをくぐると,広い広い茶畑がありました。

令和一発目の5月1日の茶摘み体験では,「一芯二葉で摘むこと」を何度も教えていただきましたが,今日は「根元からとる」摘み方で摘みました。
画像1
画像2
画像3

総合 茶摘み体験 2

画像1
画像2
画像3
5,6人に1人の摘み子さんがついてくださり,摘み方をレクチャーしてくださいました。

機械で摘み取るところが多いらしいですが,機械ですると上の部分しか摘み取れないため,中西茶園では,少しでもとる量を増やすために手作業で摘み取っているそうです。

「一つの枝を持ったら奥から新芽を全部摘むまで放さない」

をモットーに頑張っていました。

茶摘み体験〜工場見学編〜 1

摘んだ茶葉がどうなるのか,出荷されるまでの道のりを,工場見学させていただきました。

茶葉はほとんどベルトコンベヤーで流れていきます。

一番下の写真は,あみの中で茶葉(小さく見える黒い点々)が舞っている様子です。
まるでエアー抽選機のようでした。
画像1
画像2
画像3

茶摘み体験〜工場見学〜 2

乾燥させる工程が多く,火を使っていたので,工場内は40度を超えており,とても暑かったです。

何回も乾燥させて,パリパリになった茶葉を触ったり食べさせてもらいました。

新芽は苦かったみたいですが,パリパリになった茶葉は「おいしい」と言っていました。
画像1
画像2
画像3

茶摘み体験〜工場見学〜 3

工場見学をした最後には,摘み立ての茶葉を保管しておく冷蔵庫に入れてもらいました。

このように保管していても,一日経った茶葉はつやがなくなってくると嘆いておられました。

この茶園でとれたお茶は,抹茶になるそうです。

画像1
画像2
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
京都市立向島小学校
〒612-8121
京都市伏見区向島善阿弥町2-3
TEL:075-601-8221
FAX:075-601-8222
E-mail: mukaijima-s@edu.city.kyoto.jp