京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/11/18
本日:count up107
昨日:73
総数:418571
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
     ◆ 相手に気持ちの届くあいさつで 笑顔輝く 砂川小学校に!!  ◆  

6月が終わります

画像1
 運動場で6年生の1学級が卒業アルバム用の集合写真を撮っていました。まだ6月です。でも,もう6月が終わるのです。あと1か月もしないうちに夏休みに入ります。夏休みが終わると運動会の練習,支部の駅伝予選会,学習発表会・・・気づくと卒業も間近!という流れで,6年生の1年間は過ぎ去っていきます。

 私も担任時代は6年生の担任をたくさんさせていただきました。この砂川小学校でも3クラスの卒業生たちを送り出しました。

 6年生の担任って,私にとっては本当に特別なのです。それぞれの学年の担任にそれぞれの時期の良いことはたくさんあると思うのですが,やっぱり6年生の担任は特別です。

 ものすごくいいとこどりの担任で申し訳ない気持ちもあります。低学年時代に学校生活の基礎をしっかり定着させていただき,中学年で集団生活の土台をしっかり築いていただいた後に担任をさせてもらうわけです。それなのに子どもたちには,小学校6年間を振り返る時期になると,卒業の時の担任の先生が小学校の時の先生。みたいな感じにしてしまいます。なんだか本当に申し訳ない…あの先生にもあの先生にも…ほかの教職員の方々にもたくさん支えていただいたのに,子どもたちが卒業する時にはもう異動されておられない教職員の方々もおられます。
 だから,申し訳ないけれど,6年間のまとめを任せていただいた6年生担任として,お世話になった教職員の方々を代表して,子どもたちをしっかり送り出せるように,どこかで子どもたちがお世話になった方々に出会ったときに,「楽しい小学校生活でした」と言える子どもになってほしいと思ってやっていました。

 なんだか大人な意見を書きましたが,やっぱり担任をしているときは,子どもたちにとって1番の先生でありたい気持ちが強いです。上記のような気持ちもあったよ。くらいかもしれません。6年生の担任をしているときは,毎日早く教室に行きたくてたまりませんでした。教室で子どもたちと過ごす時間が本当に大好きでした。本当に特別な1年間です。こんな経験をさせていただいたので,今はなるべく担任の先生を超えないように子どもたちと関わっています。(そうしているつもりです・・・)

行ってきました!

画像1画像2
 おはようございます。昨晩の宣言通り「花背山の家」に行ってきました。到着したのは21時,子どもたちの就寝時間は21時…かろうじて子どもたちの顔を見てくることができました。(就寝指導をしておられた先生方,申し訳ありません。)

 子どもたちが寝た後は,明日の打ち合わせや子どもたちの様子の見回りを数回,寝られるのは25時か26時くらいでしょうか。子どもたちの起きている時間は子どもたちと活動することが原則になりますので,宿泊学習期間,教職員はほとんど寝る時間はありません。それでも朝から子どもたちの元気な顔を見ると,不思議と頑張れてしまうんです。

 明日の夕方に,子どもたちも教職員の方々も,元気に帰校してくれることを学校で待っています。

 山の家の様子のホームページ更新も現地で森田先生が頑張ってくれています!!

今から

画像1
花背山の家へ行ってきます!!

校外学習

画像1
 今日の朝に5年生が花背山の家に出発しました。帰ってくるのは金曜日の夕方です。宿泊学習も土日を挟む日程であれば,子どもたちの顔を見に勝手に参加していたのですが,今回はさすがにすべて平日…行けそうもありません。

 『 教頭 = 留守番 』そういう仕事なので仕方ないのです。だから休日があれば飛び入り参加します。今年度の「みさきの家」の活動は日曜日出発!!月曜日も秋分の日で休日!!でも日曜日は区民運動会…自分の体力とも相談しながら予定を考えますわ。

「先生!あそぼ!!」

 中間休みの時間,プールの様子を見に行こうと運動場を横切っていた時に,声をかけられました。すごく久しぶりに運動場で子どもたちと一緒に遊びました。あまりに久しぶりに全力で遊んだので,ちょっと疲れましたが,めちゃくちゃ楽しかったです。

 休み時間に子どもたちの様子を見ると…というより一緒に遊ぶと,子どもたち同士の関係がよくわかります。一緒に遊んでいる子ども同士だけではなく,違う遊びをしている同学年の友達や,異学年の子どもたちとの関係もよく見える気がします。その学年の,そのクラスの状態もわかる気がします。遊びの中で子どもたちが見せてくれる感情って,授業中のそれとは違って新たな一面を発見できる良い機会だなぁと改めて感じました。というか,なんとなく忘れていた感覚を思い出した気がしました。

 また遊びに誘ってくださいね!


 ちなみに写真は運動場で遊んでいる私を見つけて,教職員の方がこっそり撮ってくれたようです。「教頭のひとり言用にどうぞ」と言っていただきました✨

画像1画像2画像3

子どもの命を守る

画像1
 今,体育館で教職員の皆さんは「救急救命講習」を受けています。

 AEDを含めた救急救命講習は1年に1回教職員は繰り返し受講し,いざという時,子どもの命を守るために知識と技術を身に付けています。

 昨日のニュースで,5月のはじめに石川県の高等学校の先生方が体育の授業中に倒れ,呼吸も止まっていた生徒に対し,迅速な救急救命措置を施し,先日の17日にその生徒が元気に再登校した。と,やっていました。

 砂川小学校にも児童が430名。いつ何時,誰に何が起きるかわかりません。何事も起こらないのが1番ですが,いざという時に,子どもたちの命を守る教職員でいるために頑張っています。

この木なんの木

 ♪この木なんの木 気になる木 見たこともない 木ですから・・・♪

 日本全国,この歌詞のメロディーがすぐに頭に浮かぶ人も多いでしょう。現在も流れているのかどうかは定かではないですが,私のイメージとしては,日曜日になるとCMで子どものころからずっと流れている歌です。

 映像を思い浮かべられる方にとっては,この「木」の姿,形は印象に残っていると思います。この木の正式名称は「モンキーポッド」という木で,ハワイのモアナルア・ガーデンパークに自生しているそうです。

 学校にも「この木なんの木?」と聞きたくなる木があるのです。実は校内に植わっているであろう「榎の木」を探しておりまして・・・この写真の「木」が榎なのか,そうではないのか,お分かりになる方!ぜひ,砂川小学校の教頭に教えてください。よろしくお願いします。

画像1
画像2
画像3

あじさい読書週間

画像1画像2
 明日から二日間,選書会を実施します。子どもたちは,まだ図書館にはない本の中からお気に入りの本を1冊ずつ選びます。子どもたちの選んだ本の中から,数冊が図書館に新刊として並びます。

 新しいもの,新しい出来事,新しい経験…なんとなくうれしい気持ちになりますね。

研究授業 2

 今年度2回目の研究授業が6年2組でありました。ほんの15分程度でしたが,参観することができました。「分数÷分数」の学習で,子どもたちは分数でわることの意味や計算方法について考えています。
 
 分数でわる??分数自体がわり算なのに分数でわる?大人になっても納得できません。結局はかけ算になるのです。理屈はわかるのですが,納得できないのです。本当に個人的な意見ですが,そうなんです。

 子どもたちは懸命に考えていました。時に思考がこんがらがりながらも,しっかり考えていました。学び合う姿も見えました。私と同じような思考で納得はできない子どもがいたとしても,どうすればよいのか懸命に考えることは大切です。これから成長していくうえで,頭をフル回転させて考えなければならない場面は必ずきます。そして,困難な疑問に対して仲間と知恵を出し合って,どうすればよいのか考えることも大切です。一緒に困難に立ち向かってくれる仲間が必ずいます。

 今日は算数の授業で,もちろん学力を定着させること,分数÷分数の計算ができるようになることを目指していますが,集団で学習する意味は上記のようなこともあるのだと思います。学力はもちろん,学習を通してこれから成長していく中で大切になることの基礎を培ってほしいです。

 今日は6年2組の児童のみなさん,お邪魔しました。ありがとう!
画像1画像2

勝負!

画像1
 運動場でサッカー部,体育館では卓球部とバレーボール部が活動しています。今日は晴れているけど風が涼しく,外にいるだけで身体を動かしたくなる気候です。

 私個人的にスポーツ観戦は大好きです。どんなスポーツでも見ていると自分もやってみたくなります。だからとりあえず一通りのスポーツをやってみる機会はありました。

 小学校から高校まで剣道,大学時代はバドミントンをやっていました。どちらも個人競技です。当然ですが,目の前の相手に勝てば勝ち,自分自身が負ければ負けです。わかりやすくて私は好きです。サッカーやバスケットボールはチームの力が大きく勝敗を分けます。自分が目の前の相手に勝ってもチームが勝てるとは限りません。広い視野で時には自分を犠牲にしながらチームを勝ちに導く。教員になってからチームスポーツの楽しさがわかりました。

 私はずっと運動が好きだったので,スポーツの中で本当にいろいろなことを学びました。だから運動好きな子どもたちにはスポーツの中で学ぶことのできる厳しさや達成感を味わってほしいと思います。もちろん,音楽が好きな子,創作の好きな子,分析が好きな子など,それぞれの分野で学ぶことはたくさんあり,それぞれが大切な力になると思っています。

「勝ち負けがすべてではない。参加すること,その土俵に立つことに意味がある。その結果として勝ち負けがある。」

「どんなに内容が良くても,どんなに素晴らしいプレーをしても,勝負というからには勝ちを求めるべきである。」

 どちらも一理あるとは思います。勝負以外にも大切なことはあるし,でも勝ちを目指してすることだし…どちらかを否定するつもりもありませんが,私個人としては後者の考え方です。

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
学校行事
6/30 日清カップ
7/1 委員会
7/2 豆つまみ大会    (〜4日(木))
7/3 学校保健委員会
集団登校がんばり週間(〜4日(木))
7/4 町別・集団下校
フッ化物洗口
7/5 4:蹴上浄水場見学
京都市立砂川小学校
〒612-0016
京都市伏見区深草ケナサ町25-5
TEL:075-641-7118
FAX:075-641-7119
E-mail: sunagawa-s@edu.city.kyoto.jp