京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/11/14
本日:count up16
昨日:74
総数:151767
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
11月23日(祝)竹の里地域少年補導主催のドッチボール大会が開催されます。   11月28日(木),マラソン大会を開催いたします。

季節と生き物(春)

画像1
画像2
冬と比べて春の季節はどんな様子なのかな。

草や木や生き物など気づいたことを丁寧に書いています。

ものの燃え方1

画像1
画像2
 理科で「ものの燃え方」学習しています。ビンの中でろうそくの炎を燃やし続けるには,どうすればよいかを考えました。自分たちで確かめる方法を考えて,実験してみました。考えた方法ではろうそくの炎が消えてしまうグループが出てきましたが,試行錯誤して,燃えることによって古くなった空気が出ていき,新しい空気が入ってくることが必要だとわかりました。線香の煙で空気の動きも確かめ,子ども達は納得の表情でした。

感嘆符 ♪ やわらかい歌声で

 ♪ひ〜らいた ひ〜らいた なんのはなが ひ〜らいた♪

私が,教室をのぞかせていただいたときの歌声は,いわゆる元気のよい歌声でしたが,担任の先生が,
「先ほどの声は,どこにいきましたか。やわらかい歌声でしたね。」
するとどうでしょう。とってもやさしい歌声に大変身です。しっかりと学習をしている子どもたちです。
画像1

感嘆符 ♪ 楽しい給食

画像1
 子どもたちは,とっても楽しく給食をいただいていました。何が楽しいかって?みんなといただく給食だからです。
「おかわりしたいな。」

「まだ,ありますよ。食べてください。」

「やったあ〜。」
画像2

【国語】 どきん

 3年生の国語の教科書のはじめに載っている谷川俊太郎さんの詩,「どきん」を絵に表しました。自分の好きな一文を選び,想像を膨らませて自分のイメージする「どきん」の世界を表現しました。
画像1
画像2

感嘆符 朝は読書からスタート

画像1
 8:30,始業のチャイムが鳴ると同時に竹の里小学校では全校読書「リーディングタイム」が始まります。毎朝10分間の読書は,1週間で50分間になります。また,1年間の目標は,1年生から3年生は100冊読書,4年生から6年生は,5000ページ読書です。
 読書は,心の栄養です。たっぷりと栄養を与えてあげてくださいね。
画像2

2019.04.15 等身大の自分

画像1
画像2
画像3
あおぞら学級4月の学習テーマ「自己紹介」

あおぞら学級では,パネルを使って自己紹介もします。


なんと,そのパネルは等身大!

スケールの大きい制作活動になっています。


初めはピンときていなかった子どもたちも,体を写し取る活動を見ていると「うわあ凄い!」「次は僕やる!」「あはは,くすぐったいよお」といった楽しそうな声がたくさん聞けました。

2019.04.16 給食開始

画像1
給食が始まって2日目。

今年度のクラスの子どもたちは,とにかく食べます!食べます!


給食時間は毎回「おかわりあるの?」なんて声が飛び交います。

殆ど全員が時間内に食べ終わり,食缶もすぐに空っぽになるので,非常に気もちが良いです。

明日の給食時間も楽しみです。

給食が始まりました!

画像1
12日から,給食が始まりました。これからいろんな食べ物や献立と出会うことと思います。今日の献立は「たけのこごはん(具),平天の煮つけ,とうふの吉野汁」でした。旬のたけのこが登場しました。「だしの味がよくしている。」「平天がいっぱい入っていたよ。」「しょうがが効いている。」などいろいろな感想を教えてくれました。苦手なものがあった子どもたちもいましたが,最後まできちんと食べている姿が多く見られました。今後1年間で,笑顔あふれる給食時間を増やしていきたいと思います。

2019.04.15 身体計測

画像1
画像2
今日の2時間目,あおぞら学級は身体計測がありました。


初めに養護の先生から保健室の使い方についてのお話を聞きました。

5人全員,背筋の伸びた体育座りで話を聞く姿がとても素敵でした。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
5/3 憲法記念日
5/4 みどりの日
5/5 子どもの日
5/6 振替休日
5/8 朝会・ひびきあいタイム
3・4年・あおぞら学級 竹の子掘り
京都市立竹の里小学校
〒610-1144
京都市西京区大原野東竹の里町四丁目1
TEL:075-332-3745
FAX:075-332-3746
E-mail: takenosato-s@edu.city.kyoto.jp